今夜のメニュー

今夜はですね。『ねーねーお友達がやってるところだから、一緒に来てー』っと引っ張られるがまま着いたところが、アーティスト作成のオブジェやアクセサリーを売っているブティックの秋の新作発表会。
レアールという場所柄、若い!お客さんもアーティスト達もお店のオーナーも。
よって飲み物はビールときたもんだ。それもビンごとラッパ飲み。
ビールはダメなんです。ビール=馬から勢いよく放出されるモノ。という連想が働いて受け付けません。
あーた日本のビールなんてシャンパーニュのごとく繊細で高貴なお味だわよ。と夏に日本へ帰国する度に皆から力説されるんですがね。きっとその通りだと思いますが、獣の様に勘とか本能しか機能していないので、道理とか理屈がわからないんです。
このように、まるでオブジェのごとくビールが氷漬けされています。
 
 
 
 
 ;
な訳でさっさと横のワインバーに入ってやっとホッとしました。
6月終わりからずっと夏の間休業していた文化活動が元気に始まりました。
画廊やサロンのオープニングパーティー、発表会など盛んに始まります。招待券なくても入れるところもありますので、夜遅い夕食の前や早い夕食の後などパリのアカデミックな時間を見てみるのは楽しいです。それにこんな時のフランス人は皆優しいですし。

そんなこんなしていたらアッ言う間に10月になろうとしています。
今年で10回目を迎えるイヴェント『白夜』は10月1日と2日です。
暗くなってから朝まで、パリの至る所で何かやっています。『世界中のアーティストとの出会い、アートな体験』がテーマです。
大きくパリを4つの地区に分けています。
パリ市庁舎広場では大きなスクリーンでアーティストの作成したフィルムを流しています。あたしはちっとも分からないんです、ヴィデオアートというんですか?
9区のヌーヴェルアテン地区では、ESMODの学校で日本人のアベ サチコさんの紙切りのパフォーマンスがあります。なんでも途切れないでずーと紙を切り続けるそうです。忍耐力抜群のさすが日本人。
モンマルトル地区では500本の蝋燭で、ガリレイが1611年にローマで見た天体の様子と、2111年の天体の様子を再現するそうです。
あとはピガール地区。よくわからん映像があちゃらこちゃら。
『白夜』は暗いので映像を建物の壁に映すというのが主流ですが、妄想的でやっぱりパリっていかしてんなと改めて感心させられます。
何年か前の『白夜』の日。モンパルナスタワーの広場で天に向けの強烈なライトを点けるというパフォーマンスをしました。
まるで神様に会いに行くトンネルみたいで、首が元に戻らなくなるほど見上げていたんです。
日本の友達にその話をしたら。
日本でそのライトの使い道はラブホテルの空き状況を知らせる為にあるんだぜ!ライトがついていたら空き部屋あり。田んぼの中でもそのライト目指して行けば無駄な時間や気まずい時間を使わなくてすむぜ。
ほんとう日本人は面白い!

コメント

  1. paris より:

    うるせいオヤジ様
    本当にこげなことをよくご存知で。土踏まずのワインですね。何の役に立つんだか分かりませんが、覚えておきます。ありがとうございました。

  2. うるせいオヤジ より:

    いやはや、ここのところの忙しさは並大抵のことではなかった。うるせいオヤジとしては早く返事を書きたかったのであるが…。
    その水割りという荒業にも負けない葡萄酒は…、そうなかなかお察しの良いことで、ほめてあげます。イタリア半島はヒールの高いブーツのような形をしていますね。そして三角形のボールを蹴っているようでもある(シシリーのこと)。そのつま先側がカラブリアといい、ヒールのほうがプーリアといいますな。中間の土踏まずのところにタラントという街があります。古代、この地域はギリシャの植民地で、言語もイタリアよりもギリシャの影響のほうが強い。で、この地方で取れる葡萄酒が荒業にも耐えられる、しっかりと濃い一件なのであります。文献を調べる暇がなかったので何という銘柄であったかはチト記憶にございません。あしからず。タラントに行って「これこれの…」といえば「ホウ。しっとるね!」といわれます。パリからは地続きですので今度行って見てください。ビールなどはあまり飲まずに貴族的にいきたいものですな。ではまた。末永くよろしく。

  3. paris より:

    うるせいオヤジ様
    こんにちわ、初コメントありがとうございます。
    ベンハーとか言われても、私の生まれる前の古い映画をいきなり持ち出されても付いて行けませんよ。
    ポンペイの遺跡でもワインバーがあるんだからイタリア産のワイン!いや松脂味のギリシャ産か?返信したんだから教えて下さい。
    今後とも末永く仲良くお願いいたします。

  4. うるせいオヤジ より:

    はじめまして。うるせいオヤジです。今度からガンガン言ってみたいと思ってます。
    そう、ビール派は放っておいて結構です。あなたの言うとおり馬の・・・から云々というのは当たっています。全くそのとおりです。知ってますか?ビールってヤツはローマの時代から奴隷の飲みものだったのですよ。では貴族や上流階級はなにを飲んでいたか?皆さん知ってますよね?例えば「ベンハー」というハリウッド映画でも、主演のチャールトン・ヘストンが冒頭、ローマ軍の高級将校として一日の行軍を終わって、テントの中で奴隷から水とタオルのサービスを受けた後、何か飲んだでしょ?あれは何だったのだろうかと長い間疑問に思っていたのですが、ようやく突き止めました。あれはなんと葡萄酒だったのです。それも水で割った葡萄酒です。言ってみれば葡萄酒の水割りです。貴族や上流階級はあれを飲んでいたのです。ビールなんていうのは、それこそ邦子さんの言うとおり「ケッ!馬の・・・がっ」といわなければなりません。それでは水割りにたえられる葡萄酒ってあるのだろうか、と思うでしょ?それがあるのですね。残念ながらフランスの葡萄酒ではありません。それは・・・、教えて欲しかったら返信してね。ではまたウルセイオヤジより。