数あるパリのイヴェントの中でも、外したくないのがディー デーズ。デザイナーズ デーというデザインフェスティヴァルです。パリ市内至る所と郊外のパンタンという、驚くほど荒廃した感じの街にデンと建っているパンタンナショナルダンスセンターで開催されました。5月19日~25日までの開催期間中、近くを通りかかればいくつか寄ってみました。そうです常にプログラムを持って歩いていたのでこの辺で何かやってるはずという獣の勘を働かせるわけです。
edf 2EDF、フランス電気会社のエクスポジションスペース。場所柄,面白いランプが一杯。
ここで流していた、短編ヴィデオが最高に面白いんです。ゲラゲラ笑いながら6回繰り返して見ました。
D day's 038
 
エルメスも参加。訳分からん、竹と革で出来た剣玉みたいなのとか。。。
jean nouvel
 
 
 
一番裏切られたのが、世界のトップトップの建築家、ジャン ヌーヴェルのアトリエ。
デザイン学校の生徒の試作品かい?てな椅子。写真撮る気も失せました。これどーすんの?と聞くと、ぺらぺら説明してるんだけれど.
 
pantin5
狭い室内の洗濯物干しにしゅてきだな。
 
 
 
 
 
今年で13回目なので、私も何度か既にブログで書いていると思います。フランス人だけでなく、世界中のデザイナーが参加しています。若いデザイナーやデザイン学校も企業とタイアップして参加しているし、デザイナー達の発表の素晴らしい場です。文化、コミュニケーション省が率先してこういった機会を作っているフランスはまだまだいけてると思います。