いくつになっても初体験というのはあるものです。今回の初体験はヨシキのコンサート。誘ってくれた友達に『何のコンサート?』と聞くと、『ヴァイオリンとヴィオラとチェロとピアノ』と言ったのでクラッシク以外疑う隙もなく行きました。会場へ着くと、しまった会場間違えた!とあせりました。変わった風体のお客さんがいます、しかし若者ばかりかと思えば、別に私が居ても場違いな感じではなく、雑多な感じだけれど、慣れ親しんでいるクラッシクコンサートの様子とはいかにも違う世界。
place medicien2ぎょっとしたのは、『お医者さん待機席』が設けられているんです。そのうちちゃんと女医さんが現れました。一体全体何が始まるの?
 
 
 
 
 
 
30分ぐらい遅れてコンサートが始まりました。登場したヨシキを見てびっくり、『チエちゃん!』私の友達にそっくりなんです。唯一大きく違うのは、チエちゃんは仕草がヨシキ見たくかわいくない事です。
ヨシキの音楽を聴いていて、日本の石鹸を思い出しました。日本には石鹸とかシャンプーとか無駄じゃない?と思うほど種類があって香りも色々あるけれど、根本に共通の絶対的香りがあるんです。
フランスでは、かいだ事がない香りです。日本に行くとその香りが充満しています。
yoshiki 019ヨシキの音楽も日本の絶対的香りを感じました。ドイツや東欧の方の音楽もものすごい独特性があると思いますが。これってその国民のDNAのなせる業なんでしょうね。
 
 
 
最後の曲になると観客一同大合唱です。もう口はぽっかり、目はまん丸になりました。
気の毒なほど音痴な人も感きわめて大声張り上げています。隣からボッボッと低い音が聞こえるので、横目で見てみると、オラウータンがいるではありませんか!目玉を飛び出させて良く見ると、髭もじゃもじゃで髪の毛と一体になってて、しかも人参色の毛で、背が妙に小さい男の人が恥ずかしそうに、でも目を潤ませて歌を口ずさんでいるんです。
ステージを去るヨシキの後姿を見て、再び知り合いが思い浮かびました。彼と初めて会った時怪我をして腕を吊っていたんです。膝か背中も痛めたんだな、というゆっくりと、その痛んでいるところを庇うような歩き方をしていました。しかし次に会った時は、うるさいほど元気ハツラツなのに同じ歩き方をしていたので、そういう歩き方の人だったようです。ヨシキもそんな歩き方をしていました。もうこうなったら、ヨシキは姿かたちはチエちゃん、歩き方はアントニオなのですっかり身近な人となりました。
おきばり、ヨシキ!