思い出の作り方

ポンピドゥーセンターの裏の裏の方を風に吹っ飛ばされながら歩いていたんです。
本当に何かに捕まらなければ転がらされそうな突風が吹いた時に、口を開けている様なパッサージュの入り口があったので非難しました。
風に掻き回された髪の毛をどかして目を開けてみると、変なパッサージュ!
長屋の裏道にお邪魔したみたい。
キョロキョロキョロ。
何これ?!
手と足がウインドウに飾ってあります。????
よく見てみると、セバスチャン14ヶ月、クララ12時間とか書いてあります。?????
 
 
 
そこで、あたしの頭はスペインのマジョルカ島に飛んでいきます。
マジョルカ島の道の淵にあるショパンとジョルジュ サンドが住んだ地味な家です。
そこにショパンの手の石膏型が有りまして、華奢な手なんだな、病気持ちのピアニストの手の見本だわ!と思ったものです。
 
パリの9区にある、私もブログで紹介した、ミュウゼ ドゥ ラ ヴィ  ロマンティックというジョルジュ サンド縁の美術館にもショパンの手が展示してあります。
 
 
 
 
オルセー美術館のベートーヴェンのデスマスクも見ごたえ有ります。
墓地でもよくデスマスクを墓石に貼っ付けているのを見かけますが、
あれは怖い。
要するに、この突風に吹き飛ばされて発見した変なお店は石膏の型取り屋さんでした。
ブリジットさんという人が張り切っていて、産科病院まで駆けつけて、生まれて57分の赤ちゃんの手形を取るのに成功したり、変なことに熱くなってる人のようです。
ハリウッドの如く、有名人のお客さんも多いそうです。
子供なら、足でも手でも150€、大人は手250€、足300€。
私が覗いてた時は、おじいさんが手を作ってもらっていたので、てっきり接骨医かと思いました。
新婚旅行の方だったら2人で繋いだ手を作ってもらったら素敵だな。
日本人ってこういう思い出の残し方するんでしたっけ?
初めて切った髪の毛を取っておいたり、手形取ったりしてフランス人は思いでを取っておきます。
日本人はへその緒を取っておくか。
それも不気味だわ。
DES PIEDS ET DES MAINS
22 PASSAGE MOLIERE 75003 PARIS

コメント

  1. paris より:

    うるせいオヤジ様
    それにしても、あたしのブログに『そうそうー。』と打てば響くようなうるせいオヤジさんの反応は、おや私ら一緒に住んだ事あったのかしら?とふと不安になるほどです。

  2. うるせいオヤジ より:

    ご無沙汰しました。この前のお話で20年か25年に一度、建物の外壁を専門の業者に洗ってもらう云々というコメントがあって、へーっそんなことになってんだ、と感心し、このオヤジが昔々パリにいたころ初めて町中の外壁という外壁が、洗われ始めたのを思い出しました。何しろ初めてパリに着いたときから「この街って真っ黒な色してるんだな」という印象で、1年後に足場とカバーが取り去られて、石造りの建物の外壁が白っぽいきれいなベージュ色になったときはなんだか別の街に来たような不思議な新鮮さを憶えたものです。それが今では義務化していてなおかつ住民に払わせているなんて、パリはなんと近代化してしまったことか驚きかつあきれる思いでした。まあそうは言ってもあの白さは華やかではありますが。
    さてショパンの手をワルシャワのショパン博物館で見て以来、あの小さい手でどうしてあの曲が弾けるのか誠に天才というヤツは隅に置けないものだとひそかに感じいっているのですが、キフキフのブログでジョルジュサンドと一緒に話に出てくるとはね。確かバンドーム広場のリッツの向かい側あたりに「ここにショパンが住んでました」とか云う記念盤が貼り付けられていましたっけ。それにしても石膏の型取り屋さんととはね、さすがパリ。今度連れて行ってくださいね。