『迷子の迷子の子猫ちゃん、あなたの。。。。。。いっぬのーおまわりさん。。。。』
この歌が常時私の頭の中にはあるんですが、特に『いっぬのー』のところは大きく息を吐き、力強く、元気よく歌います。(頭の中で)
おまわりさんを見れば自動的に歌っています。(頭の中で)
パリのおまわりさんは優しいです。観光客の女の子が道でも聞こうものなら、懇切丁寧、付いてくるんじゃないかの勢いで教えてくれます。
私はそんないい思いはしたことがなく、歩いていて歩き方がなっとらんと罰金取られそうになったぐらいです。
それは糞ババアのおまわりでした。
フランスでは、成人は身分証明書の携帯を義務とされています。手ぶらで歩く癖がある私は、その時も家の鍵とカードしか持ってなくて、そのこともブンブン叱られました。本物の糞ババア。
パリにはいろんな乗り物に乗っているおまわりさんがいます。
自分の好きな乗り物を選べるんだと思います。
ローラースケート部隊、マウンテンバイク部隊、馬部隊、スクーター部隊、オートバイク部隊、モーターボート部隊、ヘリコプター部隊など。
以前、5月16日のブログで警察博物館へ行った話しを書きましたが、その時警察の仕事の知らなかったことを色々発見したんですが、なぜか忘れました。
シャンゼリゼにいた馬部隊。観光客やあたしの写真撮影のポーズに忙しくて、この位置から殆ど移動していない。
 
 
 
ローラースケート部隊。彼らはとても楽しそうに仕事しています。毎金曜日の夜はパリスケート大会があって車を前面ストップさせてスケートの大群がパリを闊歩します。その先頭をかっこよく突っ走るのがスケート部隊のおまわりさん達です。
 
 
 
 
昨夜は、セーヌ川に浮かぶ、友達のぺ二ッシュでパーティーがありました。
ぺ二ッシュは元は砂や砂利や木などを運搬する平たい船で、それを改造して住んでいる人がいて、パリジャンが1度は憧れる生活です。
友達のぺニッシュはサン ルイ島の前の素敵なところに停泊しています。
観光船が通る度に結構揺れるので、おっとと、なんて飲みすぎた為でなく揺れの為によろけていると、こんなのなんでもないわよ、一番すっごいのがポリスのモーターボートが通った時よ、と言ってました。
音楽をガンガン流しているわけでもないし、大騒ぎしている訳でもないのに、パーティーの間、1時間ごとにパトカーが見回りに来ていました。
あたし達が何かヘマをやらかすんじゃないかという疑いの気持ちからなのか、私達の安全を守るための気持ちからなのか分かりませんが。
こうやって夜、おまわりさんは働いているんだと思いました。
座っている横を船が通るというのは楽しい。