パリから1時間ちょっとの町、プロヴァンはユネスコ世界遺産に指定されていたんですね。
provins 001
provins 010
provins 020
rose provins
理由は中世の町並がフランスで最も良好に残っているからです。
確かに足首を何度もぐにゃりと挫くほどの酷い石畳、登山の様な急な勾配、至る所にある階段は人を転ばす為の罠を造ったかのつくり。中世の人や馬は足が頑丈だったんだなと感心させられます。
 
歴史的建造物に指定されているような家々の平均お誕生日は12世紀。そんな建物がいくらでもあるプロヴァンです。
それこそ中世では金融都市としてブイブイならしていたのに、いつの間にか田舎の辺鄙な町というポジションに落っこってしまい、お蔭で荒らされず中世そのままが残ったわけです。
中世の町プロヴァンというキャッチコピー以外でもプロヴァンと言えば、知ってる人は知ってるバラが有名です。
町中を歩いていてもプンプンいい香りがします。
1240年、チボー4世 ドゥ シャンパーニュが十字軍の遠征でエルサレムからバラを持ち帰ったのが始まりです。
当初は『ちれ~だね~。』なんて平和な事を言って眺めていたわけではなく、お薬として使われていました。腹痛、発熱、動悸、アンチエージングなどに効果があるそうです。そういえば、私もバラ水のローションを使っていたわ。え~え~アンチエージングです。
 
コレがプロヴァンのバラです。他に比べて地味。まあ中世のバラですからね。
プロヴァンの良い所は、パリの東駅からツーと行って、プロヴァンの駅から徒歩で観光が出来る事です。
車やバスに乗らなくても良いので、外国人観光客には簡単です。そして分をわきまえているというか、観光以外何も無いので、観光地としてシステマティックに出来ています。日本語のパンフレットも用意されています。
パリから日帰り遠足にお勧めです。