ハロウィン体験

又、目の調子がおかしくなったので、予約の電話をすること3日間。『混んでいます、又の機会にお電話下さい』のテープが廻り続けています。 痺れを切らし切ったし、目は痛いしで、一大決心を起こして分厚い本を携えて眼科専門病院の緊急セクションへ向かいました。 思いの他ちゃっちゃと和やかに診察申し込み手続きが済み、さ~てこれからが長いぞ~と、何時までも待ってる覚悟で本を広げました。 ところが私の横にぼーと電信柱のように立っている人がいて気が散ってなりません。...