パリの弁当スタイル

以前もブログに書きましたが、パリでは弁当持参が増えています。経済的にも時間的にもランチを食べに行く余裕がない人が多くなったようです。サンドイッチやリンゴやバナナなんかを歩きながら食べているのはよく見かけますが、最近はフォークや箸を使って食べるような物まで、歩きながら食べている人も増えました。

先日見かけたショック。地下鉄の斜め前に座っていた30歳前後の白人青年。1リットルは入る様なタッパーを抱えて、もそもそ手づかみで食べています。サングラスをしているのを良い事に、顔は真っすぐ、目玉は目いっぱい横にして観察してみますと、手づかみで食べているのは鶏肉のささみそのまんまの大きさを茹でたか、蒸したかした物2つ。後はポロポロしたライスです。このライスをどうやって食べるのかを見たくて横目していたのです。だってどう見てもインド人じゃありませんもの。ところが1つ目の鳥のささみに集中していてなかなかライスを食べません。あ~もう降りる駅が近づいちゃう。一層見届ける迄このまま乗ってよかと本気になった頃、やおら2つ目のささみを手に取り、一口齧っていい塩梅にしたのか、そのささみをスプーンの様に使ってライスをすくって食べるじゃありませんか。ライスと共にささみも食べたりと誠にうまい具合にやっていました。
かなりの量のライス、それも味も素っ気もないような見た目です。だんだんお腹も膨らみ、飽きも来たのか、頭を掻いたり、ため息ついたりしながらも黙々と食べ続ける青年。一人暮らしの学生や貧乏な働く青少年達のランチなんてこんなもんなんだなぁと、家の息子に見せてやりたいと思いました。

超簡単な数秒でできるようなサンドイッチはやっぱり好きではなかったようで、パスタかなんかはあるかな?なんてある日聞かれてから、私の弁当作りも二手間位増えました。まぁ、出来る時だけですけれども。

先日は若い友達が遊びに来てきくれて、そのまま泊まっていきました。翌日仕事に行く日本食が大好きな彼女に、日本のお弁当を作ってあげるなんて何かの勢いで言ってしまったものの、彼女がヴェジェタリアンになったことをすっかり忘れてました。肉無しでどうしたもんか?我が家には誰も使う人がいない可愛い日本の弁当箱に入れて、見掛け倒しで何とか詰め込んだニッポン風弁当を作って思ったのは、日本の弁当は何種類もの物を彩りよろしく入れなくてはいけなくて、毎日なんて作ってられないわ。日本の母さんは偉い!もちろんその日は息子は弁当無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

パリの楽しいお医者さん

フェイスブックをしていると、毎日の様に、”今日はOOOOさんのお誕生日です”というメッセージを受け取って、その度にびっくりするのは、へっ又あの人お誕生日!?
月日が経つ速さが恐ろしい勢いで増しています。ブログも、しまったしまった、2週間ぐらい書いていないなぁと反省していたら、何と1か月近く無しのつぶてをしてしまいました。ここで再び心底びっくりしました。若者の動きと我が身の動きを比べて見れば、1日にできる事の量の差は歴然です。彼らは1回聞けば済むのに、わたしらは、何回も念を押さなきゃ気が済まないし。その間に、若者を事を済ませています。こんなことですから、あっという間に時間に追い越されてしまうんですね。

そんな塩梅でいるもんですから、まだまだ先と思っていた、肺のレントゲンやアレルギーのお医者との予約も直ぐにやってきました。前回行った時に処方された薬のお陰か随分と改善し、薬を飲むのも忘れていた程でした。

レントゲンの結果を待っている間、レントゲン技師が、妙に真剣な顔付でやってきて、”マダムミツイ、もう一度いらしてくださいますか” と。”おーおー、陰でも見つかったんか?又は肺が真っ白になってたんか?”と急ぎ足で後に続き、もう一度レントゲン室に入れられました。”直ぐ終わりますからね” はいパチ。何だ、1枚取り忘れたんか。問題なし、全て正常、の結果を持ってアレルギー先生の元へ。

アレルギー先生、レントゲンの結果を見て、これは素晴らしいですね。喜ばしい、喜ばしい、と嬉しそう。今日はこの中に入ってあなたの肺活量やら細々検査しますよ、とガラス張りの電話ボックスのような中に入れられました。”あなたはスキューバーダイビングをなさったことはおありですか?” ”まさか、無いです。” ”ではこんなのくわえたことないでしょう”と両手で掲げで見せてくれたのは、正しくシュノーケルの口に入れる部分そっくりな物。しかし、シュノーケルのそれよりずいぶんと大きいのです。”歯を後ろに、舌は前にして” など言葉で説明されると曲芸みたいで、そんなことできるのかと不安になりました。はい、お口にすっぽり入れて、と号令かけられてもこんなでかいの入るのかと取り越し苦労しながらも、ドアは閉められ検査が始まりました。
もうたまりません。オーケストラの指揮者のごとく、”はい、大きく息を吸って~ぇ”と思いっきり背伸びし手を振り上げる先生。”ブーと思いっきり息を吐いて~ぇ、それ!”と体ごとのジェスチャーでオーダーします。
”さぁ今度は普通に呼吸して~ぇ” と、胸を張って真剣に呼吸してみせる先生。見ないようにして、笑っちゃダメダメと念じていても、吹き出る笑い。
”おやおや、そんなに楽しいですか?あ~初めての方には楽しいでしょうね” ”とっても上手ですよ、良いんですよ、その調子で、でももう1度やってみましょうね”と何度もやり直す羽目に。

結局、まだちょいと問題があるので、もう少し弱い薬を続けて服用するようにとのことでした。
次の予約は3か月後。そんなのちょっとよそ見している間でしょうね。という事はもうすぐクリスマス。
くわばらくわばら。

 

 

 

 

 

 

綺麗な足が勢ぞろいな夏

世界中が”こんなの初めてだ!”と言う気候を体験した2018年。フランスも洪水やら酷暑やらで散々な目にあっています。パリも溶け落ちるかと思うような暑さが長々続いていました。1日に軽く5リットルは(ワイン含む)の水分をお腹が壊れる勢いで取っていました。行かなければいけない所も、行きたい所も、まぁいいかと後回しになり、仕事以外の用はなるべく外に出ず、暗くした快適な家の中でひっそりしている毎日を送っていました。

35度、37度が続いていた日々は、老いも若きも女性はヒラヒラ風通しのよさそうなワンピース姿でした。最近売っているワンピースはどれも膝上10セッンチ以上の短めなので、前も後ろも横も生足だらけ。そこでつくづく発見したのですが、最近のフランス人は皆綺麗な足をしているな。細く長く、何処までも真っすぐな足がとっても多くなりました。前は真っすぐだけど、ムッチムチの足が一杯あったのに。どうしたことでしょう?

アメリカ人だったら足元はビーサンだろうけど、パリジェンヌは素敵なサンダルをきちんと履いています。足をむき出しにするからか冬よりヒール姿が多いです。

長い足というのは、異性を強く引き付ける要素だそうです。私でも女性の綺麗な足には怪しまれる程うっとり見惚れますもの。あ~、我々呪われた日本人はどうしたらいいのか?

今、スポーツのヨーロッパチャンピオン大会をやっていて、たまに息子が家に居るとテレヴィはその番組がつけっぱなしになっています。何気なく見ていて気が付いたのですが、カエルみたいな3段跳びの選手達は、皆足が長いと見て取りました。足の長さが物を言う競技なんでしょうか?

そんな暑々の日々が続いたある日、いきなり最高気温20度を割るという突飛な気温になり、皆さっとジャケットを羽織るという、いつもながら感心するフランス人の洋服のスタンバイぶりです。これも衣替えと言うシステムがないからできる技です。私も、12度という気温の朝から出かけた時は長袖に大判のスカーフにブーツという出で立ちで、前日の風通しの良いビラビラした服装から一転しました。

翌日も誠に素敵なお天気の最低気温12度、最高気温24度。翌々日は最高気温26度、これは8月のパリの平均気温です。湿気が無いので、木陰でぼんやりしてたらブルリとしてしまいます。

これで、猛暑、酷暑も一段落して、本来の素敵なパリの8月が続くことを切に願っております。もうおばさんは暑さに耐えられない体になりました。

 

 

 

 

 

怒っちゃダメ!

色々な事柄がちゃっちゃと進まないのがフランスの普通、と言うと、こっちもよ、という声がアメリカ、イタリア、スペイン、エゲレスなど世界中から返ってきます。

先日、12時45分の医者の予約に12時40分に着いて、間に合った!とホッと本を読み始めました。ハッと気が付いて時計を見ればもう13時50分。どんなに遅くとも14時には家に帰って、着替えて15時の約束には間に合うというのがその日の腹積もりだったんです。本と時計と待合室のドアの3か所を順番に睨みつける忙しない時間を過ごすこと35分。2時間近い遅れです。やっと診察室に入れば、”少しお待たせしちゃったわね” ”いえいえ、すっごく待ちました” の私の言いぐさにムッとした空気を醸し出す医者。医者に機嫌を悪くされては怖いので、愛想良くさっさと話題を変えました。明日からヴァカンスなの、とウキウキの医者は、9月に又いらっしゃい、お待ちしてますよ。と円満の微笑みで送り出してくれました。

スーパーでワインを6本買いました。他に夕食用に色々買ったのですが、レジの会計で、はっ?て金額を言われました。”何かおかしくないですか”と言うと、”あっちで聞いて、ともかくこの金額を払ってください” 長蛇の列なので、おとなしく支払って、受付カウンターのこれまた長蛇のしっぽに着きました。やっとこさの順番に”このワインの値段違います。”と見せると、受付の2人のピーチクババアは、パソコンを叩いて、このワインはこの値段よ、と2人で言い張ります。負けずに違うと言い張る私。仕方ないわねと何故か2人してワイン売り場に見に行くババア。もちろん私が正しいのですが、このワインがこんな安いなんてね、あなた良く見つけたわねと褒めてくれました。私の後ろにも人がどんどん並んでいます。モノプリという日本でも有名な大手のスパーだけあって、返金はカードに即されていました。

郵便物が届いています、いついつ以降、何処何処の郵便局に取に来てください。と留守の間に来た配達人のメッセージ。翌朝遠い郵便局までバスに乗って取りに行けば、”あなたの郵便物はまだここに届いていませんね” ”何で?” ”あ~、配達人が日にちを間違えて書いてしまったんですね、明日以降にここに届きます”
”あ~あ、こんな遠くまでせっかく来たのに”としょんぼり帰ってきました。翌日の夕方、再び郵便局、同じ係りの兄さん。”あれ?無いですね” ”何で?” ”どうやら違う郵便局へ行ってしまったようです” 少々うんざりした様子を私がしたようで、係りの兄さん、”お電話番号を教えてください、状況が分かり次第ご連絡し、配達し直します” かなり機転が利いて、親切心が強い兄さんです。忙しくしていて電話を受けることもできなかった翌日の夕方、留守電に”配達したのですが、お留守だったようで、郵便物はこちらの局に戻ります”というメッセージを聞きました。翌朝早く3度目の郵便局へ行こうとして、留守の宅配通知表が見つからず大いに焦りました。ええ、もうええわ。と顔パスを狙ってそのまま出かけました。
すっかり顔馴染みになった兄さんは、”ご機嫌いかがですか?昨日はお留守だったようですね” と他のお客さんをおっぽって私の郵便物を探しに行ってくれました。手ぶらで戻って来る兄さん。”まだこの郵便局に戻ってきてません” ”何で?” ”10時頃にトラックが来ます” 私がうんざりする間も与えず ”私が午後直接お届けします、えーとパン屋があってホテルがある辺りですね”と、私が指定した変てこな時間帯に本当に来てくれたのには驚いたもんです。増してや、本好きな友達が、読み終わった本を時々送ってくれるのですが、日本からのその本の小包だったもんだから、嬉しさも一入でした。

このような事態で一々怒っていたら直ぐに禿になります。やれやれと肩をすぼめるぐらいにしておけば、何だかほんわりする落ちに終わるのがフランスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孝行息子

リリー フランキーという名前を何かで見たとき、あ~オトコオンナのオカマね、と決めてかかりました。その後映画で姿形を見たとき、満員電車に乗っているおっさんみたいな風貌と名前とのギャップであらあらと軽くショックを受けました。そしてその後、東京タワーという本を、著者を見ずに読み始めて、誰これ書いたの?と表紙を見て再びあらあらあら、リリー フランキー。名前と見かけとこれまた大きく食い違っていてびっくり。いい言葉使いだな、このすっきりした文章いいな、と、もともと方言に滅法弱い私は、一層の大粒でボロボロ泣きながら読みました。
こんなオカンだから息子も優しくて、大切に愛してくれるんだな、私には無縁の事だわ、と本を閉じました。

ここの所、朝が肌寒い位なのに日中は日本より太陽の角度が鋭い為、ジンジンの太陽の下で30度という日々が続いています。どうせ直ぐ暑くなるのだからと、朝早く出る時も昼間用の出で立ちでブルリとしながら出かける毎日を送っていましたら、もうバカンスに行ってきたの、と言われるほど日に焼け、その上風邪まで引いてしまいました。
仕事がひと段落着いた翌日から微熱が出て、声が出ません。居間のソファ―に、自分の状況に何も対処していないでぐったりしている母親を見た息子は、封を開けた薬と水を両手に持ってスタンバイ。喉に塗る薬に喉に巻くスカーフにマスクも用意。お昼は、これが何とも息子らしいのですが、あのガサガサのバゲットのサンドイッチ。中に挟んであるハムなどは食べやすいように細かく切ってあるのですが、如何せん、チクチクして呑み込めません。喉通らない、とジェスチャーで伝えると、慌ててヨーグルトや皮を剥いたオレンジを持ってきました。うとうとしている最中時々覗きに来ていた感じで、目を覚ますと熱いお茶を入れてくれます。体がだるいのは見た目には、どんなもんか分からないですが、声が出ないのは一目瞭然の病気なので、かいがいしく動き回る息子を見ていて脳みそでニンマリしていました。夕食は学習したのかお蕎麦を作ってくれました。ちょっとこれは無理してでも完食せなあかんなと頑張る母。
夕食の後片付もきっちりして、手を拭きながら、直ぐ近くにいるから何かあったら電話してね。と、友達との約束も家の近所でしたようです。
親が無くとも子は育つ。アホな母親にも良い子は育つ。

ところで、すっかりリリー フランキーの本のファンになったのですが、他に本は出していないんですかね。

 

 

 

 

 

 

 

パリのワールドカップ

ムワムワ暑いバスの4人掛けの座席によっこらしょと座りましたら、既に座っていた3人が俯いて真剣顔をしていました。横目で観察していると、頷いたり、手を広げたり、ため息ついたり、3人同じリアクションをするんです。1人は30代位の地味なデブ気味男性、もう1人は可愛い20代のほっそりした女性、そして40代のおばちゃん。3人の共通点は見当たりませんし、彼らは真っ赤な他人です。そのうち、亀の歩みのバスから見える外から、地響きのような怒濤が湧きあがりました。何の事件かと目を見張れば、そこら中のキャフェから道一杯に膨れ上がっている人間が狂喜乱舞していました。その1分後位にバスの3人も拳を振り上げました。なるほどサッカーです。テレヴィでの実況中継と、ネット中継とではかなりの時差があるんですね。

65%のフランス人がワールドカップを見ているそうです。パリには、こんなにあって良く商売が成り立ちますねと思うほどキャフェがありますが、そのほとんどが、ワールドカップの為に大型テレヴィを設置してサッカー中継を流しています。テレヴィを置かない気取ったキャフェは閑古鳥です。キャフェからはみ出た人達は立ち見でちゃっかり見ています。まるで昔々、近所で最初にテレヴィを買った人の家に窓越しにテレヴィを見に行く貧しい庶民の恰好です。

 

 

ブティックに入っても、パソコンにかじりついている店員はお客そっちのけ。

そのような情熱に同感できない私は、家でテレヴィが点いているから仕方なく試合を眺めていても、目に付くのは余計な物ばかり。壁に出るコマーシャルで中国語だけで出ていたりして、中国語を解しない少数の人間の事は頓着しないというダイナミックな考えには感動さえしました。

ヘディングが悪いのか禿が多い選手の一々に、あの人いくつ?と息子に聞いて、28歳、なんて聞くとつくづく気の毒になったりします。

準決勝が決まった日は、もう優勝したかの勢いで、凱旋パレードの定番、シャンゼリゼ通りが賑わいました。その日は大学進学資格のバカロレア全国統一試験の結果発表があり、学校の終業式でもあり、ヴァカンスに突入した幸せ絶頂のフランスでした。
 

 

 

 

 

 

 

パリのお一人様

よーく見回してみますと、私の周りは一人者が殆どです。一度も結婚していない人もいれば、少なくとも一度は結婚した人とか、死別した人とかと状況は色々ですが、カップルとしての生活を営んでいない人ばかり。良い人がいりゃ考えなくもないけど、今更誰かと一緒に暮らすのも相当の勇気がいるわな、というのが皆の思いです。

面白い記事を読みました。心の支えは誰ですか?のアンケートで、
日本人、アメリカ人、ドイツ人、スエ―デン人の男女で調べた所、男性はアメリカ人以外全て心の支えは妻でした。アメリカ人男性は子供が心の支え。打って変わって女性は4か国揃って、心の支えは子供ときっぱりでました。
子供さえいれば旦那はいらないとよく聞きますが、本心のようですね。反して男性はやはり嫁べったりになるようです。嫁はんに先立たれた旦那は直ぐ後を追うと言いますものね。
それにしても心の支えが子供というのは危険極まりないと思います。親の思い通りにならないのが子供ってもんです。子供は自分の人生をぐんぐん行きますので、そこに親の場所を作ってくれる奇特な子供なんて,まぁいませんがな。私自身がそんな子供なのですから。いまだに私の母はいつ私が日本に戻って来るのか首を伸ばして待っているのです。他に誰も居ない、妻だけを心の拠り所にしている旦那と2人で支え合って生きて行くのが正解の人生だと思うのです。が、これが又超難問。

一人者ばかりなので、誘い合って遊ぶのも手軽にできます。週末プチヴァカンスに行ったり、昼間っから飲んだくれたり、夕方からキャフェのテラスに賑やかに陣取って夕食作るの忘れたりと女の人は自由を楽んでいられます。これじゃ誰かに束縛されるなんてまっぴらごめんだわとなる訳です。

一方、一人身の男性は癌などの病気になる確率が非常に高くなるそうです。

中国では、5人に1人の男性が結婚どころか、ガールフレンドも居ないと言います。これはアメリカが仕掛けた産児制限の結果、圧倒的に女の子の数が少なくなってしまったからです。アメリカって他所の国の事を何でもコントロールするんですよね。日本も韓国もインドもアメリカによって産児制限させられたんですからね。アメリカは発展途上国の人口が増えると共産主義になると危惧しているそうです。ほっとけ。
女性の数が少なければ、貧乏人にとって大金が必要な結婚なんて夢の又夢、破れかぶれになって少女誘拐が多発しているそうです。

パリジェンヌ(女)の半分は独身です。独身といっても結婚していないというだけで、1人でおとなしくしているパリジェンヌ(女)なんているわけがなく、アヴァンチュールを楽しんでいるはずです。パリジャン(男)だって半分近くは独身なんですから、いくらでもその辺歩けば良い人にぶち当たりそうですが、そうは行かないのが人生ってもんです。

なんでもカップル単位だったフランスも、最近は夜のレストランなどでもレズでなく女性同士やホモでなく男性同士で楽しそうにテーブルを囲んでいる風景が多く目に付くと感じます。映画やコンサート、展覧会など私は一人で行くのが好きなのですが、そんなお一人様は結構います。

 

 

 

私の憧れは船乗り。1年に2か月位しか陸に上がってこないような。そしたらうんと優しい良い嫁になれるのにな。早く帰ってきてね、なんて本気で言えるような。誰かいないかなぁ。

 

 

 

 

 

パリのお医者さん

パリの大気汚染の酷さは既にお話したと思いますが、その被害をとっぷり被ったという事もご報告しましたね。やっとやっと待ちに待ったアレルギーの専門医の予約日になりました。
通常通り、ボンジュール ドクターXXX、と握手をしてのご挨拶。このドクターの名前がちんぷんかんぷんで覚えられない事もままあり、その場合ただ、ボンジュール ドクターと省略されます。
今回のドクターはいたって平凡な名前でした。
”どうなさいましたか?”とお決まり文句、聞かれた私は患者らしくぺらぺら状況説明をしました。
”前は他のドクターになんと言われましたか?”
”今回初めて専門医に来ました”
”ほー、私があなたの初めての専門医ですか、それはそれは何とも光栄ですなぁ~。いや~私を信用してくだすったんですなぁ、嬉しい限りですわ”
薄ら笑いを浮かべるしかできませんでしたよ。アレルギー専門医が歯医者や美容院のように近所にうようよいるわけがなく、チョイスはそうそうないので。。。。
”お見かけしたところ、あなたはアジアのオリジナルの様ですが、どちらのご出身で?”
”日本人です”
”ほー、ニッポンはいつもお天気が良いんでしょうね”
”?????今は世界中おかしな気候になって、日本も夏と冬が日替わりになっているようですよ、ここフランスしかりですよね”
”大統領の言っている事を真に受けてはいけませんよ”と突然言い出したり、話は尽きません。

話の合間には、それでも肺活量を調べたりするのですが、”おやおや、小っちゃいですね、男性なんかびよ~んと飛び出すのかと思うほど伸びるのですがね。まぁあなたは体自体が小っこいから、こんなもんでしょう。気にしないで、問題ない、問題ない”

聴診器を当てて”はい大きく息を吐いて、吸って”と言うくせに質問するもんだから、息を吸ったり吐いたりすることも、質問に答えることもできない有様になりました。

しかしながら、最後の方では、懇切丁寧に、先ずレントゲンを撮って、お薬はこのような作用があるXXXとXXXXを服用してなど、今後のスケジュールを説明してくれ、硬い握手を交わし別れました。

な訳で、よく映画で見る、興奮した時に発作が起きてバッグの中身をぶちまけて震える手で探すあの吸入器を常に携帯する身分になりました。

それにしても、フランス人のドクターは個性的な人が多いのか、たまたま私がそんなドクターにいつもあたるのか?
今回もおもろいドクターです。