木曜日、女の人に言い寄っていた男と口論した際に押されて地下鉄の線路に落ちて感電死した方がいました。
即死だそうです。
高電圧危険!という注意書きは張ってあってあたしのお気に入りにの標識なんですが、即死するほどなんだと、今回はなんだかとっくり肝に銘じました。
時々押されて線路に落ちて重態、とかニュースは聞くので地下鉄のホームの際には立たないようにしているのですが、感電して即死というのはイメージになかったんです。
皆さんもどこに悪魔が潜んでいるか分かりませんので地下鉄を待つ時はイラチにホームから体を乗り出してまだーっと覗き込まないように気をつけてください。
ぽんっと押されたらお終いです。
この足の捩れ具合が好きなんです。
コピーした紙なので黄色い色相がうまく出ていません。うちでは冷蔵庫に張ってあります。
 
 
 
 
パッと見、気取って美しいパリですが、化粧が剥がれた明け方のねーさん的な所もたくさんあります。
最近は犬の飼い主は日本の善良な皆さんのように、ちゃんと愛犬の糞の始末をするようになったので、ずいぶんとのんきに道を歩けるようになりました。しかし道に捨ててあるゴミは結構目立ちます。
パリ市としては観光のお客様様なのでみっともないから綺麗にしましょうと、罰金制度を強化しました。
犬の糞知らん顔は35€の罰金。
これが一番の稼ぎ頭の罰金だそうですが現行犯を捕まえる人は何処にいるのでしょう?一度捕まって、色々聞いてみたいものです。
粗大ごみをその辺におっぽらかしたら35€の罰金。
粗大ごみは市役所に電話して取りに来てもらえます。
何日の早朝に行くから夜にアパートの前に出しておいてと言われます。
でも外に出すと引き取りのトラックが来る前に無くなっているのが普通です。
私もそんな具合にいろんな物を拾います。
それでも、死体でも包んだんかと思うようなマットレスや、茶色くなって、割れてる便器などはいくらなんでも誰も拾いませんのでほって置いては罰金です。
夜散歩していると、面白い物が落ちていたりするので楽しいです。本気の人はタクシー拾ってまで拾い物を運びます。
 
今の季節は暗くなる20時になるとエッフェル塔の電気が付きます。
このキラキラは1時間に1度とか時々です。
めいっぱい気張っているパリ。