5月15日はフランソワ オロンドの大統領就任式、そりゃあ怒涛の一日でした。
朝、パリ15区の近代的な自宅からオロンドさんは大統領官邸のエリゼ宮へ向かいました。
サルコジ大統領に迎えられ、業務の引継ぎ手続きでUSBを渡されたり、核の爆発ボタンの暗証番号を知らされました。と世論では言われていますが、『暗証番号は0000だから忘れないように、決して紙に書いといたりしちゃダメだよ』なんてことはないそうです。
サルコジは奥さんのカーラと手を繋いでエリゼ宮を後にしました。
今日からエリゼ宮の主となるオロンドは大統領宣誓をし、こんな立派な首飾りを貰いました。
その後、就任式に集まった大勢のお客様の為のカクテルパーティー。
その様子を見ていて、まるでヴェルサイユ宮殿にたむろっていた貴族達と王様の光景と同じだなと思いました。丁度フランス革命の本を読んでいる最中なので、よけい当時の光景が頭に入っていたからだと思いますが。
儀式も正しく王様扱いです。気持ち良いだろうなー。よーし頑張るぞー!と固く決意するだろうな。
 
 
エリゼ宮では、警察のオーケストラがいつもバックミュージックを担当します。このオーケストラのファーストチェロは昔からの知り合いです。
いつも『ボクの年は聞かないで、聞かれても答えないからね』と誰も興味ないわと思うような事にこだわっていたので、50歳なんだか70歳なんだか知らなかったんですが、15日のテレヴィで見ると違う人がファーストチェロだったので、きっと定年退職したんだと思います。何歳があの世界の定年なんだか知りませんが。
ゆっくりする暇もなくパレードです。
シャンゼリゼ通りを凱旋門まで、騎馬隊とバイク隊に援護されながら、車の天井から体を出して手を振り振り庶民にご挨拶。
折りしも土砂降り。オロンドは王様の如く、ビシャビシャの顔やもうなんも見えんだろうめがねも頓着せず手を振り続けました。
騎馬隊なんか、『すっすめー!』とラッパを鳴らされたらすわと突撃しそうな勇ましさです。
凱旋門の下の無名戦士のお墓へ。、こないだの8日もお花を捧げたけど、今度は大統領として、フランスの為に亡くなった方々へ敬意を表しました。
雨は横殴りで降り続けます。
既にオロンドは骨の髄までびしょ濡れ、普通の人ならば風邪引きます。
お昼にやっとエリゼ宮へ戻って暑いシャワー浴びて、着替えて、きっと風邪薬も飲んで、皆でご飯。
ホッとお茶を飲む時間もなくチュイルリ公園やマリー キュリー研究所や市庁舎とパリ中をお花を持って訪問しました。
もうどこもパリの道は重症の便秘した腸のような塩梅でした。
おまわりさんだらけ。
 
 
 
 
 
あー長い一日だったね、とは問屋が卸さず、夜嵐の中ドイツへ向かいましたが、離陸後直ぐに雷に飛行機が打たれそうになったので急遽引き返し、しばらく空が落ち着くのを待っていました。
一時間半ぐらい遅れてドイツの首相にご挨拶。
世間にも仏独仲良くやっていきます、とアピールしました。
オロンドのこれからの5年間はこんな天気のような日々になるんでしょうか。