一昔前は田舎っぺしか行かない通りだったシャンゼリゼ通りが、がんがん垢抜けて来ました。
どうやってオサレな雰囲気をかもし出すかと思いを馳せれば。流行りの洋服屋を並ばせればそうなるんだと合点しました。
ザラ、H&M、頑張ってるGAP、アディダスなどで庶民を引き付け、ヴィトンや香水屋、貴金属屋で引き締めて、高級感も味付けして、てな戦略なんではないでしょうか?
なので地代が上がる上がる。とうとう郵便局は尻尾を巻いて出て行きました。
映画館、キャフェなども苦しくなってきたことでしょう。
シャンゼリゼの顔の一つ、車のショールームは、会社のイメージの為にも断固動けんと頑張ってます。
その中で、楽しいのはシトロエンのショールーム。
入ったら先ず、エレヴェーターで一番上まで行ってください。
そこに展示してある車に乗ってみたりしたら、お尻をそわそわさせながら階段で降りてきてください。
シャンゼリゼ通りを違う角度から見られて楽しいです。
トヨタも休憩にいいです。上に上がってゆっくり休めます。
前は退屈しのぎに、折り紙なんかも置いてあったけど、今も有るのかしら?
今年はアバクロやバナナ レパブリックなんかもシャンゼリゼ デビューです。
関係者はこんな服屋ばっかりになっちゃ、文化もへったくれも無いと嘆いています。
これで正しい角度です。トヨタのチビ車が壁に貼り付けてある。
TOYOTA
79 Avenue des Champs-Elysées
 
 
 
 
これもこれでいいんです。シトロエンの上の階から下の階への眺め。
CITROEN
42 Avenue des Champs-Elysées