浮かれて3KGの対処

年末年始の浮かれ気分の暴飲暴食、特に暴飲。
年が明けて、日本から友達が遊びに来てくれたので、これまた浮かれて毎日暴飲。
あらー?何これー?。ズボンが張り詰めています。
私は先ず腰周りと太ももにくるんです。
1ヶ月で3KGも太っています。
そんな年頃なんだなと感動を持って納得。
ズボンが破けたらいけないので、先ずワインを飲まないでみました。
翌日1KG減っています。オー楽しい。
2日目も飲まないでみました。500グラム減っています。
なんだ簡単に落ちるわ、と気を良くした所で例のギャレット デ ロワを続けざまに食べてしまいました。(1月9日のそら豆サロン参照)
 
1つ目はピエール エルメ様のイスパナ ギャレット。
ライチやフランボワーズ、バラなどが入っている邪道ギャレット。
一緒に寝たくなるような美味しさ.
ピカピカのピンクの色を輝かせていたギャレットを見た瞬間、ウッヒョーと飛び掛ったので、写真無し。
さすが王冠まで違います。
 
 
 
2つ目は近所に数年前できて、おばちゃん達のランチやお茶に人気のある アールマカロンというお店のギャレット。
ホテル ジョルジュサンクのお菓子担当で、2004年にフランスデザートコンクールで優勝した マチュー マンダールさんのギャレットです。
次の日に食べてもサクサクパイで、やっぱパン屋のとは訳が違うわ。と幸せでした。
 
これにも理性無く飛び掛ったので、写真無し。
王冠はそこらのパン屋と同じ。
 
今年はフェーヴサロンにまで行ったのだからちょっと知ってます。
ピエール エルメ様のフェーヴ。
かわいかない。意味不明。
気取ったチョコレート屋、お菓子屋はどこも独自のフェーヴを毎年作ります。
6つぐらいのその年のシリーズセットで100€近くします。
ラデュレなんかはいつもかわいらしい嬢ちゃん的なフェーヴです。
 
 
アートマカロンなので、フェーヴも技も無く無難にマカロン。
これは1€位でその辺で買えるかな。
 
 
 
 
 
ギャレットを暴食したので、ワイン無し!というように調節してみたら今のところ2KGは減っています。
後1KGはギャレット無し、ワイン無しをすれば取れるんだろうか?
要は悪の根源はワインって事か。
悲しい。

コメント

  1. うるせいオヤジ より:

    最近じゃ「パンツ」というのが普通で「ズボン」や「スラックス」というのはあまり聞きませんぜ。昔は「アラ、パンツをはいてくれば良かった」なんていう台詞に耳が立ったという話ですが・・・。
    そうそう、オヤジ族って言うやつは妄想のかたまりみたいなもんですから要注意ってとこです。なんてたって、天井の節穴見たって・・・という有名な話があるんですから。

  2. paris より:

    うるせいオヤジ様
    あれ、ズボンでなかったらなんて言うんでしたっけ?
    この辺りではパンタロンですが、日本語的にはもっとおかしいでしょ?
    想像力豊かな方は何処で、どんな事で妄想をかき立てるか分かったもんじゃありませんね。

  3. うるせいオヤジ より:

    ギャハハハ、あーおかしい。あのですね、「ワイン」なんぞというものを飲んでいるからいけないのです。このオヤジは毎日毎晩「葡萄酒」というモノを飲んでいますぜ。それでも体重は最近減り続けてなんと70Kgを割ることが時々あります。174Cm で69~70って云うのはどうも理想的のようでっせ。
    それにですね、水をドンドン呑んで、トイレでジャンジャン出す。これに尽きます。食事は毎日きちんきちんと3食食べていまして、それも90%は我が家で手作りの食事です。結構よいモノを食ってます。甘いものはほとんど摂りませんな。フェーブ?ギャレット?それ何じゃいなってところですな。しっかし「ズボン」という言い方はなんか懐かしいというか「昔」って云う感じで、おまけにちょっと生々しい語感ですな。その上「腰周りと太もも」に来る?いやいやイメージしてしまいます。問題は友人が来る来ないではなく結局は食べ物でしょう。酒のせいにしないでください。私は酒の友ですから。ははは。