風邪に負けない!

今年の冬のパリはご存知のように永遠延々の雨です。晴れた!と喜びもつかの間、ごろりと心変わりしたように雨が降ります。その代りあまり寒くないのですが、それが隙を作るのか、外に出ればくしゃみと咳の嵐です。 先日、混んでいたバスの中でベビ―カ―に乗っている赤ん坊がゼロゼロ咳をしていたんです。近くにいた私は息を止めて首を反対側の方に捻じ曲げて抵抗していました。何しろバスは混んでいます、移動できません。もうあかん、とぶわっと息を吸ったその瞬間、赤ん坊が思いっきりくしゃみをぶっぱなしました。しまった!赤ん坊の若くて新鮮な菌を全部吸い込んだ。...