新学期がやっと回転し始めると学校の父兄会が行われます。昨日行ってきました。
18時30分から始まるのがうちの息子の学校の通常です。
先ず学年全員といっても3クラスですが、公会堂に集合します。
校長先生の脅しとか生徒の学業以外の学校生活担当の方の脅しとか延々1時間以上聞かせられます。
例えば、常に朝の8時半から5,6人の生徒が保健室の前で看護婦さんが来るのを待っているそうです。学校着くや否や病気になるとは如何に?朝登校する子供の様子を良く見るように!保健室は休憩所ではありませんです。
校内への出入りや学食の出入りに必ず生徒達は写真付きのバッチを持っています。
その大切なバッチをよく失くすそうで、地下鉄会社や近所のおまわりさんが学校に届けてくれることがしょっちゅうだそうです。特に男子生徒!だそうです。学校としては毎度すんません。と恥ずかしい思いをするそうです。
中学までは、お化粧は禁止、ミニスカートも禁止、ジョギングや穴あきジーンズやショートパンツや刑務所ルックやすっかりリラックスした格好は固くいけません!『ヴァカンス先じゃあありませんよ!』が決まり文句。みだらと学校が判断した格好で来た子は科学の時間に着る白衣を一日中着ていなければなりません。
勉強しなかったらどんだけペケな来年になるか散々聞かされ、ともかく親御さん方がしっかりしていただかねば。と激を飛ばして締めくくられ、それぞれの子供のクラス別の説明会へ送り込まれます。
あれあの子何組みなのかしら?と悩みながら階段を上がっていれば、顔見知りのお母さんが『今年はうちの子とお宅の子同じクラスね。』と教えてくれました。『そうねー。』と彼女の後を付いて行って無事息子のクラスに到着。もちろん女の子のお母さんです。『どーよお宅の息子は?』  『あかんですわ』   『あらそーうちの娘は良い子よー』  『ふーん』
各教科担当の先生が入れ替わり立ち代り現れて、どんなプログラムで勉強を進めていくか、とか課外授業の計画だとかぺらぺら説明します。
その一言一言一を必死のパッチてメモしている真面目母さん。ブーとして時計ばかり見ているイライラ父さん。ひそひそ話しを止めないおしゃべり婆あ達。
あたしの周りに座った4人は全員書くのも持っていなくて、唯一のあたしのボールペンを真ん中に置いて、奪い合いながらメモしていました。
電話する為に先生が話している最中に出て行っちゃう人もいるし、そんで違う先生が説明している最中に電話が終わったんだか、バタンと大きな音と共に戻ってきたりして。
この父兄会の間質問がバンバンでます。
それも大方くだらん質問ばかり、そーいった事は此処で聞くことでないだろうに。というえらく個人的な質問だったり、タコ!その事はもうさっき話しただろうに。とちっとも人の話を聞いていない人の質問だったり。
親が親なら、先生も先生でしゃべるわしゃべるわ。要点だけ言わんか、ともううんざり。お腹は空くし、硬い椅子でお尻は痛くなるし。
3人も子供のいる人はさぞかし大変なことでしょう。
取り合えず今年の分は終わった。