パリのプチパレ、若冲展

昨日、バスで帰ろうとプチパレの前を通ったら誰も人が居なくて、もしや若冲を独り占めできるのかしらと、ふらりと階段を登って行きました。チケット売り場には、行列用に七曲りにロープが張ってあるところを見ると、やはり若冲は話題沸騰になったようです。 初日に見た私は、フランス人の友達に会えば、”JAKUCHU...

ヴィクトル ユーゴ パリを救う!

日本のゆとり教育の真っ最中だった甥がパリに来た時、彼のぼんやりした頭を急き立てるようにあちゃらこちゃら連れまわしていたある日、ほれここがヴィクトル ユーゴが住んでいた所よ、とマレ地区のヴォ―ジュ広場の回廊を歩きながら誇らしげに話しても反応なし。なんとヴィクトル ユーゴを知らないと告白しました。アイヤーァ。 軍人の父を持つ厳格な家のぼんであったヴィクトル ユーゴは19世紀のフランスを代表する文豪であり政治家でもありました。”ノートルダムのせむし男” ”ミゼラーブル”というミュージカルにもなっている小説といえばピンとくるかと思います。...

パリ造幣局でフェミニズムを考える

パリの造幣局、何と9世紀から今に至っても操業している最古の政府機関です。オサレ地区サン ジェルマン デ プレにも近いセーヌ河沿いにある18世紀のでんとした館がそれです。 お金なんて造る硬くて、古臭い場所という造幣局に対する偏見を払しょくさせられる大変身を遂げ、現代アートを次々に紹介しています。 3つ星レストラン ギー サヴォワも呼んで、アートにグルメと人受けする空間を作りました。       近くを通ると、そやそやと覗いてみるのですが、先日も最終日の「WOMEN...

エクトール ギマール

9月から始まったギマールのメザラ邸の一般公開。絶対絶対行かねば、と心に刻んだものの、週末のみなので中々時間が取れず、その内すっかり忘れてしまっていたのが、たまたま近くを通ってもメザラ邸の前に来てポスターが貼ってあり、アラ何かしらと読むまで思い出さなかったという重症さでした。大変大変明日までじゃないの。 翌日、気軽にのんびり夕方に行ってみりゃ行列を作っています。後ろに並んだマダムが”だ~れもいないと思って来たのに”と言ったのを、私も、私の前に並んでいたマダムも同時に振り返り、”私もそう思った”と合唱しました。  ...

香水物語

先日香水好きのお客様をご案内したのが、その名もずばりNOSE.世界中からの50以上のブランド、500種類の香水、1500本の商品の中から、お好みの香水を選び出して差し上げますというコンセプトです。...

マレ地区、ギャラリー巡り

”マレ地区”って聞こえは良いですよね。17世紀にアンリ4世が美しきヴォ―ジュ広場を造ってマレ地区=沼地が大きく変貌し、息子のルイ13世の時代になると貴族達の流行の地区となり次々に今でも残る貴族の館が建てられました。 その内,移り気な貴族達はマレ地区はもう古いと、新しく流行りだしたサン ジェルマン デ プレの方に引っ越して行き、あれよあれよとマレ地区は陰となりました。 18世紀のフランス革命で、その貴族の館は没収され、職人達の工房や商店となり、すっかり様変わりをしたマレ地区。...