秘密結社といやぁフリーメイソンリー。16世紀頃、エゲレス、スコットランド方面で発祥した友愛結社ですが、昔から別に確固たる根拠は無く『なにやら胡散臭い、いかがわしい秘密結社』と思い込んでいる世間が多いと思います。特にダヴィンチ コードはそれに一層輪をかけたことでしょう。
世界各地に広がったフリーメイソンリー。最初は石職人達が仕事の休憩時間や休みの日に皆で集まって食べたり、飲んだりしている時の話のついでに出た個人的な問題を皆で助けて合っているうちに、石職人共同組合的になったのが始まりだそうです。『参ったよ、うちのおかんが病気になりやがった』と誰かがしょんぼり言えば、そりゃていへんだ!と皆でお金を出し合ってお見舞金を集めたりしたという訳です。ウイーンの結社の会員だったモーツアルトもお金を都合してもらったことがあるそうです。
フリーメンソンというのは各会員の事を指し、結社の事はエゲレスではフリーメイソンリー、フランスではフラン マッソヌリーと言います。
そのフラン マッソヌリーのフランス大東社を見て来ました。ここはヨーロッパ最大の結社です。
temple2テンプルと呼ばれている2つの集会所があります。至る所にシンボルの定規とコンパス、それと三角形の中の目玉が見られます。
今ではもちろん色々な職業、色々な宗教の人が会員になっています。
 
 
 
chambre
会員になる為の儀式は期待を裏切らず不気味です。
この物置の様な所に1時間30分監禁され、本当にフリーメンソンになりたいのか?自分はヘマをしてるんじゃないか?とかじっくり考えさせられるそうです。テーブルの上には塩、パン、蝋燭、鏡があります。
 
 
 
これを見て私は慄きました。例のうちのアホ息子が中学生になったかならないかの頃、あまりにも頭がとっ散らかっていたので、物置を空けて、『スタディーボックス』と名づけて造った勉強スペースそっくりだったからです。色は真緑と黒でしたが、漂う空気は似ています。造った私も『集中』という事をテーマにしました。
母の願いは見事に裏切られ、誰にも邪魔されないゲームコーナーのようになってしまったので直ちに閉鎖しましたが。
じっくり考えた会員候補者は、時間になると目隠しをされて『集中ボックス』から連れ出され、1時間半~2時間の間、40~50人の先輩会員達の質問攻めにあうそうです。しかも目隠しされたまま。満場一致で、良し!が出たら晴れてフリーメンソンになれるそうです。
会員になろうかなと思った、昔のフランス大統領ジスカールデスタンはこの物置の中に入るのを嫌がり、会員になれませんでした。
tableau結社では、『世界平和』『より良い人生』をテーマに常日頃考え話し合い、その内容をアーカイヴとして保存してあるそうです。
パリでは平均月に2回集会が開かれるそうです。その時は皆、この絵のように白い手袋に、石職人のシンボルのエプロンを付けるそうです。こういったアホらしい形式が世間では怪しく映るんでしょうね。
 
知性を寄り集めている所なので、会員でなくとも政治家が意見を聞きに来るそうです。実際、堕胎許可、週休2日制など、ここで会員達が話し合っていた事が法律となった事柄は多くあるそうです。
フランスがプレゼントしたニューヨークの自由の女神もアメリカがお返しにくれたパリの自由の女神もフランスとアメリカのフリーメイソンリー間のプレゼントン交換でした。台座にはシンボルの定規とコンパスが記されています。
もちろん、我が日本にもロッジがあります。東京タワー近くのメソニックビルは有名ですね。
よくよく聞けば我々の身近には彼らが関与する事が山ほどあるようです。