パリの弁当スタイル

以前もブログに書きましたが、パリでは弁当持参が増えています。経済的にも時間的にもランチを食べに行く余裕がない人が多くなったようです。サンドイッチやリンゴやバナナなんかを歩きながら食べているのはよく見かけますが、最近はフォークや箸を使って食べるような物まで、歩きながら食べている人も増えました。

先日見かけたショック。地下鉄の斜め前に座っていた30歳前後の白人青年。1リットルは入る様なタッパーを抱えて、もそもそ手づかみで食べています。サングラスをしているのを良い事に、顔は真っすぐ、目玉は目いっぱい横にして観察してみますと、手づかみで食べているのは鶏肉のささみそのまんまの大きさを茹でたか、蒸したかした物2つ。後はポロポロしたライスです。このライスをどうやって食べるのかを見たくて横目していたのです。だってどう見てもインド人じゃありませんもの。ところが1つ目の鳥のささみに集中していてなかなかライスを食べません。あ~もう降りる駅が近づいちゃう。一層見届ける迄このまま乗ってよかと本気になった頃、やおら2つ目のささみを手に取り、一口齧っていい塩梅にしたのか、そのささみをスプーンの様に使ってライスをすくって食べるじゃありませんか。ライスと共にささみも食べたりと誠にうまい具合にやっていました。
かなりの量のライス、それも味も素っ気もないような見た目です。だんだんお腹も膨らみ、飽きも来たのか、頭を掻いたり、ため息ついたりしながらも黙々と食べ続ける青年。一人暮らしの学生や貧乏な働く青少年達のランチなんてこんなもんなんだなぁと、家の息子に見せてやりたいと思いました。

超簡単な数秒でできるようなサンドイッチはやっぱり好きではなかったようで、パスタかなんかはあるかな?なんてある日聞かれてから、私の弁当作りも二手間位増えました。まぁ、出来る時だけですけれども。

先日は若い友達が遊びに来てきくれて、そのまま泊まっていきました。翌日仕事に行く日本食が大好きな彼女に、日本のお弁当を作ってあげるなんて何かの勢いで言ってしまったものの、彼女がヴェジェタリアンになったことをすっかり忘れてました。肉無しでどうしたもんか?我が家には誰も使う人がいない可愛い日本の弁当箱に入れて、見掛け倒しで何とか詰め込んだニッポン風弁当を作って思ったのは、日本の弁当は何種類もの物を彩りよろしく入れなくてはいけなくて、毎日なんて作ってられないわ。日本の母さんは偉い!もちろんその日は息子は弁当無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス人ってお昼何食べてるの?

キャフェでランチメニューが15€とか18€、すなわち2000円以上してたら地味な働く人達はお昼どうするの?と心配になります。しかもお昼時はどこも一杯だし。
調べてみましたら、やはり、キャフェなんぞで毎日ランチをする人なんてほんの僅か。35%の人は手弁当だそうです。
そう言えば、ある場所で1週間通って仕事していた時、そこのスタッフ達は、パスタを大きなタッパーで持ってきて、チンしてその上にシーチキンを放り込んで、ぐにゃぐにゃ混ぜたり、ビン詰めのソースをヘロヘロのスパゲティーに絡ませたり、ごろりとトマト1個とチーズと丸ごとリンゴのセット等々かなり衝撃的な代物をお昼に食べていました。夕食の残りをお昼に持っていくのも当たり前。まぁこれが普通のフランス人のお昼のようです。理由はもちろん節約。63%の人のお昼の予算が5€以下だそうです。まぁその位が妥当な出費でしょう。

弁当を持って行くのはめんどい人はスーパーやパン屋でサンドイッチを買ってくる。又はファーストフードに食べに行く。もちろん大きな会社ならば社員食堂を利用します。社員食堂がない会社はチケットをくれてお昼代を少々負担してく入れます。
よく、地下鉄の中などで、バナナやビスケットを箱ごと食べている人を見かけますが、あれも彼女達のお昼です。

フランス人と言えば長々ご飯食べているイメージがありますが、今やランチタイムは20~30分が大半の様です。お金も時間も無いフランス人のランチタイムです。

今年うちの息子が通っている学校は住宅街にあり、周りに気軽に食べられるところが少ないそうです。よって学食は長蛇の列。彼もまるで貧乏サラリーマンの様に食べに行く時間もないとため息をつかれれば、母としては早起きして、よっしゃお弁当を作ってあげようと意気込みます。
と言っても、パンに何かを挟むだけ、1分もかからずできる物ばかりです。私も朝が早くその1分の時間も無い時は前日にピラフなどを作ってしまいます。
これじゃ、フランス人の弁当となんら変わりは無いわけです。それに、パンも挟む物も何も無い日がままありまして、最初の意気込みも11月にして既に薄らぼやけてきてしまっているのですが。

日本のお母さんのキャラ弁などフランス人、いやうちの息子すら見たら卒倒することでしょう。これを毎日日本のお母さんは作っているのよ言ったら目が後ろにひっくり返るでしょう。 日本のちびっこ達、自分の幸せを分かってんのかね。

 

 

 

 

2017年ミシュランレストラン星付け発表!

2月9日に恒例のミシュランのレストランの各付けが発表されました。パリ1区にお店を構えるレストラン ケイのケイ コバヤシさんが2つ星取得という快挙を遂げました。金髪のケイさんはもうフランスの料理界では”新星登場!”と話題の人です。お料理は見た目は抜群のア-ティステックなセンスでびっくりさせられ、お味は只々唸るのみ。

ホテルジョルジュサンクの3つのレストラン全てが星持ちというのも話の種になっています。ル サンクが3つ星、ロランジュリーが1つ星、ル ジョルジュが1つ星。益々鼻高々なホテルになることでしょう。

そして、保険屋見たいな容貌のヤニック アレノの2つのレストランが共に3つ星というのもニュースになっています。

2017年は昨年に比べて16店多い、616店が星を貰いました。その内70店が星を増やし、52店が星を減らされています。
今年は2016年より1店多い27のレストランが3つ星レストランとなりました。
星付きレストラン配置地図を見てみると、3つ星レストランはブルゴーニュとリヨンの周辺に集中しています。ぽっかり何の印もない地方もあって、例えばフランス中部のリムザンやスペインに近いピレネーの辺りはぺケです、空白!星付きレストランなし地域です。

昔は、赤いガイドブックが出たら必ず買って、地方だろうが食べに行っていたものですがね。。。。。
本場のフランスで日本人シェフも1つ星なんか次から次と貰っていますので、彼らの美味しい物を是非食べ歩きたいと願っております。ハイ!
ガイドブックは2月15日発売です。

 

 

 

2月2日はクレープの日

息子からSMSで、”今日はシャンドゥレールの日”というメッセージがぶっきら棒にきました。だから?と取り込み中だった私は気にも留めず、すぐさまその場で忘れました。夜帰宅するメトロの中で、あ~あ夕食どおするかな~とぼんやりしていて、ポンと出てきたのが息子のSMS。そーだったあの子は小さい時から、今日はシャンドゥレールだよと言って、朝出かけて行ってたな。

シャンドゥレールとは2月2日、キリストが生まれた12月25日から40日目です。
元々は農民が畑を清める為に2月2日に松明を持って畑を巡った、という季節の行事だったのですが、5世紀になって法王が、当時の、長男は生まれて40日目にお宮参りをするという習慣に沿って、キリストがお宮参りをした日という宗教行事にしました。
その日2月2日は、前年の麦を使ってクレープを焼き、その年の繁栄を願います。何故パンとかお菓子でなくクレープなのかと言いますと。沢山ある説の中、厳しい冬の夜が明けて春の太陽に因んで、形と言い色合いと言い、それ風なクレープになったという説が一番私は気にいっています。

私は、夜クレープを食べる為にはクレープの種は前夜に作って寝かせます。翌日、種にミルクを足して滑らかにして午前中には片面を焼いて又寝かせます。夜食べる時もう片面を温める程度に焼くだけなので、ホイホイ作れます。
クレープは小麦粉でデザート用。ギャレットはそば粉で食事用というのが通常です。私は小麦とそば粉を混ぜて、あれば昔サウジアラビア人の友達に教えてもらった様にビールを少々入れます。今考えればリヤド在住の彼はどうやってビールを手に入れていたのかしら?あの国であの恰好した髭面がクレープ食べてるなんてそもそもおかしい。

な訳で、2日にクレープを食べるのは無理なので、今晩作ります。スーパーへ行くとクレープ用食材がずらりと並んでいました。私は窒息死するほどたっぷりとろけるチーズを入れるのが好きなので、チーズ一杯とハムとマッシュルームとほうれん草と
ベーコンと生クリームと板チョコレートを買いました。チョコレートはデザート用です。すっきりデザートにはお砂糖とレモンを絞ったのも美味しい。
飲み物はシードルがお決まり。

 

 

 

 

 

 

 

日本の軟水、フランスの硬水

パリにいらした方がよくおっしゃいます。『シャンプーすると髪がごわごわするわ、それにお肌もざらつく感じ』これはパリの水の仕業です。
日本はほぼどこも軟水です。ヨーロッパはほぼ何処も硬水です。この硬水、軟水の分かれ道は、水に含まれるカルシウム、マグネシウムの量で分類されます。日本は国土が狭いので河が短かく、おまけに山がちなので傾斜が多いので水が勢い良く流れる為、地に含まれるカルシウム、マグネシウムを吸収する暇が無く軟水となります。一方ヨーロッパは河が長~くゆったり流れるので、その間ミネラル成分をたっぷり含み硬水となる訳です。パリなどはフランスの中でもかなり硬質度が高いです。
ど~りでね、日本のお水は優しくてまろやかで良いお水!とは、ところがどっこい言えないのです。

軟水は浸透性があるので汚れが落ちやすいです。日本でお風呂に入る時など石鹸の泡立ちの良さに感動します。日本の出汁が出やすいです。よくパリの日本レストランの料理人はちっとも出汁が出やしない、とぼやいています。お米も水分を良く含みふっくら美味しく炊き上がります。こちらのお米料理はパラパラピラフやドロドロリゾットですものね。お茶も香り高くいれられます。

硬水は逆に吸収性が良くないので胃腸に負担をかけますが、それがダイエットにいいんです。ダイエットご用達ミネラルウォーターのコントレックスはかなり強い硬水です。又、便秘にも効果的です。我が家に遊びにくるおばちゃん達は、ここに居ると快調だわ~っ、とすっきりした顔をしています。カルシウム、マグネシウムを多く含んでいる為、スポーツをする時や筋肉運動をする時に適しています。痙攣や足がつるなどの防止にもなります。それに、肉の臭みやアクを取るのに優れているので、肉をコトコト煮込む料理に最適です。

軟水は日本料理の命であるカツオや昆布の旨味であるグルタミン酸を良く引き出し、日本料理全体に適しています。蒸したり、オーブンで焼いたり、油で焼いたりの調理法で、スープストックやワイン、クリームで味付けをする水に頼らないヨーロッパ料理。
水の質もその土地、その国のお料理のあり方に大いに影響を与えているということでしょうか。

パリの水道水は飲めます。しかし、硬水に慣れていない日本人のお腹はびっくりして、下痢をするかも知れませんので、旅行中はミネラルウォーターを飲まれることをお勧めします。

2016年ミシュラン

ferrandi 1222月5日に発売になったレストランのガイドブックミシュラン2016年版。今年も新たに3人もの日本人シェフが1つ星を獲得しました。パチパチパチ~ィ。と喜んでいる人がいる一方、自殺しちゃうシェフもいます。今年も偉大なシェフ、ブノワ ヴィオリエが銃で自殺しました。2月1日の星付けの発表の前日でした。数年前はこれまた大スターシェフ、ベルナール ロワゾーが自殺しました。彼は強く星の数に執着していたシェフです。現在はロワゾーの奥様がレストランの経営を引き継いでいますが、2016年は2つ星に落ちました。
ヴィオリエの自殺の原因は分かりませんが、ヴィオリエのレストランの得点を落としたもう一つの権威あるガイドブック、ゴー ミヨは、ガイドブックの点数を気にして自殺なんかするはずが無い、他に家族や個人的な問題を抱えていたのでしょう、と言っています。

人を幸せにする料理、その世界の中はそりゃ過酷な所のようです。なんせ男世界ですからに、男性ホルモン独特の ”わしがボス” 争いで戦い抜いていくタフさが必要なのでしょう。フランスの厨房の中は、スープを頭からぶっかけられたり、あばら骨で頭叩かれたりの苛め、暴力、セクハラなど盛んのようです。これらに対して、断固反対!と立ち上がったシェフ達もいれば、そうやって厳しくされて、強くなっていくんだというシェフ達もいます。

下手に星なんか貰っちゃうと、すんごいストレスの渦の中入り込んでしまうのでしょう。今やレストランでお皿がサーヴされるや、取りあえず皆写真を撮ります。これに激怒するシェフは多いです。特に話題のシェフ達です。写真を撮って、誰かに送ったり、FBに載せたりしている間にお料理が冷めたり、溶けたりしちゃうじゃないか、ちゃっちゃと食べれ!と言うことですが、実際は毎日、毎回ベストなお料理という訳はないのですから、あまり良くない感じを下手糞な写真で世に出ることを恐れているというのもあると思います。このような写真をフードポルノと呼んでいます。私の知的財産権を侵害している!と。

アメリカの料理評論家が、ミシュランのガイドブックお勧めのレストランを100万円かけて食べ歩きました。もちろん彼には納得いかんというレストランは多くありました。豪華絢爛な店造りをしたら星は貰えるという噂も頷けると言う事です。
星付きのゴージャスなレストランの席に座っただけで既に気分は良い状態で、さ~美味しい物が出てくるぞ~、と頭は決めているので、さすがだね、素晴らしかったね、と皆幸せにレストランを後にするのだと思います。マジックです。

ferrandi 143日本人はお醤油を使うので、お塩の味、苦味などが分かっていないそうです。フランスの名門料理学校はパリ6区にあるフェランディー。問題はフランス語又は英語が分からなければ入学できないということです。そこで日本の名門料理学校、辻調理師学校はリヨンに開校し、フランス人シェフの元びっちりフランス料理を習います。こうやって星を獲得する日本人シェフが続々出現するわけです。

日本人シェフも見習いもフランスではとても評判がいいので、今後とも大いに気張って頂きたいものです。

 

フランス人が食べている物

食いしん坊と言われているフランス人の食生活がここ50年ぐらいの間にぐらりと変わってきたそうです。

肉食フランス人の肉の消費量はピーク時で26%。今では20%ぽっちだそうです。地区によってはスーパーでお肉のパックに盗難防止チップをつけてる所もあるぐらい高い物になったということもあるし、健康の為の魚ブームと言う現象も肉離れになった原因かと思います。確かに週末の市場では魚屋の方が行列が長いです。

そう言えば、元々カトリックの世界では金曜日は魚の日なので、カトリックの学校では金曜日の給食は魚のフライが定番です。真面目なカトリック教徒のお家でも金曜日のお夕食は魚に決まりです。なぜなら、金曜日にキリストが磔になったので、肉は食べてはならぬ!となった訳です。

パンの消費も減っています。昔は家族の1度の食事に何本ものバゲットを買っていたものですが、今では皆1本しか買っていません。

食事に欠かせないワインの消費もすっかり減っています。昔は、お夕食のスープにワインを入れて飲んでいる田舎のおじいちゃんがいたものですがね。ランチに飲む人もめっきり減りました。多くのパリ人は、平日は飲まないで週末だけ少々いいワインをたしなむ、という感じです。

逆に上昇しているのは魚、2倍もの消費量です。そして卵、乳製品、チョコレート、お菓子、ソーダ、そして冷凍食品や缶詰などの手間をかけずに簡単に食べられる物の消費が増えています。

なるほど、デブが増えるわけだ。元々フランス人は巨大な象型デブはいなかっのに、最近はアメリカ人のようなフランス人を多く見かけます。

冷凍食品をチンして食べて、チーズやハム食べて、ソーダ飲んで、お菓子で締めくくってる食生活をしながら、ジョギングに励んでいるのもアホかと思いますが。

収入に対する食費のパーセンテージは50年前は約35%、今は約20%と大きく下がりました。他の出費が多くなり食費が削られているという事でしょう。

それでも、クリスマスやイースターなどの気合を入れるイヴェント食事に対するフランス人はグルマンという形容詞を取り戻す勢いで、見ているこちらは嬉しくなります。

そんなフランス人はやはりお料理好きが多いです。キフキフパリでも ”パリジャン宅でディナー” という企画をご案内しています。

グルメなフランス人ってお家でどんな物食べているのかしら?オサレなパリジャンのお家ってどんな感じかしら?って思われる方、是非参加してみてください。いい旅の思い出になります。

 

 

 

秋の見本市

salon 084路面電車に揺られていたのは既に18時をまわっていました。あ~あ、今日の夕飯は何にしようかな?冷蔵庫の中を透視してみれば、何にも無い!

ため息をついて外を見ると、路面電車はポルト ドゥ ヴェルサイユの駅に近づいています。そしてオレンジに輝く看板発見。『秋の見本市』いかにも敏捷な動きで飛び降り、美味しい物を求めて見本市会場へ急ぎました。

毎年恒例の地味な見本市で、フランスの地方や外国の美味しい物や便利な台所用品などの展示即売会です。

 

salon 076

有名なラギオールのナイフが大バーゲン!!残念、デザインがイヤ。

 

 

 

 

 

 

 

 

salon 078ともかく食べ物求めて夕食の買い物をしました。

結局チーズ数種類、ソーセージ、ハムなど数種類を買って帰りました。

こういった所では、試食するのがマナーですが、どうも私は試食が出来ないんです。

朝市などでも、食べてみて、とフルーツを一切れ差し出されても、むげに断って食べた事ないです。

何故か口が開かない。

 

salon 081

結局、家に帰ってサラダを洗って、ワインを開けて、居酒屋のような夕食になりました。

私としましては、こんなんで充分いいんですけれどもね。

 

 

 

 

もう直ぐサロン ドゥ ショコラ、そして大評判の手芸見本市のマリー クレー イデなどを開催する大きな見本市会場、夕食の買い物にも利用できます。

FOIRE D’AUTOMNE

11月1日まで、ポルト ドゥ ヴェルサイユ国際見本市会場