今日は27度などとたがが外れたようなパリです。
リュクサンブルグ公園を突っ切って用事を済ませ、再度公園内を横断してあちら側へと歩き始めました。
なんや知らんけど朝から体中が痛くて歩き方までだれーんとしていたら、すっぽり体がはまる、日光浴の為、皆が奪い合う椅子と目が会ってしまいました。
『ちょっと座ってらっしゃいなー』と言われ『じゃーほんの少しだけ』と椅子にはまり込むや否や目が勝手に閉じてしまって、どうやら寝てしまったようです。信じられないと目が覚めてぼんやりした頭でも大いに驚きました。
目覚めが非常に悪い私は、直ぐに起き上がれず、目も半分以上閉じたまま、あー外に居るのが気持ちがいい季節になったなー、素敵なテラスで白ワインって季節だなー。と益々ウットリとだれた気持ちでいながらも、頭の中ではあそこに、ここにとクールなテラスリストが出来上がっていきました。
これからのベストシーズンにパリにいらっしゃる皆様に是非お知らせせにゃと筆を執った次第です。
パリには他所の国から来た人達が羨ましがるように、キャフェが売るほどあります。
考えてみたら、ロンドンも気軽なキャフェってないな、ニューヨークなんてスターバックスしか無いし、マドリッドやローマはバールってヤツで洒落てないし、東京はガンガン騒がしいか、アホかと思うほど気取ってるのがいっぱいあるけど。
まぁそんなキャフェ天国のパリでも途方に暮れるほどキャフェが無いスポットがあります。或いはありすぎて何処にする?と迷う所。
お天気が良い時のパリのテラスというテーマでリストアップしてみます。
LE MINIPALAIS
AV WINSTON CHARCHILL 75008
グランパレの建物内ですが入り口はセーヌ川に近い横からです。
ここは最近新しくなって、ロブション変わって今の料理界のスター、エリック フレションが監督しています。
楽しいのが、5月1日から9月30日までテラスがアイスクリームバーになっています。雰囲気からして高級です。ハイソなパリだわー。
 
LCITE DE L’ARCHITECTURE ET DU PARTRIMOINE
1 PLACE DU TROCADERO 750116
トロカデロ広場の建築と国家遺産美術館の中.
チケットも買わず、ずんずん奥へ進みますと、キャフェがありその奥はテラスになっています。ここからエッフェル塔を独り占めできます。
絶対的なパリだわー。
 
 
LE SAUT DU LOUP
107 RUE DE RIVOLI 75001
装飾芸術美術館の中にあるキャフェですが、チュイルリ公園の中にテラスを出していて、ここだけ静かで秘密めいててウッヒヒーって感じ。
エッフェル塔、ルーブル美術館が左右に見られる。贅沢なパリだわー。
RALPH’S
173 BD ST-GERMAIN 75006
ラルフ ローレンのブティック内です。
中庭がクッションなんかも添えてあるゆったりしたテラスになっています。
ここは、レストランなので、ブランチやランチがお勧めです。
ラルフ ローレンってコロラドに牧場も持っててそこから送られてくるお肉を使っているそうです。
誰かんちの別荘の庭的なテラス。座っている人達もゴージャスです。
スノッブなパリだわー。
CAFE SUEDOIS
11 RUE DE PAYENNE 75003
ここの事は既にブログで書いたと思います。マレ地区のスエーデン文化会館の中庭。
門を入って、だっくりぼっくりな石畳の中庭を進むと、マレ地区の真ん中だというのにすっかりスエーデンになります。
金髪の三つ編み娘がスエーデンの素朴なケーキを切り分けてくれるような、気取らない、ホッとするキャフェです。
 
マレ地区は建物が建て込んでいるので日も当たらず湿った感じの所もあり、歩道も狭いのでキャフェのテラスに座っていても、組んだ足が歩いている人にぶつかったり、車の排気ガスをもろに吹っかけられたりあまり気持ちよくありません。
買い物三昧に疲れたらここのキャフェはゆっくりできます。
インターナショナルなパリだわー。
ここまで書いて、あらもう翌日の今日になってしまいました。
今日は朝からグレーです。雨も降ります。気温は昨日の熱を持ち越して,朝も昼も20度をキープ。
今日はもうテラスの事は思い浮かびませんので、以上とします。