この10月最後の日曜日から日本との時差が8時間になりました。冬時間です。
そして学校は万聖節でヴァカンスです。
お盆なのできちんとした人は皆お墓参りの為故郷に帰る時なのに、エアーフランスのスッチー達はストライキをして彼らの思惑通り飛行機利用者に大迷惑をかけています。
季節柄、新聞に『葬儀屋も他の業界同様ペテン、詐欺だらけ、鴨にならない為に!』という注意事項が書いてありました。(面白いことにフランス語では、間抜けな感じは鴨ではなく鳩です。)
私としても、これからの人生で確実な一大イヴェントは葬式だろうから真剣に読んでみました。
いつぞや、106歳で大往生を果たしたおじいちゃんのお話をしましたが、その時私の友達である彼の娘と墓石屋とか、葬儀屋とかと関わったのですが、よくカラクリが分からなかったんです。なんだか先方の言いなりになるしかないような状況でした。
必ず、3,4件の葬儀屋から見積もりを取ること!
1300€から6100€ものヴァラエティーがあるそうです。
そんな時間的余裕があるのだろうか?気配があったら早めにあっちこっちで見積もり貰っておくか。
火葬というのは安上がりという常識があったそうですが、実際はそんなことはないそうです。
フランス人は、日本って人が死んだら焼いちゃうんだって? ゴミじゃあるまいに野蛮だわ,と体をぶるっとさせます。
日本からいらした方とお墓見学していて、本当にこの下に死んだ人をそのまま埋めてありますの?
えーえ、頭はこっち側ですよ。とお答えすると滅相も無いと体をぶるっとされます。
私は火葬でよーく焼いてもらって居間のテレヴィの上に置いておいてねと昔から頼んでいたのですが、テレヴィがこんな薄っぺらになっちゃってどうしたもんかと思案中です。
あんな、じめっとした、寒そうなお墓になんか入りたくない。テレヴィの上は暖かそうでよかったのに。
こちらの火葬は粉になるほどよーく焼きます。それでセーブル焼きかなんかの洒落た壷に入れてくれます。渡された壷は暖かいんです。
棺おけの内側を素敵な椅子の様にキャピトンなんかにする必要は無し!
遺体を直ぐ葬儀場の近くに輸送する必要は無し!
病院なり老人ホームなりで死んだ場合3日間は無料で遺体を保存してくれる。
自宅で死んだ場合はドライアイスで冷やして家に置いておいて良し!
死に化粧とは何をするのか内容を確認せよ!
ホルマリン注射など無用。
ローコストの葬式セット1790€というお得用もご用意してあります。とさ。
私は、焼かれている間にバッハのチェロ無伴奏を1から6まで弾いてもらって、焼きあがったら家の居間に置いてもらうというのが希望です。
 
 
一番お墓が繁盛している時です。