そうです、クリスマスでなくノエルです。
この時期寒いし、なんせ暗い。でもお蔭で、ノエルのイリュミネーションは、夜を待たずに楽しめるんです。
この時期パリにいるなら、やっぱりノエル市には行かねば。
サン ジェルマン広場と,その直ぐ近くのサン シュルピス広場の、こじんまりした市。
それとこの両広場にある教会のサントスも忘れずに覗いてと。
クリスマス6サントスとは、プロヴァンス地方発祥の土人形で、その人形や動物や建物などで、キリスト誕生のシーンなどを再現した模型。
村人の生活の様子なども、リアルに再現されてたりして.しかもサン ジェルマン教会のサントスなんて、ロバが尻尾振ったり、鍛冶屋が腕振り上げたり、動くんです。教会によって地味ーーーーなのも、派手ーーーーなのも、あるけど、共通しているのは、12月25日まで馬小屋の籠の中は空っぽ。
だってまだキリストさん生まれてないんだからね。
 
そうだノエルってキリストさんのお誕生日だった。と再認識したら、そしたら、こんどはシャンゼ リゼの大規模な市へ。
 
小腹もすいたし、美味しいものいっぱいあるので、ホットワインを飲みながら、あれやこれやつまみ食いして、最後はコンコルド広場の大観覧車に乗ってみる?