幸せになろう

幸せさん世界一は相変わらず北欧の国が占めているのは一体何故?と常々思います。
2019年はフィンランドが一番幸せさん。森があって、サウナがあって、家族が一緒に過ごす時間が沢山あって、ってことが人間に幸せを感じさせるのでしょうか。それともあまり欲がないという事か?
日本は58番目、フランスは35番目にランキングされています。フランス人の半分は幸せだわ、と感じているそうです。
フランス人というかパリジャンが、あ~幸せ!と感じる時と私も同感な点は、
ホームに着くと同時に地下鉄が来た時
早朝清々しいパリを歩く時
真新しいシーツに寝る時
本の香りを嗅いだ時
朝目が覚めて、今日は何も用がないと分かった時
テラスで一杯飲んでいる時に太陽が顔に当たる時
パン屋の前を通って焼きたてのパンの香りを嗅いだ時
やるべきリストに線を引いていく時
雨の日、暖かい家の中に居られる時
等々、こんな些細な事で一々幸せを感じて行かなければやっていけない世の中です。
アメリカでは、クァドゥル パーティーなるものがあって、参加者達が合意の下で抱きしめ合う会があるそうです。1時間70€也。抱きしめ合う事で幸せホルモンがジョワジョワ出るそうです。私は70€貰ってもノー サンキューだわ。
ヴァカンスに出れば、たとえ海辺で大雨に降られようが、スキー場でカンカン天気になろうが超ご機嫌になるフランス人。このイースターのお休みは、3人に1人と例年以上に出かけるフランス人が多く、国内だけでなく、太陽を求めてリスボン、マドリッド、ローマ辺りが人気だそうです。
近所のパン屋も1週間休んでいたと思ったら、こんがり日に焼けて戻ってきました。
10日間ぽっちの休みをどう過ごしていいか分からないなんて言わず、何にもしないという事にも幸せを感じるアンテナが58番目の日本人には必要なのではないでしょうかね。
ヴァカンスとは空白とか無為ということなんですから。

イラつかせるパリジャン

パリの地下鉄に乗っててチッとするのは、
まだ人が降りていないのに我先に乗り込んでくる奴等。
又はドアが閉まりそうになるまでのったりのったり降りてくる奴等。
3人席の所に広がって座って、前に人が立っても詰めようとしない奴等。
イヤホーンから大音響を漏らしている奴等。
スマートフォンで永遠のおしゃべりをしている奴等。
臭い奴等。
混んでいるのに、折り畳み椅子に座っている奴等。
エスカレーターで左に立って、行くてを塞いでいる奴等。
昼食後の腹ごなしの散歩をしているような速度で歩いている奴等。
こんな場面で一々毎日キッとしているのですが、パリジャンをイラつかせるリストという記事を読んだらこの殆どが載っていました。
日本では、ホームにきれ~に列を作って、降りる人、乗る人の美しいハーモニーがあります。
車内どころか道ででもスマートフォンで話している人は見かけません。
日本で臭い人はいないのですが、皆同じ匂いというのはどういった訳なんでしょう。
日本で電車に乗ってへッと思ったのは、若い人が率先して席に座る事。パリでは高校生位迄殆ど席に座ることはなく、座ってても直ぐに私の様なおばちゃんに譲ります。日本の子供達はそんなに疲れているのでしょうか?
こういう両国の違いが面白い。
 
 
 
 
 
 
 

帰国 高松編

”帰国”と言っても、私の母が待ちに待ってる永遠の帰国ではなく、ほんの一瞬の帰国でした。
御用があって高松へパリから先ず到着しました。初めての地です。
どんなところか調べて初めて、香川県、瀬戸内海、うどん、瀬戸大橋、金毘羅山、そして直島というキーワードを見つけ本当にびっくりしました。直島のエクスポジションを何年か前にボン マルシェで見てどげなところだろう?随分と遠い、ちょっとやそっとでは行かれない所と思っていました。なのに、ホテルの直ぐ横の波止場から1時間フェリーに乗ったらそこは直島。ホテルの部屋からも真っすぐに向こうに直島が見えるじゃないですか!
俄然元気が出て船の時間、島での移動手段など調べ始めたのですが、午前中しか時間が無く、車も無い私にはちと無理かしらと諦めました。あ~あ!もう2度とここに来ることはないだろうに、直島さんさようなら。
とっても静かな高松の夜は仕事関係の知り合いと居酒屋に居座っていました。暇そうなお店の兄さんに、直島ってどーよ?やっぱり良いとこ?午前中しか時間が無くても行ける?など未練たらしく直島にこだわって質問すると、あちらの方はガイドさんだから聞いてみたら、とカウンターの反対側に座っていた兄さんを紹介してくれたというか、強引にちょっとこっち来てよと呼び込みました。でかいビールジョッキーを抱えて素直にこっちに移ってきてくれたガイドさん。
物を口に入れる暇も無く質問攻めにされて参ったのか、”あのぉ~、僕明日休みなので、もし良かったら車出しましょうか?” とんでもない、そんな折角のお休みの日に、申し訳ないです。と一応大人っぽくご辞退申し上げたのですが、顔は正直にうんうん嬉し~ぃと出ていたようです。皆かなり飲んでいたので、翌朝覚えているのかなと不安になりながら約束の場所に行くと、すっきり爽やかな装いでガイドさんは待っていてくれました。
草間彌生のドット柄の直島行きフェリーは時間ピッタリに出航し時間ピッタリに直島に着きました。先ず直ぐ目に付くのが草間彌生の赤いカボチャ。う~んんんん。
車でクルリと島全体を回りました。風呂屋や家プロジェクトや黄色いカボチャなどのインスタレーションなども見たんですけれどもね。なんか違うんだな。
ずっと、う~んんんん~んと唸っている私の様子にタジタジしちゃってるガイドさん。
2時間の直島滞在中、唸ってばかりの私。
 
 
何があんなに世界中の人を引き付けているのか分からない私はあんぽんたん?
ともかくガイドさんのお陰で行けたことに最大の感謝をしています。
結局、地元の方達のお陰でキーワード全てを制覇しました。うどんなど、グイグイ山の中の竹林の中にある、かぐや姫の家みたいな小汚い素敵なうどん屋で、1杯200円と言われても、はっ?2000円?なんだって?いくらだって?と頭が混乱する値段にこれまた感動しました。
それにしても地元民のうどんの食べるのの早い事早い事。私なんかがあのぶっとい讃岐うどんを3本食べているうちにもう食べ終わっているんですから。
全てが上手く行き、皆が幸せになって、思い出が一杯出来た高松。ありがとうございました。