以前お話した、大学入学資格試験バック(バカロレア)もすったもんだの挙句やっと終わりました。

近年のテクノロジーのお蔭で、不正行為もとどまるところを知らず、とうとうバックの理数系、数学の問題が1問インターネット上に試験前に流れてしまいました。

なーんだたった1問かとお思いでしょうが、全部で4問しか無いんですよ。

フランスでテストの時、配られた試験用紙を見ると、大きな紙に問題がちょこっと書いてあって、残っている広い白紙をうんたらこんたらと真っ黒に埋めていかねばなりません。

小学校でも算数の答えを出すのに、文書での説明が必要です。

だからフランス人は口が達者なんですえね。だって、だってって何でも言わなければいけない仕組みになっているんですから。

結局、数学の試験は、やり直すなんてとんでもないことなので、流れた1問の問題の採点はせず、その分の点数の配分を他の3問に分配して採点しました。

7月5日に結果が発表されました。

全体で去年より2ポイント高い76.8%の合格率です。合格者の70%前後が大学へ進学、20%前後がエリート校へ行くための予備校へ、10%前後が専門学校へ進みます。平均が20点満点の20点、要するに、全部満点という化け物が1人いました。

結果発表の日は、携帯がなって、『ヤー良かった、良かった!おめでとう』と嬉しさ満杯で答えているお母さん。『オメー、それで追試はいつだ?』と眉間をしわくちゃにしているお父さん、とか他所の家の事情が垣間見える日です。

バックが終わるや否や張り切り出てくるのが銀行です。

フランスの子供はいくら貧乏だといっても、高校卒業すれば、皆自分の銀行口座を持ちます。

人間、一度作った銀行口座って結構そのまま持ち続けるもんですよね。

私も未だに2つ位日本の銀行に口座があるようです。でもしょっちゅう、当時の銀行の名前とぐるぐる違う名前に変わるので、今ではさっぱり何処の銀行に行けばいいのか分からなくなりました。

で、この時期、フランスの銀行はバック合格者に向けてのキャンペーンで大わらわです。

例えばバックの成績で、『大変よろしい』の評価を貰った子には100€、『よろしい』の評価の子には60€、『まあまあよろしい』の評価の子には30€、をプレゼントするから口座を作って!ということをしています。

このプレゼントの額が銀行間の勝負です。他にオマケとして、携帯をあげるとか、車の保険を1年間タダにしてあげるとか、どこの銀行も若い顧客誘致に想像力を総動員して必死のパッチです。

バックが終わり晴れてバカンスに入った子供達、10月の大学の始業日まで、浮れポンチキに青春を楽しみます。

こういった時期は必要ってもんです。
新聞の広告。バック合格者発表の横に載っていました。