ヴェルサイユ宮殿へオペラ鑑賞に行こう!

ヴェルサイユ宮殿の中にオペラ座があるのをご存知ですか?宮殿見学では入れない場所なので、”あらそんなのあるの?”と首が前に突き出た方も多いかと思います。
1770年、ルイ16世とマリー アントワネットの結婚パーティーの為に造られたオペラ ロワイヤル ドュ シャトウ ドゥ ヴェルサイユ。ルイ14世の時代から構想はあったのですが、中々ピンとくるアイディアが無かったり、財政難だったり、戦争が忙しくそれどころでなかったりで実現に至らず。

 

 
それまでは大掛かりなパーティーはその都度仮設しては壊し、仮設しては壊しでお茶を濁していました。いよいよ孫ルイ16世が結婚という事で、ルイ15世が建築家をイタリアへ視察に行かせたり、本格的にオペラ座建設が始まりました。何はともあれ結婚式の日取りに間に合わせるのは絶対です。やればできるフランス人、何と22か月で完成させました。

内装は全部木製、大理石と見える柱も目くらましの木です。当時は蝋燭が照明でしたので、火災の危険が大だった為、大きな貯水タンクが設置されていました。
客席の床はギシギシする板張り。椅子はベンチです。それも今は小さな背もたれが付いていますが、当時は背もたれ無しの本当の長椅子でした。
オペラ上演の他、舞踏会、宴会、コンサートなど多目的ホールとして使用できるよう、2日がかりで床をせり上げ舞台と同じ高さにして広い平面にするなどのカラクリがありました。

 

ルイ16世とマリー アントワネットの婚礼パーティーに完成したので、あまり長い間使用されていません。何しろフランス革命が起こったのでヴェルサイユ宮殿自体、家具など略奪されたうえで長い間放置されていましたから。オペラ座も国民議会になったりしながらも1950年まで放っぽりぱなしでした。罪な事です。
2009年、再び公演できるよう舞台部分の大改造をしましたが、美しい客席部分は当時のままです。そして2009年からオペラやコンサートを開くようになりました。ハレル~イヤ~。

次回は3月9日、10日にオペラ、3月17日はピアノのコンサート。という感じで月に2~3回催されます。

面白い裏話ですが、パリガル二エのオペラ座の舞台部分は1mm違わずここヴェルサイユ宮殿のオペラ座のコピーです。建築家のガル二エさん、時間がなくて色々研究する暇がなかったので、手っ取り早く当時ヨーロッパナンバーワンと言われたヴェルサイユ宮殿のオペラ座をそっくり頂いたわけです。

オペラを見ながら是非18世紀のフランスの美の集大成の中にとっぷり浸ってください。貴重な体験間違いなしです。

プログラム、予約等はキフキフパリまでお問い合わせ下さい。喜んでお手伝い致します。http://kiffekiffe.com/contactus

 

 

 

 

 

 

パリ造幣局でフェミニズムを考える

パリの造幣局、何と9世紀から今に至っても操業している最古の政府機関です。オサレ地区サン ジェルマン デ プレにも近いセーヌ河沿いにある18世紀のでんとした館がそれです。
お金なんて造る硬くて、古臭い場所という造幣局に対する偏見を払しょくさせられる大変身を遂げ、現代アートを次々に紹介しています。
3つ星レストラン ギー サヴォワも呼んで、アートにグルメと人受けする空間を作りました。
 

 

 

近くを通ると、そやそやと覗いてみるのですが、先日も最終日の「WOMEN HOUSE」をそやそやと見に行ってきました。題名から想像して、”フェミニストのエクスポか、きっとエグイんだろうな”と覚悟して見たのですが、やはり想像を裏切らずじっくり見たくないという作品も多くありました。

フェミニストというのが良く分からないのですが、決定的に違う、男と女を何故同じにしなければならないのでしょうか?
人間を産むのは女性にしか出来ないんだから、例えば、仕事に関してでは、妊婦と小学生までの子供がいる女性を雇っている”会社”は、国からたっぷり補助を貰えたら、会社としてもお母さんウエルカムの雰囲気になるんじゃないかしら?補助を貰うからには、お母さんの欠勤や早退は快く認めてあげなければなりません。
子供は、病気の時などいざとなったらお母さんが必要なんですから。子供が泣くとき”ママ、ママ、”と叫びながら泣きますでしょ。
世界中、幾つになっても”おか~さ~ん”、”マンマミヤ” なんですから。お父さんなんてダメ!
”このおっちゃん、ほんまのおとうなんか?”というミクロ大の疑いは体のどっかにあるんです。おかんは一心同体でしたからナノ大の疑問もありません。どこの誰が、切羽詰まった時に”おと~さ~ん”なんて呼びますか。聞いたことない。
このあたりの件に関しては男性は大いに嫉妬していると思います。
体の造りだって犬と猫ほどに違うし、脳みその構造だって違うのに、何故同等にならなきゃいけないの?などどエキスポをフラフラ見ながら考えていました。

六本木ヒルズにもある、フランス人彫刻家、ルイーズ ブルジョワの作品。題名は「マンマ」

 

 

 

 

 

ここパリの造幣局では、現在は記念コインや勲章、宝飾品などを造っています。貨幣博物館としてそちらの方の見学もできます。

Hôtel des Monnaies
11 quai de Conti 75006 Paris

 

 

 

 

 

 

パリ観光2017年トップ5

クリスマスイヴもクリスマスも大晦日も元旦も久しぶりに全部家で過ごせるのを喜ぶべきか、危惧すべきか4kgの牡蠣を開き開き思案していました。2015年のテロ以来観光客、特にアメリカ人、日本人がぐっと減ってサーヴィス業は真っ青になったのですが、2017年には見事復活、観光大臣は鳩の様に胸を張って報告していました。今年は8900万人の観光客数という記録を出しました。2024年のパリオリンピックには1億人の観光客数を目指します。ええ決っして難しいい数字ではありませんとも。訪日外国人数が年間2700万人ぽっちというニッポンからしてみたら、お口あんぐりの数字です。
先日は韓国にストラスブルグのクリスマスマーケットが出張して、こんなに素敵なんだから本場に是非来てくださいというプロモーションをしたりで、以前のように、来たければ来たら、的態度を一変してフランス観光局は積極的に動き回っています。
なので、パリの街で見かけるアジア人観光客は中国人と韓国人ばかり、日本人はどこ~?ここ10年この方ベスト観光客だった日本人がすっかり姿を消し、ホテルもレストランもブティックも人気ナンバー1の日本人観光客を恋しがっています。

2017年の、パリ観光地集客数ランキング
5番 国立自然史博物館 約370万人、パリ5区にある植物公園内にある博物館。私もここは好き。お子様にも喜ばれます。

4番 エッフェル塔 約700万人、予約を取るのが難しいし、25€とバカ高いしで、外から見るだけで良しとする人が多いのでしょう。

3番 ルーヴル美術館 約900万人、話の種にパリに行ったからにゃ取りあえず。

2番 サクレクール寺院 約1千100万人、モンマルトルに登れば必ず寄りますでしょう。

1番 ノートルダム寺院 約1千400万人、いつも人が並んでいるが案外スムーズに見学できる。

パリ郊外を含めると、ヴェルサイユ宮殿はエッフェル塔と国立自然博物館の間に入ります。約650万人。
こう見るとやはり物価の高いパリで一々入場料など払っていられないので無料の教会が上位を飾るのが分かります。
観光客数が増えても、レストランの収益はさほど上がっていないという現象も観光客の節約ぶりが伺われます。
 

2018年、どうかより多くの日本人の皆さんがフランスにいらしてくださいますように!とパリのサーヴィス業が一団となって強く強く願っております。

 

 

 

 

 

 

 

パリの動物園

パリジャンが動物園へ行こうと思ったら先ずはヴァンセンヌの森の動物園。6年間工事の為閉鎖していて、2014年に再オープンしました。気になりながらも、行けずに2年。やっと先日行ってきました。

なんだか何処もつるつる綺麗で動物園らしくなく、そっけない感じ。物足りなくて、日を改めて植物公園の中の動物園にも行ってきました。

動物園で一番好きなのはあの動物達の匂い。きっと私は前世は動物園に寄生していた雀かなんかだったんだと思います。
ヴァンセンヌの森の動物園は1934年のオープン。ここ植物公園の動物園は1794年オープンの世界最古の動物園の1つです。


この動物園の素敵な所は、動物達の小屋がレトロですっごくかわいらしいのです。私も此処に住みたいと羨ましい限り。

そして古いだけあって、色々な逸話があります。
フランスで始めてのキリンが来たのもこの動物園です。このキリンはシャルル10世がエジプトから貰ったプレゼントです。エジプトからマルセイユに船で到着したキリンは、なんと780KMの道のりを歩いてパリまで来ました。道々そりゃ皆を仰天させた、大スペクタクルだったことでしょう。
未だ1歳のキリンちゃんに、動物園の園長さんや憲兵の付き添いに混じって牛も3頭同行しました。キリンちゃんにミルクを提供する為です。要は乳母。
ゆったり、ゆったり7ヶ月ぐらいかけてマルセイユ、パリ間を歩いたキリンちゃんは18歳で天昇するまで、ずっとパリの植物公園内の動物園で過ごしました。

セーヌ河の横、オステルリッツ駅の前、車がブンブン通るパリ中ですが、17世紀、ルイ13世の薬草園が始まりという歴史深いこの植物園もそして園内の博物館も動物園もオアシスのようです。深呼吸をしにいらしてください。

 

 

シャルトルとピカシエット

chartres 003シャルトルの大聖堂は有名で、パリからちょっと遠足に行くのに丁度良い行き先です。でも大聖堂にあんぐりしただけで帰ってしまってはいけません。
バスで15分ぐらいの郊外にそりゃあ魂げる物があるのです。壁も床も椅子もミシンもストーブもベッドも全てにモザイクされている家『ピカシエット』を見なくてはいけません。

 

 

chartres 016

1931年から、拾ってきた割れたお皿やビンなどで自宅の外壁をモザイクで飾り始めたレイモン イジドールさん。勢いが止まらなくなり室内、そして物にまでモザイクし始めました。そのうち頭の中までモザイクになったようで精神病院に2度ほど入院しました。それでもモザイク熱は冷めやらず、かえって益々猛烈度が増し、裏の方に部屋を増築しチャペルまで造り、モザイク作製は続きます。もう彼の目はすっかり寄り目になっていたに違いありません。 

 

chartres 018

15トンほどの割れたお皿などが使われているそうです。1983年に歴史的建造物に指定されました。

 

 

 

 

フランスには他にも似たようなお頭のつくりを持っている、郵便配達人シュヴァルさんという人がいました。1836年生まれ1924年没の時代の人です。彼が33年かけて創った石で出来た建築物『パレ イデアル』は1969年に歴史的建造物に指定されましたが、その際多くの議員が反対し、文化大臣などは”全く持って醜い、狂気の沙汰!”とお手紙まで書いたそうです。

ガウディーもきっと同じ仲間だと思います。共通点は熱心なカトリック教徒だったということが面白いです。

ナイーフアート、ナイーフ建築、又はアートブリュットなどと呼ばれているこれらの作品を嫌う人は、ユーモアが分からんのか、と思います。見ているとクスとかウフフと笑いが出てくるんですがね普通は。

シャルトルに行かれたら必ず寄って下さい。一人で不安な方、キフキフパリが喜んでご案内いたします。

MAISON PICASSIETTE

22 Rue du Repos 28000 Chartres

 

フランス人とペット

chien 001ヨーロッパ1ペット好きなフランス人。金魚やハムスターなどいちいち数えたらその数はフランス人人口と変わらないくらいだそうです。2件に1件は何らかしらのペットを家族の一員として飼っている事になります。不況の風もなんのそので、ペット業界はウハウハ上がりっぱなしのようです。犬一匹に付き、年間平均800€はかかるというのに。

 

 

chien 017今、私もヴァカンスへ出た友達の犬を預かっています。もう仕事なんて行きたくない、ずっとベロベロべたべたしていたい可愛さです。しかし、彼女はめたくそ箱入り娘で、1日4回もお父さん、お母さん交代で散歩に連れていって貰っています。朝は7時に第1回目のお散歩!無理無理無理無理。仕事で早く起きる時は、時間無いから散歩なんて行かれないし、仕事が無かったら7時に起きるのは拷問です。そわそわわさわさしている音で7時30分にヨロヨロベッドから這い出れば、時遅し、玄関前は水溜り。1日4回私一人で散歩させる事も無理です。仕事で昼間出ていて、走って帰ってきても、ドアを開ければぷわ~んと臭います。絨毯の柄に紛れている物を、踏まなくて良かった!と先ずホッとします。こりゃまずいわと、近所のペットショップへ再び走り、オムツを買ってきました。これが可愛いのなんの、尻尾用の穴をニヤニヤと穴が開くほど眺めていました。

動物との接触は日頃の心配事、ストレスを柔らげるのに一番の方法というのは本当です。忍耐強いラブラドール犬はよく老人ホーム訪問などに行きます。とは言っても、アメリカでは、5千頭のトラがアパートや庭でペットとして飼われている、と言うのは唖然としますが。動物園にいるトラは350頭ぽっちりだっていうのに。変わった人達です。

パリの立派な動物園、ヴァンセンヌ動物園は、6年間の長い工事が2年前に終わり、『キリンと朝食』 など新しい企画もどんどん発明しています。すっかり暖かくなったら、心を癒しにきっと行こう。

動物好きな方、パリの動物園、喜んでご案内致します。

 

飛行機と電車

この所パリ以外の場所での仕事が続き、移動の多い日々を送っています。
サーヴィス向上に励んでいるフランス国鉄が誇る新幹線TGVの車内では、無料マッサージサーヴィスがあったり、車両責任者が挨拶に廻ってきたりと、それまでは”客”という観念しかなかったのが、”お客様”というフランス人にはなかった発想が沸き上がってきた様です。

そこへいくと、飛行機は相変らずの雑さで、やれやれです。退屈に待たされている空港の硬くて冷たいベンチにもじもじしながら座って読んでいた新聞に、『信頼できる航空会社トップ20』なんていう記事が載っていました。

1位 エアーニュージーランド
2位 アラスカエアーライン
3位 ANA
4位 アメリカンエアーライン

と続きます。JALは11位、もちろんエアーフランスのフの字も見当たりません。暇さえあればストライキをしているんですから、それもヴァカンスが始まる時などに。ヴァカンスが台無しにならないように、人はなるべくエアーフランスを選ばないように気をつけます。

ついでに、時間に正確な空港のトップは想像通り、羽田、関空がトップを飾っています。
日本人の時間に対する律儀さはここでも立派に証明されました。

日頃思うのですが、大切にしなければいけない物の1つに”時間”があると思うのです。自分の時間はもちろん、ドタキャンや遅刻などで他人の時間をも無駄にしたら罰が当たります。
40分の遅れで出発する飛行機を待ちながら、呑気な顔して佇んでいる飛行機に”罰が当たるで~ぇ”と八つ当たりしたりしていました。

飛行機の正確さで1等賞はエアーバルティック、パナマカンパニー、アズール ドゥ ブラジルと信じがたい結果が続きます。

明日は早朝にTGVに乗ります。フランス国鉄から、日曜日はパリマラソンがあるので道が封鎖されたり混乱が生じる恐れがありますので気をつけてください。詳しい情報はこちら。とメールが入りました。気が利いているってもんじゃないですか。
では、バスでなく、地下鉄でリヨン駅まで行くか。

 

 

ルイ ヴィトン物語

最近は若いパリジェンヌも結構持っているルイ ヴィトンのバッグ。その歴史を知れば、世界の一流品になったことに納得します。
2015年の9月から11月1日までという短い期間のそれまた土、日のみに、パリ郊外のアニエール シュル セーヌという街にあるヴィトンの本拠地が予約制で一般公開されています。

vuitton 001やっとこさ予約が取れたので、友達が出演するコンサートもすっぽかして行ってきました。
パリ郊外と言っても地下鉄で行かれます。13号線のガブリエル ぺリの駅を出て、パリ郊外独特の街並の中を歩く事10分弱。

 

 

 

 

vuitton 023創立者のルイ ヴィトンさんは、山の中の建具やの息子。利発なルイ君は16歳の時400KMの道のりを歩いてパリまで行きました。

直ぐに旅行カバンやの丁稚奉公に入ります。父親譲りの手先の器用さを発揮して、1854年に独立。歩いてパリに到着して17年後です。
リサーチ力、マーケッティング力、想像力に長けていたルイさんは、それまで端が丸くなって、盛り上がっていた旅行ケースを平らでかっちり長方形にし、積み上げやすく、中身も詰めやすくしました。

 

 

これが大受け!商売繁盛ウハウハになり、もっと広く、しかもパリから遠くなく、トランスポートにも便利な所と探して見つけたのが、ここアニエールの土地です。近くを流れるセーヌ川のお蔭で出荷も楽々。

vuitton 0201859年にここアニエールにヴィトン家の住まいと工場ができました。今でも特別注文の商品はここのアトリエで製造しています。後はギャラリーと自宅をこうやって見学できる訳です。

 

 

 

 

ルイさんの息子、その又息子も賢く後を引き継ぎガンガンブランドを大きくしていきました。今でも大グループLVMHの陰にヴィトン家の人間が存在しています。

vuitton 006ギャラリーに展示してある旅行ケースは色々な形をしています。車に積む場所に合わせて造られた物です。どれも車の屋根や後ろや横など車外に付けられていた物です。100年以上経った今でもびくともしない頑丈さとエレガントさを持つルイ ヴィトン。
なるほどね~ぇ。

 

 

 

残るは、10月24,25,31,11月1日のみです。興味のある方ネットからの予約ですのでトライしてみてください。お手伝いが必要な方はキフキフパリまで。