前回のブログの続き。
パリの学生街、カルチェラタンのど真ん中にあるイタリア文化センター。
しっかり目を開けて、まん前を通っても気がつかないような地味ーいなたたずまい。
25年前から館長を務めるアントニオに、『イタリアの旗でも立てときゃ良いのに』と
言った事があります。言われたアントニオ、苦ーい顔して『イタリア人はナショナリストじゃないんだよ。僕達国旗なんか嫌いだよ。』
ヘッ?
シシリアの血も混ざっているナポリ出身のアントニオは、北のイアタリア人とは断固同じ人種ではない!と決めています。
小さい島で混じりっ気がほとんど無い純粋日本人ばかり皆仲良く住んでいる我々には
計り知れない執念があるようです。
『北と南じゃ言葉も習慣も全然違うんだから、イタリア人って一括りにはできないよ。北の人間が南の事何て言ってるか知ってる?火山が噴火して埋まっちまえ、とかドカンと地震がきて南なんて全ー部潰れちまえ。なんて意地悪言ってるんだから。』と一人プンプンしてます。
愛国心が薄い、これはもしかして南北の確執だけでなく、以前も話した戦争の負け組みの共通なトラウマでもあるのかしら、とも思いました。
パリには色々な国の文化センターがあります。日本文化会館なんてエッフェル塔に近い、セーヌ川に沿ったところに立派な建物を構えています。
催し物も大変充実しています。私もよく公演会や展覧会へ行きます。
アントニオのイタリア文化センターはこじんまりしていますが、ユニークな催し物を企画しています。
先日の『地中海の未来』もかなりマニアックな内要でした。
それでもパリに住むイタリア人達の憩いの場になっているようで、チャオーと口々に賑やかに人々が集まります。
とてもアットホームな感じです。彼らがガーガー話すイタリア語を耳にしているだけでも心地いい時間を過ごせます。
それにしても、何故イタリア女は皆ガラガラ声なんでしょうか?生まれてからずっとしゃべり通しだから?
日本大好きアントニオ、7月4日から日本へヴァカンスに行くそうです。
どなたか遊んであげて下さい。
 
 
 
 
 
 
パリに旅行に来たけどイタリアにも行きたかったの。と言う方、アントニオのイタリア文化センターへ遊びに行くとイタリアになります。
CENTRE CULTUREL ITALIEN
4 RUE DES PRETRES SAINT-SEVERIN 75005 PARIS