ちょうどエッフェル塔とセーヌ川が綺麗に見えるビーアッケム橋を渡っていたら、来るは来るは、次から次からリムジンが到着、新郎新婦の写真撮影です。
友達達も皆車でブカブカ喜びのクラクションを鳴らしながら付いて来るので、何事かの大騒ぎ。
925 010パリの人とて、フォトジェニックなパリをバックに結婚記念写真の撮影会をします。新郎新婦自体、誠に普通な感じでも、エッフェル塔なんぞをバックに撮った写真は映画スターのようになるという摩訶不思議なパリです。
925 009
6月にもなると、週末の朝窓を開けておくと、『よかった!よかった!』と聞こえるような結婚式の為の教会の鐘がよく聞こえます。フランスでも6月は結婚の季節です。
 
 
 
最近、フランスも同姓でも結婚できるという法律が決まりました。何故そんなに結婚にゲイの彼らはこだわるかといいますと。エイズなどでゲイがパタパタ亡くなった時代、残されたパートナーは、それまで一緒に住んでいたアパートに住む権利がなくなり、身一つでおん出されたというパターンが多々起こりました。残されたパートナーには何一つ相続する権利がなかったからです。これが一番大きな理由で、確固とした結婚というステータスが欲しかった訳です。
めでたく、同性結婚OKが法律で決まったにもかかわらず、スペインに近いバスク地方のとある市長は、『うんんにゃあ、わしはゲイの結婚は受け付けん』と拒否しました。これが正しくフランス人の性格です。法律で決まったことでもイヤだと拒否する人が必ず出てくるんです。この市長、訴えられたら、5年の刑務所暮らしと75,000€の罰金が科せられます。
925 012法律が決まり早速出た、ゲイの町マレ地区のケータリング屋の広告。
 
 
 
 
 
フランスでは、18歳以上が結婚できる年齢です。先ず市役所に書類を提出したら、この二人が結婚するけど、異議のある人は申し出る事、と10日間市役所の掲示板に張り出されます。時代劇なんかに、これは去年家を出て行ったうちの亭主じゃないか!と怒鳴り込みにいくおかみさんの場面なんかがありますが、そういったことを防ぐ為です。
今のフランス人の平均結婚年齢は男31、8歳 、女30歳、結婚は益々減り、離婚は益々増えているそうです。54%の離婚率。
まあ離婚したからって、そのまま一人で居るようなフランス人ではありませんが。
日本では最近、結婚式の前や後にも記念撮影をするそうですね。是非パリで孫の代まで自慢できるアルバムを作りましょうよ。
ご相談はキフキフパリまで。

あなただけのパリ専用ガイド キフキフ・パリ