でぶ税

フランス人って小柄で、食いしん坊なくせにデブはいないわね、という評判でした。
ところが今じゃあ3人に1人がデブ又は大デブだそうです。
その傾向は若者、コンピューターやゲームが生活の中心で、ろくでもない物をつまんで、飲んでの生活をしている子達です。自業自得。
すっかり貧乏なフランス国としては、どっかでお金を作らねばと考え付いたのが、ソーダ税!本当はニューヨーク州のまねなんですがね。
人生にあってもなくてもいい甘い飲み物に対して課税することにしました。
課税することに対する相手が大企業なもんで、すったもんだしていてまだ何パーセントの課税率か決まっていませんが、2012年から開始されます。
フランスの消費税は19,6%です。水やノンアルコールの飲み物に対しては今は5,5%なのでこの税率が上がるわけです。
私は賛成!そげなもん飲まんでよい!と思いますので。
もっと大胆なことを思いついたのが、デンマーク。
『脂肪税』を作りました。
ひっ!と思わず二の腕やお腹の辺りをつかん、いくら取られるんだ!と誰しも思いますでしょう。
よく聞けば、悪玉コレステロールを増やす飽和脂肪酸を2、3%以上含む食品に対しての課税でした。
バター、チーズ、牛乳、肉、ピザなど、どれもヨーロッパ人に欠かせない食べ物です。
これは単に物価高ってことになり不満が爆発すると思います。
栄養専門家に寄ると、塩や砂糖の方がよっぽど体い悪いといっています。
ってことはそのうち、塩、砂糖という人間の必需品にまで大きな税金が掛かることになるのでしょうか?
だって国民の皆さんの健康を考えてのことです。という理由で課税してるんですから。
デンマークの平均寿命は78,8歳だそうです。あんな気象条件の国で立派なもんだと思うのですが、隣の国は79,3歳なんだからという意地が働いているようです。
肥満による病気に対する国民保険の出費が莫大なんだそうです。なのでフランスのソーダ税はいつでも赤字の社会保障へ行きます。
ハンガリーなんてポテトチップス税があるそうです。これはなんだかアホらしい。
何でも美味しい秋になりました。正当なものを幸せに食べて太るなら結構なことだと思います。
中国人のこのセンスにはいくら見ても呆れるばかり。
こげなもん食べて太るなんてとんでもない。
うんーんミャンミャン。

コメント

  1. paris より:

    うるせいオヤジ様
    律儀に一つ一つにコメント頂き、ありがとうございます。
    そのイタリアですがね、ここ何年も観光客があふれ返っていて、ヴェネッチアなんて人でできてる橋にみえますよ。
    とてもいかがわしい事に思いを寄せる余裕なんてありませんよ。
    そもそもヴェネッチアは、私にはおちおちしていられない街です。
    2人で絡み合って歩いていたら、すぐ水路に落っこちそうだし、生真面目に歩かないと、完全なる迷子になるんじゃないかとビクビクします。
    ユーローになってとてつもない物価高になったイタリアは、昔のようなイタリア人のあり方を許さないようで、にやけたイタリア人がフラフラしてることもなくなったなと感じます。
    この辺りのことはイタリア在住の方に真相を教えて頂きたいのもですが。
    どなたかいらっしゃいますかー?

  2. うるせいオヤジ より:

    ウギャーッ、またいつの間にか進んでいるんだから。三つまとめてコメント。
    だいたいこのオヤジはどこのマッポもだいっ嫌いです。特にデブのおばはん警官くらいこの世の中にあってはならないと考えます。あの権力をそのまま顔に刻み付けたような表情と、「何か悪いことやってんじゃないの?」といったような体から染み出てくる圧力。だから時に使ってみたくなるのです。旅行していてカメラとカメラバッグが盗まれたといって警察署に駆け込んで、そのレポートの写しをもらい、それでもって保険会社に申請し、カメラを新しく買い換えるなんてことをやったことがあります。その時は「一生懸命書けよ」と思いつつ、よしよしと思うのであります。だいたい映画を見ていても、多分現実もそうなのでしょうが、何かことが起きても警察というやつはいつも遅れてやってきます。なぜか、間抜けにみえてしかたありません。それがバイクや馬に乗っかっているのならまだしも、自転車ぁーっ?、ローラースケートォーッ?まあ世も末かと…。
    そそる街ナンバー2は絶対ベネツィアです。このオヤジの経験では絶対そうなります。あれほど官能的な街もありません。何と言っても窓の下に車ってヤツが走っていないことが大きい。たまにモーターボートの大きいのがブワーッとゆくことがあるけれどそれがまた良い。単身赴任でビジネスでゆくところじゃないし、男と女の密会の場所のような気がするね。秘め事っていう感じかな。大体ですね、淫らなことを考えなくなったらフランス人じゃないですし、女性に言い寄らなくなったらイタリア人じゃないし…。まあお互い様ってことでじょう。
    このブログのどこかに、ノートルダム寺院の前で、いつもジプシーのカモになっているアメリカ人のおばはんは、なぜかみんなデブでまるで冷蔵庫のような…云々と書かれていたのを憶えていますな。あれは大変良い比喩です。ほめてあげます。冷蔵庫なんて考えもつかないけれど、実にぴったりしています。その上どういうわけか砂糖の腐ったような甘酸っぱい匂いのするところなんかも冷蔵庫そのまま。デブになると何故いけないのか?1、高血圧=脳溢血のリスク、2、高血圧=心臓病のリスク、3、糖尿病のリスクがそれぞれ高まりみなこれらは死に直結しているからです。だからブログの写真のような甘甘のものを食べてリスクを高めるのはその人のご自由。だけどね、税金が高くなるのはごめんだね。それでなくとも充分以上に払っているのに、権力闘争ばっかりで国は何一つまともにやろうとしないではないですか。やっぱり世も末か…と。キフキフパリのブログをお読みあれとみんなに勧めなくては…。ではまた。