日本では『パリは大洪水!』というニュースになっていたようで、多くの安否を気遣う連絡を頂きました。洪水になったのは、パリの郊外や地方でパリに住んでいる私達の生活には何の支障も無く生活していました。大洪水になった郊外の街や地方の街に住んでいる友達や、セーヌ河沿いの地階に住んでいる友達、セーヌ河の船に住んでいる友達なども全員無事でよかった、よかった。
zouave 005パリでは大雨でセーヌ河の水位がぐわ~んと上がり、1910年のパリ大洪水を皆思い出したのですが、溢れる事は無いという確信で危機感はありませんでした。ジャーナリストもパリジャンもセーヌの写真を撮りに大賑わいでした。
念のため、ルーヴル美術館やオルセー美術館、グランパレ、国立図書館などは閉鎖しまたが。
 
 
ニュースを見ていて、洪水になった道をカヌーやらボートやら、ゴムボートやらでスイスイ移動している住人が多くいるのには感心しました。おまけに、ウエットスーツを着込んでいる人も一杯いて、フランス人のマリンスポーツ熱の厚さを発見しました。
避難所の様子は日本のそれと大きく違って、ちゃんと一人ひとり簡易ベッドを与えられています。日本の避難所の、床にじかに何か敷いて寝ている様子を見ると、とても心が痛いのです。
大雨や洪水の中、頑固な労働組合はストライキを続行しています。パリの地下鉄、バスは問題ないのですが、郊外線やTGVはかなりの間引き運転、ゴミ収集トラックのガレージが封鎖されていた為、1週間ゴミ収集なし、道が封鎖されていた為、輸送ができずガソリン不足。週明けもエアーフランス、学校の先生や消防士などのストが予定されています。
ユーロ2016が開催されたフランスに多くの外国人が来ているのに、あかんでしょうが。だからフランス人さえいなければ、フランスは最高の国なのに、と言われるんだわ。