パリの本性

日本在住の方には申し訳ないぐらい涼しいパリ。

イヤ本当を言うと寒いんです。

今週は毎日多かれ少なかれ雨です。パリだけでなくフランス全土、南仏まで雨、コルシカ島まで雨。

ヴァカンス最盛期だって言うのに。観光で遥々来た方々には心より謝ってしまいます。

最悪なのは、近所の国からキャンピングカーで来ている旅行者。もっと最悪はキャンプ族。

寒くて海は入れ無い、雨の中散歩も気が進ま無い、キャンプ地は何処も街から離れているからショッピングするところも無い、それぞれが寛げるスペースも無い。

皆、ありったけの物を着て、固まってトランプしたりしてひがな過ごしています。年寄りはいいけど子供達にとっては散々です。

フランス国内で真夏のヴァカンスを過ごす時はセーターは必需品です。例え昼間はガンガン太陽の日でも朝晩はひんやりしますので。

パリジェンヌの今の服装は薄手のコートにブーツ、首にスカーフも忘れません。

本来この辺りの天気なんてそんなものです。クーラーなんて見たことも聞いたことも無いような国だったんです。ここ何年かが異常で、コレが本当のパリの性格です。いつでもセーターとブーツはスタンバイしているのが本当です。

こんなお天気のパリで何するか?と思って誰もが思いつくのが、”美術館でも行くべ。”

 どこも混んでます。昨日オランジュリーの前をパスで通ったら大蛇のごとくうねうねと並んでいました。

散々並んで人の頭越しに背伸びして鑑賞して、やっと美術館を出てきたけどまだ雨降ってる。何処行くべ?もう並ぶのイヤ、人の頭も見たくない。という時にお勧め美術館。
セルニュシ美術館。

19世紀の銀行家セルヌスキ氏個人の極東の美術品コレクションが展示されています。

セルヌスキさんはイタリアの方です。イタリア革命の時にフランスに亡命し、銀行家として大成功。

日本や韓国、中国でもう好き放題に買い捲りました。
一番の見所の阿弥陀仏。

デカイです。東京の目黒の小さいお寺が火事になり、この仏像も外にほったらかされていました。行き場を失ったこの巨体をパリの銀行家が買ってくれました。

パリまで運ぶにもでか過ぎた為、一旦ばらして運んだそうです。

わたしなんか滅相も無いなんて思うんですが、仏像をバラバラにするということはよくあることなんでしょうか?

今では美術館にまでなってる個人のコレクションの持ち主は皆銀行家です。コレクションと共に興味深いのは、それら大金持ち達の邸宅を見られること。このあたりには他にもいくつかそんな美術館があります。
パリは8区、モンソー公園の周りです。

公園の入り口もご覧のように、お城でもあるんか?というデラックスさ。

この門を入って行くと公園に隣接してセルヌスキ美術館があります。

そりゃもうピリッと冷たーい感じの最高級住宅地。

私には一切用の無いところです。が、ここに在仏日本大使館があるんですよ。

何年に一回、領事館には何かしらの用があるもんで、あーめんどくさいと行かなければなりません。

その時はせっかく来たのだからと、その辺のそんな美術館へ行きます。

セルヌスキ美術館が素晴らしいのはタダだから。雨のパリ、行ってみて下さい。空いてます。
MUSEE CERNUSCHI
7 AVENUE VELASQUEZ 75008 PARIS

コメント

  1. パリ より:

    あ様
    いや、ブーツを履く夏はつまりません。

  2. より:

    超ただ者ですよ・・(笑)。
    たまたま読んでた雑誌に、廃仏毀釈の話題が載ってたもんですから、ついつい書いてしまいました。
    でも、ホントに暑いですね。フランスは涼しそうですが、うらやましいですよ。

  3. paris より:

    あ様
    おや、あさん歴史強いですね。こんな漢字ばかりの言葉がひょいと出てくるなんて、只者ではないですね。

  4. より:

    19世紀って、歴史を感じますね。
    明治維新の頃と言えば、廃仏毀釈等が行われて、日本の文化財の多くが失われた時期でもありますからね。
    仏像さんもフランスに来て、ある意味喜んでいるかもしれませんね・・。