925 002ブログでも書きましたが13日の日曜日はホモの結婚反対!デモでしたが、この27日の日曜日はホモの結婚賛成!のデモがありました。警察の計算では125,000人、主催者側の計算では400,000人がデモに参加したことになっています。
 
 
いつもの事ながらあまりの数字の隔たりの大きさに人の言う事は信用しないという心構えがしっかり出来上がります。
賛成デモの先頭を切ったのが、亡きイヴ サンローランの恋人ピエール ベルジェ、ホモのパリ市長ベルトロン ドゥラノエ、他にも大統領の側近達です。若い子達も目立ちました。うちの息子の友達達も参加したそうです。彼らにとっては先端の進んだ考え、オサレな考え、と同調し、お祭り騒ぎに便乗して楽しんだというのが本当のところだと思いますが。
国会できっと『誰でも結婚出きる法』は可決する事だと思います。
それにしてもなんだか変だなと思うのは、合法になって子供貰ってよしとなったとしても、フランスで養子を取る子供の4分の3は外国からです。その養子を出す国の殆どはホモのカップルに養子を出す事を禁じています。禁止されていない国はブラジルと南アフリカだけ。
フランスでは代理母は3年の刑に罰せられます。大枚はたいてアメリカで代理母を頼む、又は半額のロシアやインドで代理母を雇うことも可能ですが、子供はフランス国籍を貰えません。
何が何でも子供が欲しい場合、フランスのゲイがどっかの国の卵子を買ってきてインドの代理母のお腹に植えつけるなんて事もするそうです。
又は、ゲイカップルそれぞれの精子を2つの卵子に注入して代理母のお腹に入れて双子を作ることも出来るそうです。
難儀なことです。そこへいくとレズはずっと簡単です。
テレヴィに出てきたのは眼鏡かけて、どてっとした感じの冴えないオランダ人男性。なんと96人子供が居るそうです。今も仕込んでいる最中だから100人も目前です。ネットで宣伝して精子を提供しているそうです。精子の提供方法は通常の男と女の方法と、男はどうしても受け付けないのという女性に関しては肉体の接触無しで精子を注入するそうです。泊りがけで自宅に来てもらって、夜1回、念のため翌朝も1回試みるそうです。なんかこの人得しているみたいだけど、見事身ごもったレズカップルも幸福になるんだから八方円満。
同性結婚が合法になったからって、皆が皆子供を欲しがる事もないでしょうし、ホモカップルが子供を持つのは簡単な事ではないので、たいして変わる事はないのかな?
私としては、子供が絡むのが反対であって、他のことはどうでも良いんですけどね。