ROLEX
56 RUE DE RENNES 75006

『ここが、初めてロレックス社が出したブティックなのよ』とお店の責任者から聞いた時は、ハーァ?と鳩が豆鉄砲面になりました。
世界中至る所で見かけるロレックスのお店は?
ははーん、代理店ってことだったんですね。
そのロレックス直営店から新作発表のカクテルにいらして!と招待状が届いたので行ってまいりました。
サン ジェルマン デプレのレンヌ通り。
シックな地区だけれども高級時計や宝石屋が選ぶ地区とはちょっと違うなと思い、暇そうに突っ立てたディレクターに、単刀直入にというか不躾に何故ここ選んだの?と聞いてみました。
ヴァンドームとかシャンゼリゼみたく観光客がうようよしてる所は僕好きじゃないの。この辺だって高級ブティック増えてきたんだから、エルメスだって近いし、ヴィトンだってお店広くしたし、ボクはこのお店の前に住んでるし。と話が外れていったので、そりゃどーもとシャンパンを貰いに行きました。
ロレックスは今では、成金趣!、とか田舎っぺみたい!とか濡れ衣着せられたようなイメージがあるような気がしますが、本物を見ると芸術品、宝石です。素手で触ったら罰が当たりそうです。
日付が0時でくるりと変わる、デイトジャストを発明したのはロレックスです。
何月何日が何語ででも表示できる時計もあります。
ロレックスは元はエゲレスの時計屋さんだったんですね。エゲレスの時計に対する税金がいかにも高かったので、スイスへ引っ越して今に至るそうです。
この直営店には2階にアトリエがあり、そこで部品の組み立て、修理などをしています。
この方はシャンパン片手のふやけたあたしにも懇切丁寧に説明してくれました。
まるで物理の授業のようでした。
その内容はちんぷんかんぷんなのですが、彼の自分の仕事に対する愛情と誇りがびんびん伝わりました。
 
 時計とは、やはり殿方の好きなものだと思います。巧妙、精密な美しい機械。
女の人はいい靴履いて髪を綺麗にしてりゃOK!
男の人は髪に関しては不如意な人が大半なので、いい靴履いていい時計してりゃOK!だと思います。
ロレックスが似合う人と言って思い浮かぶのは、ヨーヨーマーでしょうか。
良い時計が似合うと言う事はそれだけで相当なモンです。
私などもう日本へ帰れないぐらい凄い円高を利用して、ユーローで高級品を買うなら今です。