パリに来る人々色々

パリとその近郊では、1年中見本市をやっています。
その中で、今開催している恒例の『秋のサロン』に偵察に行ってきました。
別に『秋』という季節に因んだ物の展示会ではなく、ただ秋にやるから『秋のサロン』って名前です。
でなもんで何でもかんでもあります。
探し物があったので、斜め上方を、丁度口がぽっかり開いちゃう角度をきょろきょろしながら歩いていたら、直ぐに皺伸ばしのクリームを売っているおばさんにとっ捕まりました。
強引です。腕を掴んで離しません。
あたしの顔見て大きくため息つきながら、このクリーム使わなきゃ。
ぶらぶら説明しながらあたしの両腕を使ってデモンストレーションをしていました。
『どーよどーよいいでしょ!』なんていちいち確認取りながら。
『いい感じね、じゃあ友達も呼んでくるね』なんて気弱な言い逃れをして、おばさんの手から逃れてきました。
と、10歩も歩かないうちに人の顔をずーと見て、首をふりふりしている違う皺伸ばしクリームおばさんがあたしの肩を抱きかかえます。
さっきの物とほぼ同じ。言ってる御託も同じ。
ヒッ!又元の所に戻っちゃったのかしらと恐ろしくなりました。
『あんたの顔は皺くちゃだらけー』と皆に指差されている悪夢を見ているようでした。
帰りの地下鉄の中で読んでいた新聞に、パリとパリ近郊を訪れた人数は2011年も相変らず上昇し続けているそうです。
その中でも75%がフランス国内から上京してきた人達。
都観光、或いは出張に来てアヴァンチュールを楽しむビジネスマン。そしてこのようにサロンの出展者やサロン見学の為にパリに来る人の数も馬鹿になりません。
パリ、その近郊地域観光委員会は、それでも能天気にはしていません。
もう来年のことを心配しています。
なんてったって憎っくきロンドンでオリンピックが開催されます。
皆ロンドンへ行っちゃいます。
パリが2012年のオリンピック開催地として有力だったのに、まんまとロンドンに負けてしまったときのフランス人の悔しがり様は、幼稚園児でした。
『ロンドンだけはイヤ!許せない』  とか  『ロンドンはずるした!』  とか。。。。
それで、委員会としては、新幹線で4時間半以内でパリに来られる人にターゲットを当て、電車+ホテル=2人目の電車賃はただ。とかレストランのメニューを頼んだら2人目は半額とかのパッケージを用意するそうです。
フランスの田舎から上京してきても親戚のうちや友達のうちに泊まって、ホテルもレストランも使わない人に何とかお金を使わせようという魂胆もあります。
見本市に出展している人たちはフランス国内からだけではありません。
奥さんチョコレートはお好き?とでっかいいかにも不味そうなチョコレートを差し出してきた人はイタリアのお方。
最初の皺伸ばしおばさんは、イスラエルのお方。
等など、こおいった人たちもホテルに泊まって、レストランで食事してと1週間パリに滞在してくれれば、観光委員会としてはウハウハです。
見本市も大切な観光資源となります。

コメント

  1. paris より:

    うるせいオヤジ様
    確かに、パリは相当な気取りやですね。
    ここが、大好きと大嫌いの分かれ目でしょうか?
    パリが嫌いな人はカリフォルニアなんかがお気に入りなのでしょうかね。

  2. うるせいオヤジ より:

    ウーム、可愛いから来るなんていうところを見ると、随分な自信かさもなければ厚顔無恥か(前回のはなしですが)。それはさておき「気取る」ということはとても難しいことです。これは持って生まれた素養と、確かな裏付けがないと出来ません。この一方でも不足している人がやるとまるっきり猿になります。日本のある有名作家が「パリは嫌いだ。どこでも何でも気取っていやがる」といってましたが、多分「気取る」ための素養がなかったのでしょう。このオヤジもキチンと気取ることは必要であると考えます。そして好きでもあります。年取ったオヤジが少しの気取りもなかったら、全くの産業廃棄物でっせ。背筋をキチンと伸ばして貴族的に生きたいじゃあないですか。どーよ!!!