日本からのお客様とパリの街を歩いていると、『皆よくタバコ吸ってますね』と言われます。公共の建物の中では禁煙なので、仕事中でも頻繁に外に出てきてコーヒー片手に雨の中、風の中タバコを吸っています。16歳から喫煙できるフランスでは、高校の門の前で、先生と生徒がタバコ吸いながら立ち話しています。
café1禁煙法律が出来る前は冬はキャフェのテラスは出なかったのですが、今では喫煙者の為に強力ストーブとひざ掛けが用意されたテラスが出されています。もちろん、人込みの中でも歩きながら吸っています。なので喫煙者が目立つのだと思いますが。
 
 
タバコのパッケージには『死ぬよ!』とか『癌になるよ!』とかの警告が大きく書いてあったり、奇形の胎児の写真が貼ってあったりと、一応の注意は施しています。それに、舞い上がる凧のように値上げして、今じゃあマルボロが7€もするのに、吸う人は吸い続けます。
世の中で一番の喫煙国民はインドネシア男だそうです。世界平均31%の所、57%のインドネシア男が喫煙者。喫煙女一等賞はギリシャ女、35%、フランス女も28%と負けていません。喫煙女が最も少ないのはモロッコ女1%。世界平均は6%。
カナダのケベックではレストラン、バーの入り口の半径9メートル以内で禁煙。食べたり、飲んだりしながら頻繁に外へ出て行ってタバコを吸うので、近所の人は煩いし、窓を開けるとタバコ臭くてかなわないからでしょうか。うちのアパートの下もレストランなので、夜遅くなってもお客さんが団子になって外でタバコを吸うので、ゲラゲラ笑い声やらもくもく煙で賑やかです。ニューヨークなどは、アパート全体禁煙のところがあります。要は自宅でも吸えない。韓国では禁煙しないならボーナス無し!中国では国民の見本になるよう党員は人前では禁煙。
タバコはいかん!という風潮は世界的です。
タバコを吸うと、体内時計が狂って睡眠障害になる。コミニュケーションにおける認知の機能不能。うつ、不安を募らせる。という現象が現れることが証明されているそうです。
悪の根源タバコを堂々と売ってんなら、大麻だっていいじゃん。と思う国は思いの他多く。最近ではアメリカのワシントン州、コロラド州が合法になりました。大麻禁止のフランスはヨーロッパでも大麻大国だそうです。大麻合法のお隣さん、オランダ、ベルギー、スイス、スペイン、ポルトガル辺りよりずっと大麻人口が多いそうです。
友達の息子が中学生だった頃、カルチエ ラタンを歩いていたら、ポリスに捕まったそうです。理由は大麻の葉っぱの絵が描いてあるTシャツを着ていたから。母親は人種差別だ!と奮起していましたが。彼らはブラックです。
そんな、フランスも大麻スプレーが医薬品として許可されました。もちろん処方箋がなくては買えませんが、多発硬化症の患者の猛烈な痛みを緩和するという目的のお薬です。
ハイになる効果は無く、あくまでも痛み止めです。今までは、患者は痛い体を引きずって隣国に大麻を買いに行っていたそうです。
タバコを全面販売禁止にしないのも、大麻を合法化するのも全て税収の為と言う事でしょう。タバコの80%は税金ですからね。
チェーンスモーカーには多納税者バッチをあげてもいいくらいです。
その昔、今では吸っている人を見たことも無いゴロワーズという労働者タバコを1日2箱吸っていた私は、前を歩いている人が吸っているタバコの煙の迷惑より、シャンプーしていない頭の匂いをプ~ンとさせている鈍感人間に殺意を抱きます。