魔法の手

肋骨を折って早2カ月近くになり、完全と言っていいほど回復しています。
と皆に報告していた矢先、突然右の肩甲骨から頭の付け根までが痛くなりました。寝違えたのかと揉んだり、温めたり、湿布したりをしたのに一向に治まる気配が無く、そのうち大火傷したような痛みになり、これまた居ても立ってもいられず、呼吸すらできない痛みに襲撃されるようになりました。皮膚は何でもなく、首や肩の動きにも問題がない所を見ると神経がどうにかなっているんだと想像しました。

肋骨骨折の時にお見舞いに来てくれた友達が、絶対彼女の所に行きなさい、と置いていった電話番号に電話をして、”どえらく痛いんです”と訴えました。
電話の向こうの声は、気持ちの良い音程で穏やかに包み込むようで、電話しただけで何だか安心した気持ちになりました。彼女は整骨医です。

予約の日、想像通りの小柄で落ち着いた静かな女性がドアを開けてくれました。通常の整骨医とかけ離れた彼女の治療法。殆ど体に触らないのです。せいぜい軽く手を当てるぐらい。私がすることはきちんと呼吸をすること。30分程静かな時間が過ぎて、”はいもう大丈夫”とニッコリ。まだびりびり火傷の感じがあるけど。。。といぶかると、”48時間は様子を見てね”後48時間痛いのか、とちょっとがっかりして家に帰りました。

私は猫の様に横向きに丸まって寝る貧乏くさい癖があるのですが、その夜仰向けに寝ることが出来なくなりました。仰向けになるとなんだか苦しいのです。そして妙に暑くなるのです。おーお、何かが体内で動いているなという感覚です。そして翌朝、すっかり痛みが無くなっていました。ハレル―イヤ!

肋骨を折った時にあまりの痛みで内臓もギュッと収縮し、息もろくにできなくて血液も空気も通わず先端の神経を痛めてしまったようです。きちんと呼吸することがどんだけ大切な事かよくわかりました。

保険も効かないし、高いのでそうそうは通えませんが、心強いアドレスを貰って本当によかった。
彼女は催眠術もできます。何かお困りのことがある方、そっとお教えします。

思いの違い、フランス対ニッポン

最近へぇーと思ったことです。
日本人の常識的行動として、親御さんの体調が悪くなったり、入院されたりした場合旅行は先ず取り止めますよね。お客様や友達でも、父親が入院して、となれば旅行をキャンセルされます。当然です。

私の旅好きな友達は、お父様が日に日に死に近づいているというのに、平気で2,3週間遠くの国へ旅行に出かけます。
尊敬する父親に毎日電話をするような孝行息子がです。お父様は一人住まい、看護婦さんが4人交代で24時間付いています。もう電話で話すこともできない状態になっても、アフリカに遊びに行きました。”あんね、こんな時日本人はね。。。。。”と我ら日本人の心情を伝えると、”パパが死ぬのをただじっと待っていたってしょうがないでしょ。その為に僕の生活が滞るのは意味がない”だって。

あとへぇーと思う点は、彼等夫婦は遠くに住んでいる父親の元に住むことも物理的にはできる環境だし、ましてや父親がパリの自分のアパートに戻ってくれば、息子、娘の近くに居られるのに、何故そうしない?
父親、息子その嫁、娘その旦那の5人は仲良しです。これがフランス式個人主義ってもんでしょうか。

病院に入院すればもっといろいろな点で簡単なのではと思うのです。昔何かの本で読んだのを思い出しました。病院とは元々貴族や裕福な人の慈善事業として貧乏人救済で建てたものです。よってヨーロッパ人にとって貧乏人が行くところであって、入院したら最後、元気に退院することはない不吉な場所。ある程度余裕のある人は家で治療するもの。というイメージを持ち続けている階級の人が居るのでしょう。

未だに、火葬に対する嫌悪感を持っているフランス人がいます。その人たちの頭には、お墓に入って待っていると、天使がラッパを吹いて、”はーい、最後の審判の時間ですよ”と呼ばれて、よろりと起き上がって最後の審判を受けに行く。体が無くなっちゃったらどうやって審判の場所まで行けるんだい?と焼いちゃうなんておっとろし。とぶるりとするんでしょうね。
日本人からしたら、遺体が生で埋まっているこちらのお墓は不気味なだけでしょう。

こういった人生観の違いが国際結婚のひびの元になるんでしょうね。

素晴らしき日本食?

ある人を中心に顔見知りだけど、全員一同に会ったことがなかったおばちゃん6人を集めて家でご飯を食べる事にしました。

呼んだからには、メニューを考えて、野菜、果物は朝市で買うので買い物のスケジュールを組んだりして、よっしゃ~と思っていたら、前日になって、”そう言えばあたしらヴェジタリアンになったのよ”とのメッセージ。その”あたしら”2人はユダヤ教徒なので、いつも彼女達の食事には気を付けていたのですが、お肉料理を考えていたので、でんぐり返りました。その他のおばちゃん達は宗教は関係ないのですが、流行りのオーガニック愛好家。私だけです何でも食べる雑食動物は。

したらばと、私の宝箱に入っているヒジキやわかめや高野豆腐を出してきて、豆腐を買いに走り、常備してあるレンズ豆やキノアなどでヘルシーディナーに変更。この気取ったヴェジタリアンレストランのメニューを作っていて思ったのが、日本食を作って食べている日本人には何一つ特別な調理はないなぁ。”きゃ~、大変だったでしょ、こういうの作るの”と皆は感動してくれましたが。簡単簡単、屁の河童。粉を付けて焼いた豆腐に、菊芋、サツマイモ、ニンジン、長ネギ、キノコのココナッツミルクのスープなんて目つぶっても作れます。

楽しい食事中、辞書のような物知りおばちゃんが、あーたこのヒジキどこで買った?パリに住んでいるお陰で友達はしょっちゅう来ます。これがミンクス辺りに住んでいたら誰も遊びに来てはくれないと思いますが。なので私の宝箱に入っているヒジキやわかめ、海苔、お茶などはお土産で頂く日本直の物ばかりです。

物知り彼女曰く、ヒジキはフランスでは輸入禁止になっているそうなんです。ヒッ素やヨウ素が多すぎるらしいんです。体に良いだけが取り柄と思っていた、昆布、ヒジキ、わかめ、出汁はヨウ素含有率がトップですって!

そういえば、東京オリンピックに向けて、選手達の食事で心配事が、日本はオーガニックの規定が緩すぎて、あてにならないそうです。農薬の危険性に対する意識が低くいので、日本ではオーガニックがまだまだ広まっていないのは現状の様です。確かにオーガニックの見本市に行っても、日本のブースは数件、そこへいくと中国ブースはすっごい数出ています。世界の動きをがっちり把握しています。

ダイエットできて、体に良いから長生きできて、見た目も美しいと言う世界の評価の日本食。昔話にならないよう切に願ております。