フランス全体夏日です。
25日から夏時間になったので、日もぐっと長くなりました。
南の方では海水浴しています。パリでも女の子達はかわいらしいミニのワンピースにサンダルです。
フランス人は、昨日コート着ていても翌日直ぐ半袖が出てくるんです。
衣替えと言うめんどい事をしないからです。箪笥の奥と手前で夏物、冬物の配置が変わるぐらいです。
そもそも、この温暖化の為か一年中同じ洋服を着ていられるような気がします。
秋になれば、半袖Tシャツの上に薄手のセーターを着て、冬になればその上にコートを着る。春からはそれを上からはずしていけばいいのですから。この辺りなら真夏でもセーターやジャケットを羽織ることがありますし。
な訳で、用がなくても皆外に出て来ています。
公園の椅子は満席です。
皆顔を太陽に向けて人間ひまわり畑のようです。
日本のお嬢さん方が見たら卒倒する事でしょう。
しかし、何ヶ月も太陽にそっぽを向かれていると、やっと出てきた太陽を拝みたくなるんですわ。コレは心身が切に求めているので、健康の為です。
季節的に観光客も増えてきました、日本から来た制服を着た修学旅行の団体も良く見かけます。まぁ小学生の修学旅行もパリまで来るんだね。と感心していたら高校生だと言われました。
ノートルダム大聖堂の辺りも大混雑、キャフェも一杯、人間佃煮状態。頭が痛くなります。
ケッ!と休憩場所を探していて思い出したのが、ブルーマンの病院。6月3日のブログでお話した恐ろしい像がある病院のお庭。
ノートルダム大聖堂の横にあって、綺麗だし病院のお庭なので人が殆どいなくお葬式のように静かです。小鳥の声がチュンチュンうるさいぐらいです。
そうーだそーだと勝手知ったる道順でお庭へ行ってみて魂消ました。

ブルーマンがすっかり違う人になっていました。
これまた一層不気味です。
インド人のような髪の毛を残してその上に肌色ペンキを塗ったのか、脳みそが丸見えのように見える頭部。
黄色い目も呪われそうでジッと見ていられません。
顔もかなり整形して鼻が異様に長くなっています。
 
 
 
 
 
ちっとも、クスッと笑えるようなジョークのセンスが感じられません、狂気が漂っています。
一体誰の作品なのさ?誰がコレをお庭に置いたら素敵だねと思ったんだか?