どないこっちゃ!って暑さになりました。猛暑です。パリでも30度、40度まで上がっている地方もあります。
あまりにも7月、8月が薄ら寒かったので皆、わーい夏だ!と喜んだんですが、いやいやここまで暑くならんでもとたじろいております。
何かで読んだ、、神様はとても寛大なので、頼みごとはめいっぱい聞いてくれるので、やたら神様に願い事をしてはいかん。という話を思い出しました。
私の家は基本は涼しいのですが、それでも昼間はよろい戸を閉めて太陽が入らないようにしておきます。夜よろい戸と窓を開けて涼しい空気を入れて冷やしておくというテクニックを使わなければならないほどです。
昨日遊びに行った友達の家は5階です。もうアパート自体ムワムワ暑くて、おまけに人は一杯、お酒も一杯で、とうとう私は死んでしまいました。
今日はげっそりで涼しい自分の家のソファーでじっと蘇るのを待っていました。
いい加減なフランスの天気予報によると、この猛暑は火曜日の朝7時まで続くそうです。
こういったところが本当に信用ならんところで、何故7時なんて言い切るんかね。
それで猛暑対策として。
私がしてるように、よろい戸を閉めて熱を入れない。
水を1日1.5リットル飲む。
暑い11時から21時までは外出を控える。(ならばいつ出かけるのか?)
ぬるま湯のシャワーを頻繁に浴びる。(仕事している人は?)
食べたくなくても普段どおりの食事をする。(そうめんなんてないもんね)
タイルの床を水浸しにする。などの忠告をしています。
今年は8月がラマダンなんです。イスラム教の戒律で、1ヶ月間の断食です。
日の出から日没の間、何も口にしてはいけません。唾もなるべく飲まないようにするほどだそうです。
断食時間カレンダーなんてのもあって、例えば、初日の8月1日は4時33分から21時34分まで、最終日の8月30日は5時30分から20時40分までの間飲まず食わずです。
夏のラマダンは日が長いし、暑いしでしんどい事でしょう。
私の八百屋はエジプト人で敬虔なるイスラム教徒、もうすっかり痩せちゃいました。
働いている人にとっては本当に難儀です。
バカンス中だったり働いていない人は、日没になるや否や食べられなくなっても日の出まで食べ続けます。
日が昇ったらお祈り済ませて夕方まで寝ちゃいます。夕方起きてお祈りしたりしてたらもう暗くなってまた宴会です。
お姉さん、お母さん、おばあちゃん、女の人が総出でご馳走を作ります。毎日作るのはいい加減いやになりますので、どこのレストランや食料品やなどもラマダン料理を売っています。
そんな地区を夕方通るとうっとりするよな匂いに包まれます。
それから蜂。お菓子に蜂蜜をたっぷり使うのでどこのお菓子のウインドウも蜂が群がっています。
甘ーい香ばしい匂いとミントのすっきりした匂いで充満している幸せな道。
imagesCAP9VGUVラマダンの食卓

お店で売っているラマダン料理