この時期、薔薇マダム達がパリに押し寄せます。前回のプロヴァンの薔薇、そして今回はパリ郊外のマルメゾン城の薔薇です。
マルメゾン城とはナポレオンの妻ジョゼフィーヌがナポレオンがエジプト遠征に行って留守の間に、『奥さんお買い得でっせー』と言われて買ったお城です。帰ってきたナポレオンは、亭主が命を掛けて仕事している間にこんな無駄遣いして、と不機嫌になったそうです。
跡継ぎを必要とするナポレオンと子供に恵まれ無かったジョゼフィーヌは平和に離婚をしました。その慰謝料としてジョゼフィーヌはマルメゾン城とそのコレクション一切合財を貰い、死ぬまでそこに住んでいました。
ガーデニングが趣味のジョゼフィーヌはさっそく有名な庭師を雇い庭造りに励みました。が出来上がった庭を『ケッこんな古臭いのは嫌だわ、私はエゲレス式ガーデンが好きなのに』とクレームをつけ、イングリッシュガーデンの師匠を雇いなおし、お庭を造り替えました。初めからそうすりゃ良かったのに。
マルチニック生まれのジョゼフィーヌはエキゾティックな植物や動物のコレクションをしましたが、その中でもとりわけ薔薇には懲りました。プロヴァンのところでも書きましたが、当時は薔薇は万能薬みたいに使っていたし、一番の魅力はアンチエージングです。ジョゼフィーヌも日頃から薔薇を使っていたそうです。16歳で結婚して子供2人いて離婚、子連れの32歳の時にナポレオンに言い寄られたぐらいの美意識、美貌を保っていた女性が使っていた薔薇はやっぱり効果があるのかもしれません。
malmaison 0211800年初頭は250種類の薔薇を植えたそうです。
コレがジョゼフィーヌの薔薇
malmaison 017
 
 
 
 
1600年の薔薇
malmaison 009
 
 
 
 
 
2014年の薔薇
 
お城を正面に見て左側が1800年前後のオールドローズ、右側が近代の薔薇のコレクションです。色も豊富になり、大きさもたっぷり大きくなり、薔薇の世界も進化しているのが見て取れます。
マルメゾンの薔薇は来週一杯ぐらい楽しめます。