パリ造幣局でフェミニズムを考える

パリの造幣局、何と9世紀から今に至っても操業している最古の政府機関です。オサレ地区サン ジェルマン デ プレにも近いセーヌ河沿いにある18世紀のでんとした館がそれです。 お金なんて造る硬くて、古臭い場所という造幣局に対する偏見を払しょくさせられる大変身を遂げ、現代アートを次々に紹介しています。 3つ星レストラン ギー サヴォワも呼んで、アートにグルメと人受けする空間を作りました。       近くを通ると、そやそやと覗いてみるのですが、先日も最終日の「WOMEN...