明治時代のニッポン

津田塾の創立者津田梅子の本を読んでいてびっくりしたのですが、彼女は何と7歳でアメリカ留学したんですね。明治政府がこれから欧米社会に追いつくには、女性の地位や学力の向上が不可欠だ、ととっても進歩的な考えを持ったのは良いのですが、7歳、小学校1年生位の女の子ですよ。親の顔が見て見たいと思いましたら、一緒に留学したもう少し年上のお姉さん達も皆、士族の娘というのが多かったようです。

アメリカでは宗教心のしっかりした正統的な家庭にホームステイしていました。自分のお部屋を持って、ベッドで寝て、フォーク、ナイフのお食事をして、ピアノを弾いて、教会に行って、ワンピース着て、髪におリボン付けて。。。。とアメリカ人の嬢ちゃんの生活を18歳までしていました。

さて、帰国となっても当然のごとく日本語はうちのタコ息子程度のあやふやな日本語レヴェル。
帰国した1882年の東京。上流階級の世界ですら彼女はパンダだったそうです。着ている物、持っている物、髪につけている物を皆が触りたがったそうです。

現在でも数年外国に住んだ人が帰国した当時は戸惑いがあるようなので、当時の津田梅子がどんだけストレスを受けていたことか。
増してや彼女は莫大な留学費を日本政府から受けたにも拘わらず、帰国後それに見合う自分の位置が確立できないジレンマもあり、アメリカに一時期戻ったという事情は理解できます。

ピアノなんか弾ける人はいなかったとういうくだりで又びっくりしました。

1882年と言えば、ストラヴィンスキーが生まれた頃です。ショパンなんかとっくに死んでいます。ラフマニノフだって10年近く前に死んでいます。
日本には1872年にクラッシックの西洋音楽が入ってきて、それを軍楽隊が演奏していたそうです。笑っちゃうのは、ハイドンの葬送行進曲なんぞを演奏していたんですって。
1872年、音楽教育を小学校、中学校で強化し、そこで西洋音楽を多く取り入れ今に至っているようです。私が大好きだったあの薄ら暗くて、壁一面に作曲家のセピア色の顔が貼ってあった音楽教室はその当時からきっと変わっていなかったのだと思います。音楽の授業で覚えているのは、その暗がりでクラッシックを聞いていたことだけ。
当時の日本の作曲家と言えば滝廉太郎ですかね。鳩ポッポの。。。。

何度かこのブログにも書いたと思いますが、山手線の輪っか内程度の広さしかないパリ市内でも20区各区に区立の音楽学校があります。そこでは音楽とダンスのレッスンが充実した設備と教授陣を揃えて安く提供されます。他にも国立音楽院、地方音楽院、そして私立の音楽院、いずれも世界中から生徒が集まるトップクラスのレヴェルを保っている学校が勢ぞろいです。

クラッシックの西洋音楽家の方達、やはり1度ヨーロッパに来るべきです。音楽教育の環境が整っている条件だけでなく、作曲家の見ていた海の波、森の風、畑の光、木々の香り、空の色、雲の大きさ、日本にはないこれらを見なければなりません。
キフキフパリはお待ちしております。

明治時代と言えば鹿鳴館。野蛮で未開人と思われていたニッポンのイメージを払しょくしようと、外国使節団を呼んで舞踏会を開いたりの涙ぐましい努力は見えるものの、洋服の着方も食事の仕方もダンスも知らないんだから、そりゃそりゃ滑稽極まりない有様だったようで、津田梅子も、見とーないと顔を赤らめていたようです。
何故世にも美しい着物で通さなかったのか?何故希有の日本の文化で接待しなかったのか?
あれから130年あまり。日本人の骨の髄まで残っているそこの部分は脈々と続いているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーヴル美術館ご案内!

パリに住んでいて幸せを噛みしめるひと時が、”あれちょっと見て見たい”と思ったらバスに乗って、すいとルーヴル美術館へ行けること。めっちゃ混んでいたら電話をすればするりと入れるという裏技もあります。えへへ。

何しろ1分間に50人の入場者がいるような世界一人気の美術館です。オルセー美術館は見学しやすく、絵も印象派など分かりやすい、安心して鑑賞できる展示物なので突っつきやすいのですが、ルーヴルは元宮殿だけあって、建て増し建て増しで迷路の造りだし、血だらけのキリストや首切りの場面だったり、暗い色合いのおどろおどろしい作品を大量に見せられて、よけい疲れてしまいます。全部見る為には、1点に付き10秒かけて96時間かかり、展示室だけでサッカー場の10倍、403部屋あるとのこと、覚悟が必要です。

キフキフパリがルーヴルをご案内する場合、決して外せない作品を網羅するハイライトコースだと1時間30分位。3時間のじっくりコースだと、こんな所もあるんだと、人も疎らなお部屋もご案内します。
そんなコースの中でも私が好きな部屋はシュリ―翼1階の、、王の間の控えの間だったブラックの天井画があるアンリ2世の部屋です。

パリの3大美術館はルーヴル、オルセー ポンピドゥ。それぞれ持ち場があって、ルーヴルは先史時代から19世紀、オルセーは2月革命があった1848年から第1次世界大戦まで、それ以降がポンピドゥ、と区分されています。
 

それなのに、その古さが売りのルーヴルが天井画をピカソなどと同時代のブラックに描かせたというのだから嬉しくなります。
天井画を描いたブラックは当時70歳。この作成で心底疲れ果てたブラックに対して、映画監督のヒッチコックが”アメリカのうちの居間にも同じの描いて、ご存じのように何しろ私は”鳥”とは縁が深いんだから”と頼んだけど、あえなく拒否され、ブンブンにヒッチコックは怒ったそうです。
 

 

 

そして、シュリ―翼、地階にあるサル カリアティードも、おーここでモリエールなんぞが演じたのか、この上に楽団がいてなどと夢を見ていられます。この部屋で一見して欲しいのが、”眠れるヘルマプロディートス”の彫刻。 美青年が妖精に犯されて両性具有者になっちゃった、というギリシャ神話は本当に面白い。前に回って見て見てください。

 

 

 

他にも教科書で、印刷が悪くてよく分からず、なんだか黒っぽい変な形だなと見ていたハンムラビ法典。ルーヴルで1番古い作品、新石器時代のアイン ガザルの人間像などもご案内します。

王家の人達にはあまり人気はありませんでしたが、宮殿だけあってゴージャスな建築を見るだけでも価値のあるルーブル美術館。やはりパリ観光には外せません。

 

 

 

 

 

パリでの信号の渡り方

歩行者にとって信号は無視する物と言うのがパリの習わしなので、信号がきっちり青になったら右見て、左見て、もう一度右を見て道を渡る習慣が身に染み込んでいる日本のお客様は大層困惑なさいます。信号無視が体に染み込んでいる私が車が来ないのを確認して赤信号をつい渡ってしまうと、「三井さん、三井さん、信号赤ですよ!!!」と注意してくださいます。

登校時、下校時には学校の近くの横断歩道に気まぐれに旗おばさんや旗おじさんがいることがありますが、彼らも全くもって信号は無視して、渡らせたり、渡らせなかったりします。車がいなければ赤信号でもポリスも ”ちゃっちゃと渡って。”と腕を振り回します。

歩行者がこんな態度ですので、車の運転手はそりゃひやひやです。4人に3人の運転手はいつ歩行者が飛び出してくるか常に警戒しているそうです。半分近い運転手が信号が青から赤に変わる時にアクセル踏むかブレーキ踏むか迷うそうです。同数の歩行者が青から赤に変わる時に渡るか、留まるか迷うそうです。

インドやアイスランドでおもろい横断歩道があります。横断歩道の縞々模様が3Dになっていて、まるでブロックがでんど置いてあるように見えるので、運転手は慌ててブレーキ―を踏む、又は減速するので事故が大幅に減ったそうです。

問題はいつも通っている運転手には効き目が無くなるという事です。

楽しいアイディアです。

 

 

 

 

 

 

パリで道を渡る時、最も気をつけなければならないのは、いつもと反対から車が来る事。そして歩道と車道の間に細く自転車レーンがある所が増えてきました。そこにぼんやり立っていると勢いよくすーと走ってくる自転車と衝突します。くれぐれも周りを良く見て、ご自分の身をお守りください。

 

 

 

 

 

パリのなるほど~ぉ

パリには6000本の道があるそうです。その道一つ一つに名前が付いていて、建物一つ一つに番号が付いています。なので住所さえあれば何処にでも簡単に行けれるのです。これが19世紀から整っていたのですから感心します。
しかし、このカラクリは分かっていても、道を曲がってから、はて?この番号は右に行くのかしら、左に行くのかしらと迷い、番号を見ながら少し歩いて、あら反対だわチッ。と回れ右をすることがよくあります。

 

 

ところが思いの他ロジックな頭を持っているフランス人、きちんとした決まりがあるのです。
地図を見ると、パリの真ん中、右から左(東から西)に流れているセーヌ川を基準に考えました。セーヌ川に垂直に通っている道はセーヌ川に近い方から1番が付けられます。
セーヌ川に平行している道はセーヌ川の流れに沿って、東側から1番を付けられます。そして、必ずどの道も1番を背にして右側が偶数番号、左側が奇数番号と決まっています。
右側は2,4,6、、、、左側は1,3,5、、、、、とナンバリングされるわけです。
という事は歩いていて偶数番号が右手にあるという事は、番地が大きくなっていき、偶数番号が左手にある時は番地が小さくなって行くという事です。
おまけに、番号でセーヌ川の方向が分かるという仕掛けです。とても賢いアイディアです。
 

ベルリンではてな?と思ったのは、住所の番号の数字が1,2,3と行儀よく並んでいるのです。そして2番地の前を反対側に渡ると63番地とかになっていて、最初理解できず、約束の所に行かれないと泣きそうになりました。そもそも偶数番地、奇数番地が繋がっているのが気持ち悪かった。冷静になって見て見れば、1,2,3を続けて番号を振って、道が終わったら道の反対側に渡って、続きをナンバリングしているのです。芸がありません。

パリ市内で一番長い道はヴォジラー通りで4,36KM.一番短いのは階段だけのデグレ通り、5,75m。一番広いのがアラブの富豪が沢山住んでいるアヴェニュー フォッシュ、120mの道幅です。一番値段が高い道はプラザアテネやディオールを始め高級ブティックが連なる、アヴェニュー モンテーニュ、1平方メートルに付き22,000€。もうぶらぶら散歩している人から通行料取りたいでしょうね。

以上豆知識でした。

 

 

 

 

パリで日の丸挙がる

先週は幾つになっても新しい世界を発見出来る喜びを噛みしめました。レスリング世界選手権がパリで行われそのお手伝いをさせてもらた日々です。”レスリング”と聞いて直ぐ思い浮かんだのは、映画”ガープの世界”と”キャッチャー フォックス”。人間一人で体験できる事はほんの僅か、本や映画などで疑似体験するのが精一杯です。で、キャッチャー フォックスを見直して仕事に向かいました。私が担当したのは協会の会長を始め幹部の方達です。元オリンピックメダリスト、元世界選手権メダリストの面々。山の様に盛り上がった肩と張り出した太ももの大男を目標に待っていましたところ、本当に標準的な体つきの小柄な男性陣が彼らでした。と、最初は思ったのですが良く見ればやはり違います。先ず耳、潰れています。それもそれぞれ潰れ方が個性豊かで見ていて飽きません。きっと見つめ続けていたのでしょう、内出血が固まってこうなる、針で自分で抜くんだけどね、と触らせてくれました。かちんかちんです。そして足は蟹股。中年太りなんて無縁の様です。日本の武士道精神が沁み渡っているような心意気に高校生の頃から海外に試合に出かけていたので、柔らかいユーモアも混ざってそれは素晴らしい方々です。よりびっくりしたのは、子供達もレスリングをしているのは分かるのですが、今回同行された奥様達までレスリングに巻き込まれているのです。審判になったり、合宿のお手伝いをしたり、選手達を旦那様と一緒に育てているのです。ですから、その子達が今回メダルを幾つも取得したので、自分の子供同様もうボロボロに喜んでいらっしゃいました。
スポーツ観戦をしない私はこういったシーンで君が代を始めて聞いたなとこれまた感動ひと際、その横で国歌としてなんとも突拍子もないリズムだな、天皇陛下の歩調みたい、と。

日本の女子レスリングは抜群に強くて、他の国の監督が日本の女子チームの監督に挨拶に来るぐらいです。彼女達もシングレット(レスリングのユニフォーム、覚えた!)を脱げば、へっ、さっきあそこで戦ってた子??と疑うぐらい可愛らしい女の子です。

 

 

 

 

試合を見ていて驚いたのは、日本の選手だけです、サークルに上がる前と降りる時にお辞儀をするのは。気持ちが良いマナーです。
笑ったのは、休憩の時間、何処の国も選手にバスタオルで気が狂ったかの勢いで扇いであげているのですが、日本は肩にタオルをかけてあげて腕をもんであげているのです。
 

魔訶不思議な光景。コーチの前にマスコットのお人形が置いてあるのです????それを投げることがあるのです???すると審判がそのお人形をコーチに返すことがあるのです???
何?何?何?これは、”チャレンジ”といい、判定に異議申し立てのサインだそうです。審判がチャレンジを受け付けヴィデオ判定をして、判定が変わらなかった場合相手に1ポイント与えられてしまいます。審判は判定が疑いの余地なしの場合チャレンジを拒否します。又、選手も判定に同意の場合チャレンジを拒否できます。

 

 

ルールが良く変わるので、観戦者としては分かりずらいスポーツだそうですが、無知の私の周りで皆が解説してくれるので、それも本当にテレヴィなどで解説をしている方が。。。この私でもすっかり楽しむことができました。
トウキョウオリンピックが益々楽しみです。その後はパリオリンピックだし。
やった~ぁ金メダル!!と喜び勇んでヤフーのニュースを見てみれば、レスリングのレの字も見当たりません。スポーツ欄にもない、どーゆーことかしら?

 

 

 

 

パリの郊外へ印象派巡り

まぁ~、この夏は本来の北ヨーロッパ的な気候で誠に素敵です。昼間は目が潰れるほどの太陽ですが、あくまでもきりっと爽やか、朝晩はセーターなどを羽織らなければ寒いぐらい。これぞパリの夏です!
そんな中、パリにしょっちゅういらしていて、絵がお好きなお客様がいらっしゃいました。こんな素晴らしいお天気に美術館なんかに籠もっていたらもったいない、と印象派の画家達が描いたパリの郊外へご案内しました。
ルノワール、モネ、シスレーなど、今では大スター達はパリで同じアトリエで勉強していた仲間です。水が好きな彼等は揃ってセーヌ河やロワン河沿いの村へ住み始めました。

お父さんのお蔭で仲間内で一番リッチだったシスレーは、戦争などですっからかんになりました。描けども、描けども一向に売れない絵。しかし時代柄アーティストのパトロンになる人は結構いた訳でシスレーも3人ぐらいのパトロンに支えられ何とか親子4人生活していました。

妻が癌で亡くなった数ヵ月後にシスレーも癌で亡くなり、2人の残された子供達を援助したのが、既に売れっ子になっていた一番仲良しだったルノワールや印象派の仲間達です。彼らが貧乏の時にシスレーがパパのお金で皆を助けてあげたお返しです。画家達の熱い友情物語は他にも沢山あります。

そんな話をしながら歩いていると、次々に写生ポイントが現れて、ここで描いたんだわ、この道を歩いてきたんだわ、と感動連続の1日でした。

パリから電車ですと、のっけっからモネの描いたサン ラザール駅から出発します。30分ぐらいでブージヴァル、ローヴシエンヌ、マルリー ル ロワなど印象派の画家達が住んでいた町に着きます。パリの素敵な夏に是非お出かけ下さい。

 

 

さて、パリに行くけど何着て行こう?

今、パリはどんな気候ですか?どんな服を持って行けばいいですか?という問い合わせがここの所多く寄せられます。この春は寒い春です。平均気温の5度から10度も低いそうです。そして毎日のように1日1回は雨が降ります。東京のキフキフパリの土田が庭でそよ風に吹かれながらシャンパン飲んで気持ちよがっている時にパリの私は暖房付けて、ダウンコートを着ているという悔しい状態です。今朝の気温は2度!5月1日どすえ。

sceaux 0725月1日のメーデーは祝日で、フランスでは鈴蘭をプレゼントし合う日です。私も心優しき方から頂きました。この鈴蘭も今年は元気がなく冬が暖かかった為、しっかり休めなくて、春は寒くて起きられなという状況で30%減の生産量だそうです。

 

 

 

 

ワインもしっかりダメージを受けています。ブルゴーニュでは5ヘクタール中で1つも芽が出ている木が無いと、とある生産者はがっくり肩を落としています。ほって置いて病気になっても困るので、畑中にストーブを焚いて温めてあげます。これが想像通り莫大な費用がかかります。

しかし、変だ、変だ、異常気象だ!と騒ぐほどの事でも無いらしく、暖冬ならば春は寒いというのは決まっていて、10年毎に起こる現象だそうです。

ちっとも当てにならないフランス気象庁の予想では、週半ばぐらいから気温が上がり20度前後になるかもしれないようですが、太陽、雲、雨が入り混じっています。

玉ねぎのように、重ね着が出来てどうにでも調整の利く服装で万端にしていらしてください。

 

 

ジョギングするより友達と遊ぼう!

お客さんがレストランでお料理を選ぶ決め手は、隣の人のお皿だったり、料理の名前だったり、照明、音楽、はたまたテーブルの位置だったりするそうです。私は食材が一番だな。そして面白いのが。。。
オサレなレストランのサーヴィス係って皆、見栄えが良くてスマートな人が多いと思うのですが、これは営業的にはいかんことらしいです。ぼっちゃリ型のサーヴィス係と痩せ型のサーヴィス係では、お客さんの注文に違いがでるという研究発表がありました。もちろん私がなってみたいと憧れるアメリカのど田舎の研究チームの発表です。例えば、ぽっちゃりサーヴィス係は痩せサーヴィス係の4倍ものデザート注文を受けるそうです。アルコールに関しては17%多く注文を受けるそうです。

12月は暴飲暴食が続き体は重くなり、プレゼントなどで散財したのでお財布は軽くなったので、1月はおとなしく家でスープでもすすって過ごそうと思う人は多いと思います。これは良くないらしいですよ。一人で家に引っ込んでいるより、外に出て友達とおしゃべりしている方が断然体にいいそうです。いくらスポーツしたり、バランスのいい食事をして気を使っていても孤独な人より、友達達と笑い呆けている人の方がよっぽど健康体なんですって。これもアメリカ研究チームのご意見です。
孤独な若い子は、スポーツで体を鍛えていても炎症を起こしやすいそうです。友達とふらふら遊び歩いている子は太りにくいそうです。
孤独な年寄りは糖尿、高血圧になりやすいそうです。
だから、皆外にご飯食べに行ったり、飲みに行きましょうという、1月は暇な飲食業の陰謀説ではないかと思うような話ですが。

それを真に受けるとすると、糸というより頭が切れたタコのようにフラフラ遊び廻っている息子の生活も一概に悪い事ばかりではないのでしょうか。
今日も学校から帰ってきてポロポロピアノを叩いていたかと思うと、デオドラントを消火器の如く吹き付けて出て行いきました。

その残り香を嗅ぎながら思い出したのが、エゲレスの16歳の男の子がデオドラントを吹っかけすぎて死んだとう記事。彼はお風呂に入らないので、デオドラントを一度にスプレー缶の半分を吹っかけていたそうです。そのガスを吸い込みすぎて、この度亡くなったそうです。彼の部屋には42缶もの空のデオドラントのスプレーが転がっていたそうです。あ~クワバラクワバラ。

galerie d'anatomie mosque 106特に1月は体が重く感じる月だからなのか、やたらジョギングしている人が多いです。その様子を横目で見ながら、なんて皆無様な走り方をしているんだろう。”もう止めれ”と肩を叩きたくなるような人ばかり。”私は絶対ジョギングなんてやらないぞ!”と新年の誓いを立てました。友達達と痩せ型サーヴィス係のいるレストランへ行けばいいんだから。