パリのプチパレ、若冲展

昨日、バスで帰ろうとプチパレの前を通ったら誰も人が居なくて、もしや若冲を独り占めできるのかしらと、ふらりと階段を登って行きました。チケット売り場には、行列用に七曲りにロープが張ってあるところを見ると、やはり若冲は話題沸騰になったようです。

初日に見た私は、フランス人の友達に会えば、”JAKUCHU 見た?”と話題にしていました。皆、”話は聞いたけど。。。。”と乗り気薄し。”見てみ、東京やワシントンじゃ大行列で、入場するのに最大の忍耐と体力を要したモナリザ級の展覧会だったんだから” と言うと、ぐっと乗り出してきて”そうなの?” そして皆 ”今、見てきた、マニフィック!” とプチパレを出たその足で、興奮したメッセージを送ってきます。

東大、多摩美の名誉教授である、辻惟雄先生の講演会でのお話がもう爆笑もんでした。先ず出で立ちからして、もう私の笑いのツボに嵌りこんで大変でした。
日本語、フランス語の同時通訳のヘッドフォンが用意されています。辻先生は一度頭に付けたそのヘッドフォンを自分が話す時も放さず、そうすれば口から日本語、耳からフランス語という難儀な状況に陥ります。さすがに近くの方に、先生お取りになってください、と言われても、そんな物がわが頭に乗っかっていることも気が付かなかったというお顔をされていました。
「老松白鳳図」の真っ白なフェニックスの羽に描かれている真っ赤なハート柄の事がとっても気になるようで、”このハートが何処から来たのかを考えます事に、多分トランプの、あや、今トランプと言えばあのアメリカの方と直ぐ思われてしまいますが、そうではなく英語で言えば、「ぷれいんぐ かーど」の事です。そこから来てるんじゃないかなぁ、とも思うのですが、はてその時代、日本に「ぷれいんぐ かーど」なるものが果たして輸入されていたのかも疑問なのですが。。。” 
「貝甲図」にお化けがいるとか、とても辻先生の楽しい会話術を文章にすることができないのがいかにも残念です。

周りはフランス人ばかりだったので皆同時通訳を聞いています。いくら同時と言っても、タイムラグはあるわけで、その中で私一人がゲラゲラ笑いの先頭に立つのですが、辻先生の話すリズムや言葉選びは日本語で聞いてこそ爆笑もんなので、続くフランス人の笑いはハハハ程度で、身を捩って笑っている私を見て笑っているフランス人がいたほどです。横目で一足早い私の反応を見て、おー可笑しなこと言ってるんだな、と笑う用意をしている隣人もいました。

次の方の順番になり、一旦下がった先生は、その方が終わるや、今度は顎の下にヘッドフォンをぶら下げて再び登場。打ち合わせと違うので、周りはあたふた。
”えー、先ほどの「ぷれいんぐ かーど」ですが、現代見られるハートやスペードやダイヤやクローヴァーという図柄にしたのはフランスでして、白鳳のこの赤いハートは要は”あむーる”(ここで、いひゃひゃひゃ~ぁと心から嬉し気に笑われる先生)と私は思っております。”
もう、涙が止まりません。
こんなお父さんとか旦那さんが家に居たら素敵だろうな。

空いていると思って中に入ってみると、初日に比べたら随分多くの人で、熱心にメモを取っている若者が多く目に付きました。名前だけ聞いて、ジャック チュという中国人かと思ったというタワケもいましたが、展覧会が終わる頃にはパリ中の人に知れ渡る名前でしょう。

 

 

 

 

 

 

あ~、してやられたぁ~。

期間限定で特別公開なんていうのに滅法弱い私。それも”グランパレの地下700メートル初の一般公開!” 即予約しましたよ。
グランパレは1990年のパリ万博の為に建てられたエクスポ会場です。その万博が終わったら、当時の大スター建築家、デザイナーのコルビジェの、とっとと壊して ”20世紀のアート美術館” を造るというアイディアが認可されたのですが、コルビジェが亡くなって、計画も頓挫し、お陰をもって今現在も堂々とセーヌ川の横に立ちはだかっているグランパレ。
 

 

予約の日、職業柄時間より早めに着いたのですが、とってもフレンドリーな係りの可愛い子ちゃんに、こちらにお座りになってお待ちくださいね、と案内された木陰の椅子で本を読み始めたら、すっかり何しに此処に居るのか忘れて、あらあら、早く早くと可愛い子ちゃんに急き立てられました。

15人位のグループでいよいよグランパレの秘密の地下へ向かいます。案内の兄さんは、僕はアルピニストで、夏の間ここで井戸掘りのバイトをしています、とスペイン語圏の人らしく、ざ、じ、ず、ぜ、ぞ、が言えないフランス語が不自由らしい人。修復工事をしていて建設当時の地下700メートルの井戸を発見したとかぺらぺらぺらのお話をヴィデオなども見せながら説明。
エレヴェーターで地下に降りて行くにあたって、普段工事人の為のエレヴェーターなので、早い速度で降りて行くので、途中気持ちが悪くなるかも知れません。
下の方にはガスが発生してますが、体に影響はないガスです。しかし鼻の下にこれを塗っておいてください、とヴィックスのミントのポマードを皆に回します。
臭い匂いはかなわないわ、と大量にポマードを付けて白い髭の様になっている人を皆で笑ったりしながら、期待に鳩の様に胸を膨らませてエレヴェータに向かう一団。
エレヴェーターの入り口には、発掘していて見つかった、缶だとか皿だとかヨーグルトの瓶などが展示してあり、皆19世紀の終わりの品々にノスタルジックになりました。

四方真っ黒な正方形のエレヴェーターの真ん中にテーブルがあり、その上に何やら詩のような物が書いてある紙が数枚、建設当時の設計図など置いてあります。テーブルの周りに皆が立って、ガタガタゴトゴト、せこい遊園地の乗り物の様に揺れながらエレヴェーターは下降し始めました。途中、兄さんは紐を引っ張ってエレヴェーターの小窓を開けて下降している事を見せてくれました。
エレヴェーターが止まると、兄さんはテーブルの上の一枚の紙の ”このエレヴェーターに乗った我ら皆兄弟、一致団結” 的な文章を読み上げ、皆拍手。”はい、では上に上がります” ”へっ” ”降りないの” ”出られないの” ”?????”。の皆の問いかけに、”とても危険ですから出るなんて不可能です” キツネに抓まれた私達。そこに、兄さんの携帯が鳴り響きました。
 

 

 
 
眉間に目一杯の皺を寄せて対応している兄さん。”すみません、具合が悪くなった者がいるようなので彼をこのエレヴェーターに乗せてもいいでしょうか?”
皆大喜び!何と、真ん中にあるテーブルの上板を外すと奈落の底の様な地下が見えました。ヘルメットをかぶった3人の人が宙づりになって壁にへばり付いています。
”どーした?” ”気分が悪い、病気だ!” ”ご案内しているお客様が居るけど、このエレヴェーターに乗って来い、皆んさんOKだ” ”そうだそうだ、早く乗りなさ~い” と叫ぶ私ら。彼ら同士のこの会話はフィンランド語?見たいな聞いた事も無いような言葉にフランス語が混ざっています。それにしても妙に暑い、汗だらだら。のそのそしている3人。バカなのか1人が逆方向に降りて行きます。私ら唖然。”あの人何しているの????” そのバカはぐっと下まで下がって、何やら蓋を開けると、地獄の窯の様にゴーゴーと真っ赤な炎が燃え上がりました。”何やってんだっ、早く閉めろー” と大あせりで叫ぶ我らの案内人の兄さん。このあたりで、ゲラゲラ笑いが起こりました。全くもってしてやられました。
最初っから最後まで、完全なるお芝居。最後まで真剣眼で、大丈夫でしたか?と演技をし続ける兄さん。結局あの暑さから考えて、私達は2メートル位しか降りてないんではないかしら。
出口で、よくぞ無事に戻って来られましたね、ご苦労様でした、とお水なんか振る舞われました。最後のダメ押しが、ボランティアで井戸掘りを手伝ってくれる人を募っています。ご興味のある方はここに記入してください。結構な人が名前、電話番号、メールアドレスを記入していました。
スタッフ全員、役に徹して全く素晴らしいすっとぼけっぷり。

有料だけど、この大掛かりないたずらには誰も文句は言わないと思います。
それにしてもあの穴は本当だったのでしょうか?あの穴の底のゴーゴー怒ったような炎は何だったんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ヴェルサイユ宮殿へオペラ鑑賞に行こう!

ヴェルサイユ宮殿の中にオペラ座があるのをご存知ですか?宮殿見学では入れない場所なので、”あらそんなのあるの?”と首が前に突き出た方も多いかと思います。
1770年、ルイ16世とマリー アントワネットの結婚パーティーの為に造られたオペラ ロワイヤル ドュ シャトウ ドゥ ヴェルサイユ。ルイ14世の時代から構想はあったのですが、中々ピンとくるアイディアが無かったり、財政難だったり、戦争が忙しくそれどころでなかったりで実現に至らず。

 

 
それまでは大掛かりなパーティーはその都度仮設しては壊し、仮設しては壊しでお茶を濁していました。いよいよ孫ルイ16世が結婚という事で、ルイ15世が建築家をイタリアへ視察に行かせたり、本格的にオペラ座建設が始まりました。何はともあれ結婚式の日取りに間に合わせるのは絶対です。やればできるフランス人、何と22か月で完成させました。

内装は全部木製、大理石と見える柱も目くらましの木です。当時は蝋燭が照明でしたので、火災の危険が大だった為、大きな貯水タンクが設置されていました。
客席の床はギシギシする板張り。椅子はベンチです。それも今は小さな背もたれが付いていますが、当時は背もたれ無しの本当の長椅子でした。
オペラ上演の他、舞踏会、宴会、コンサートなど多目的ホールとして使用できるよう、2日がかりで床をせり上げ舞台と同じ高さにして広い平面にするなどのカラクリがありました。

 

ルイ16世とマリー アントワネットの婚礼パーティーに完成したので、あまり長い間使用されていません。何しろフランス革命が起こったのでヴェルサイユ宮殿自体、家具など略奪されたうえで長い間放置されていましたから。オペラ座も国民議会になったりしながらも1950年まで放っぽりぱなしでした。罪な事です。
2009年、再び公演できるよう舞台部分の大改造をしましたが、美しい客席部分は当時のままです。そして2009年からオペラやコンサートを開くようになりました。ハレル~イヤ~。

次回は3月9日、10日にオペラ、3月17日はピアノのコンサート。という感じで月に2~3回催されます。

面白い裏話ですが、パリガル二エのオペラ座の舞台部分は1mm違わずここヴェルサイユ宮殿のオペラ座のコピーです。建築家のガル二エさん、時間がなくて色々研究する暇がなかったので、手っ取り早く当時ヨーロッパナンバーワンと言われたヴェルサイユ宮殿のオペラ座をそっくり頂いたわけです。

オペラを見ながら是非18世紀のフランスの美の集大成の中にとっぷり浸ってください。貴重な体験間違いなしです。

プログラム、予約等はキフキフパリまでお問い合わせ下さい。喜んでお手伝い致します。http://kiffekiffe.com/contactus

 

 

 

 

 

 

エクトール ギマール

9月から始まったギマールのメザラ邸の一般公開。絶対絶対行かねば、と心に刻んだものの、週末のみなので中々時間が取れず、その内すっかり忘れてしまっていたのが、たまたま近くを通ってもメザラ邸の前に来てポスターが貼ってあり、アラ何かしらと読むまで思い出さなかったという重症さでした。大変大変明日までじゃないの。

翌日、気軽にのんびり夕方に行ってみりゃ行列を作っています。後ろに並んだマダムが”だ~れもいないと思って来たのに”と言ったのを、私も、私の前に並んでいたマダムも同時に振り返り、”私もそう思った”と合唱しました。
 

 

 

 

 

エクトール ギマールとは、パリのアール ヌーヴォーの代名詞的な地下鉄のくねりとした入り口をデザインしたあの人です。ロンドン、ニューヨーク、シカゴ、ブタペストの次、1900年に遅ればせながらパリに地下鉄が登場しました。先越された口惜しさに何とか奇想天外な皆を仰天させるデザインを公募。既に”悪魔の館”などとスキャンダルになったカステル ベランジェを造り、地下鉄会社の社長さんちの居間のインテリアも手掛けて、ギマールの独特のセンスは証明済み。ギマールにポンと木槌は打ち落とされました。

 

 

張り切って数種類の奇妙な地下鉄の入り口をデザインしたというのに、お次のアール デコの登場でアホな事に半分近く壊されてしまいました。
時は第一次世界大戦が始まりました。余計な飾りがクニャクニャ付いているアール ヌーヴォーはコストが高くつきます。もっとすっきりいこうや、その方が安いし、という事でアール デコが登場し、アール ヌーヴォーは流行遅れで悪趣味ね、と落っことされました。ギマール自身、第一次世界大戦が始まるやとっとと愛妻の国アメリカへ移住してしまった為、人々も彼の事はころりと忘れてしまいました。

文部省が持ち主のメザラ邸は最近まで、羨ましい事に近くの高校の女子寮でした。さて今後どうするかの合間に、ギマールアソシエーションが扇動して、一般公開をしてくれたのです。内部をなんとか見たかった私は、手を取らんばかりにメルシ―を連発しました。

 

 

 

 

 

 

ギマール作の内部を見たのは初めてです。妄想を裏切らずユニークです。建築、室内装飾に家具のデザインもギマールです。彼は何にでもデザインが思い付くようで結婚式の愛妻のドレスも靴も手掛けたそうです。

それで、これからここはどうなるのですか、の私のしつこい質問に、肩をすくめるばかり、”「ギマール」、「アール ヌーヴォー」ってタグあんまり人気じゃないのよね。” ”そんなことないでしょ、ベル エポックの要じゃないですか” ”本当にそうなのよね” と眉毛は下がったまま、肩は上がったままのギマールアソシエーションの面々。

 

コルビジュエの作品は日本でも見られますが、ギマールやラヴィロットなど突飛なアール ヌーヴォーの作品は日本では中々見られないと思います。
建築好きな方、パリにいらしたらお見逃しなく。キフキフパリでもご案内しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

パリの公園で夜を過ごす

ここの数年猛暑に襲われているパリは、オーブンの中に居るような部屋に住んでいる、又は人が多すぎて息が出来ないようなアパートに住んでいるパリジャンの為に公園を一晩中解放するという対策にでました。7月1日から9月3日までパリ市内16か所の公園が24時間開放されています。もちろんその間も昼間同様警備員がいるので
パリ市としては結構な出費かと思います。
公園でやって良い事、いけない事項目が笑かしてくれます。

バーベキュー
家族や友達との楽しいピクニックは良いが、火を使ってはならん。罰金90€

アペリティフ
公共の場でのアルコールは禁止。もちろんキャフェやバーやレストランを除く。しかしながら、暑い日の冷えたロゼワインやビールぐらいは大目に見ましょう。
酔っ払いは直ちに追い出します。

水着
水着というのは海やプールなど公共の場で着用する物なので問題はないが、きちんと上下を付けること。

音楽
仲間内で場を盛り上る程度の音楽は良いが、夜中の1時にスピーカーでガンガンロックや夜中の3時にどかどか太鼓を叩く事はご法度。

セックス
絶対、絶対、絶対ダメ!罰金15,000€、又は禁固刑1年。

この6月、7月も37度なんて日が何回もあったのですが、長続きしないので楽です。今日は日中で22度位。快適快適。

私の家は暑さに負けないアパートなのですが、一度公園に泊まりに行ってみたいものです。

 

 

 

 

オスカー ワイルド

oscar-wild-frida-004プチパレにオスカー ワイルド展を見に行って、新しい発見がなくて少々ガッカリした中でヘッと思ったのは、恋人だったアルフレッド、ダグラスと一緒の写真。オスカー ワイルドの写真はいつも毛皮付コート姿とか、ステッキ持ってる姿とか同じ写真ばかりなので、未公開の写真もあるかと期待していたのですが、いつもの写真ばかりの中、小さい小さいぼやけた2人の写真がありました。
 

 

このアルフレッドの父さん、クイーンズベリー公爵が自分の息子を棚に上げてオスカーをホモ罪で牢屋に送り込んだんです。
この2年間の牢獄生活ですっかり心身ともに痛めてしまいまた。しかし出所したオスカーは、未だ監獄に残っている10人余の仲間にあっちこっちからかき集めたお金を送ってあげました。僕は少々のお金と何人かの友達が居るけど、彼らは何もなく僕よりよっぽど辛いだろうから、と。俺様オスカーの知られざる一面です。

オスカーの孫が今だ作家として達者にしていることにもヘッと思いました。オスカーはちゃんと結婚して子供も2人いました。私が気に食わない両刀使いだった訳です。で、ホモの罪で投獄という大スキャンダルになったので、嫁はスイスに子供を連れて引っ越していきました。ヴィクトリア時代の当時、ホモは魔女同等の呪われた者だったので、スイスにもワイルドの名前が広がり、大家さんから出て行ってくれと言い渡されました。これでは何処に居ても生活できないと、実家に関係する名前のオランドと改名してその後の人生を二度とオスカーに会うことなく過ごしました。なのでこの孫もオランドさんという名前です。

pere-la-cheseそれにしても何故こんなにもオスカー ワイルドって人気があるんでしょうか。ペーラシェーズのお墓はいつも人が集まっていて、キスマークだらけです。墓石が痛むから廻りにガラスを巡らせたぐらいです。
名言集があるぐらい、言いたい事を発していたからか?
思いますに、この『オスカー ワイルド』という名前の響きが大いに受けるのではないかと。

名言集で好きなのは、『自分らしくあれ、他の人の席は既に埋まっているのだから』 ごもっとも!

 

 

 

マリー アントワネットのお衣装

buffet-035モード命の方をモード美術館、パレ ガリエラへご案内しました。ここは常時展はなく、しょっちゅう閉まっているので私も久し振りでした。

 

 

 

 

 

マリー アントワネットの服や息子でルイ17世になるはずだった、テンプル牢獄で亡くなったルイ シャルルの服から、イヴ サンロランやディオールまでの時代の服が展示してある興味深いエクスポジションをやっています。

つくづく見入ったのが、私が言うのもなんですが、昔の人のちっこい事。マリー アントワネットの身長は163~168cm現代でも平均的ですが、ウエスト58cmと私の手でも輪っかにして掴める位です。のくせ、胸は109cmとマリリン モンローも降参のプロポーションです。ドレスのシルエットがとても美しいです。ルイ シャルルの服などそりゃ色合いも良く、凝っているのですが、お人形の服のように小さいです。

一番魂消たのは展示してあるオサレな帽子、サルの帽子かと見がまう小ささ。フランス人の頭の小ささには日頃から感心しているのですが、より一層の小ささです。

ケンブリッジ大学の研究発表によると、ここ1万年で人間の脳容量が縮まっているそうです。だからと言ってアホになっているわけではなく、コンピューターなどどんどん小型化していって、エネルギー効率が上がっているのと同じような道を進んでいるということです。と言うことは、1世紀程前の人間が一番効率いい脳容量で、また少しずつ大型化してきているのでしょうか?

185cmの身長の女友達が、私がクラスで一番小さかったと、見上げている私に話した時は、冗談言ってると思ったのですが、平均身長183,8cmの世界一長身国のオランダ人なので本当なんだと思い直しました。フラン人の平均身長は175,6cm、日本人は170,6cm、一番チビは158cmのインドネシア。あたしゃインドネシアに住んだら幸せかもしれない。服を見ていても、時代と共に体格が変化しているのが見て取れます。

buffet-033服飾関係の方は本当に楽しめるパレ ガリエラ。建物は19世紀のネオ ルネッサンス様式、ガリエラ公爵夫人がアートコレクションの為に建てた建物です。こじんまりと趣味のいい建築物です。

 

 

 

 

 

Palais Galliera
10 av Pieere 1er de Sebie
75116 Paris

2月12日まで、その後は次のエクスポジションまでクローズです。

 

ルイ ヴィトン物語

最近は若いパリジェンヌも結構持っているルイ ヴィトンのバッグ。その歴史を知れば、世界の一流品になったことに納得します。
2015年の9月から11月1日までという短い期間のそれまた土、日のみに、パリ郊外のアニエール シュル セーヌという街にあるヴィトンの本拠地が予約制で一般公開されています。

vuitton 001やっとこさ予約が取れたので、友達が出演するコンサートもすっぽかして行ってきました。
パリ郊外と言っても地下鉄で行かれます。13号線のガブリエル ぺリの駅を出て、パリ郊外独特の街並の中を歩く事10分弱。

 

 

 

 

vuitton 023創立者のルイ ヴィトンさんは、山の中の建具やの息子。利発なルイ君は16歳の時400KMの道のりを歩いてパリまで行きました。

直ぐに旅行カバンやの丁稚奉公に入ります。父親譲りの手先の器用さを発揮して、1854年に独立。歩いてパリに到着して17年後です。
リサーチ力、マーケッティング力、想像力に長けていたルイさんは、それまで端が丸くなって、盛り上がっていた旅行ケースを平らでかっちり長方形にし、積み上げやすく、中身も詰めやすくしました。

 

 

これが大受け!商売繁盛ウハウハになり、もっと広く、しかもパリから遠くなく、トランスポートにも便利な所と探して見つけたのが、ここアニエールの土地です。近くを流れるセーヌ川のお蔭で出荷も楽々。

vuitton 0201859年にここアニエールにヴィトン家の住まいと工場ができました。今でも特別注文の商品はここのアトリエで製造しています。後はギャラリーと自宅をこうやって見学できる訳です。

 

 

 

 

ルイさんの息子、その又息子も賢く後を引き継ぎガンガンブランドを大きくしていきました。今でも大グループLVMHの陰にヴィトン家の人間が存在しています。

vuitton 006ギャラリーに展示してある旅行ケースは色々な形をしています。車に積む場所に合わせて造られた物です。どれも車の屋根や後ろや横など車外に付けられていた物です。100年以上経った今でもびくともしない頑丈さとエレガントさを持つルイ ヴィトン。
なるほどね~ぇ。

 

 

 

残るは、10月24,25,31,11月1日のみです。興味のある方ネットからの予約ですのでトライしてみてください。お手伝いが必要な方はキフキフパリまで。