パリの楽しいお医者さん

フェイスブックをしていると、毎日の様に、”今日はOOOOさんのお誕生日です”というメッセージを受け取って、その度にびっくりするのは、へっ又あの人お誕生日!?
月日が経つ速さが恐ろしい勢いで増しています。ブログも、しまったしまった、2週間ぐらい書いていないなぁと反省していたら、何と1か月近く無しのつぶてをしてしまいました。ここで再び心底びっくりしました。若者の動きと我が身の動きを比べて見れば、1日にできる事の量の差は歴然です。彼らは1回聞けば済むのに、わたしらは、何回も念を押さなきゃ気が済まないし。その間に、若者を事を済ませています。こんなことですから、あっという間に時間に追い越されてしまうんですね。

そんな塩梅でいるもんですから、まだまだ先と思っていた、肺のレントゲンやアレルギーのお医者との予約も直ぐにやってきました。前回行った時に処方された薬のお陰か随分と改善し、薬を飲むのも忘れていた程でした。

レントゲンの結果を待っている間、レントゲン技師が、妙に真剣な顔付でやってきて、”マダムミツイ、もう一度いらしてくださいますか” と。”おーおー、陰でも見つかったんか?又は肺が真っ白になってたんか?”と急ぎ足で後に続き、もう一度レントゲン室に入れられました。”直ぐ終わりますからね” はいパチ。何だ、1枚取り忘れたんか。問題なし、全て正常、の結果を持ってアレルギー先生の元へ。

アレルギー先生、レントゲンの結果を見て、これは素晴らしいですね。喜ばしい、喜ばしい、と嬉しそう。今日はこの中に入ってあなたの肺活量やら細々検査しますよ、とガラス張りの電話ボックスのような中に入れられました。”あなたはスキューバーダイビングをなさったことはおありですか?” ”まさか、無いです。” ”ではこんなのくわえたことないでしょう”と両手で掲げで見せてくれたのは、正しくシュノーケルの口に入れる部分そっくりな物。しかし、シュノーケルのそれよりずいぶんと大きいのです。”歯を後ろに、舌は前にして” など言葉で説明されると曲芸みたいで、そんなことできるのかと不安になりました。はい、お口にすっぽり入れて、と号令かけられてもこんなでかいの入るのかと取り越し苦労しながらも、ドアは閉められ検査が始まりました。
もうたまりません。オーケストラの指揮者のごとく、”はい、大きく息を吸って~ぇ”と思いっきり背伸びし手を振り上げる先生。”ブーと思いっきり息を吐いて~ぇ、それ!”と体ごとのジェスチャーでオーダーします。
”さぁ今度は普通に呼吸して~ぇ” と、胸を張って真剣に呼吸してみせる先生。見ないようにして、笑っちゃダメダメと念じていても、吹き出る笑い。
”おやおや、そんなに楽しいですか?あ~初めての方には楽しいでしょうね” ”とっても上手ですよ、良いんですよ、その調子で、でももう1度やってみましょうね”と何度もやり直す羽目に。

結局、まだちょいと問題があるので、もう少し弱い薬を続けて服用するようにとのことでした。
次の予約は3か月後。そんなのちょっとよそ見している間でしょうね。という事はもうすぐクリスマス。
くわばらくわばら。

 

 

 

 

 

 

あ~、してやられたぁ~。

期間限定で特別公開なんていうのに滅法弱い私。それも”グランパレの地下700メートル初の一般公開!” 即予約しましたよ。
グランパレは1990年のパリ万博の為に建てられたエクスポ会場です。その万博が終わったら、当時の大スター建築家、デザイナーのコルビジェの、とっとと壊して ”20世紀のアート美術館” を造るというアイディアが認可されたのですが、コルビジェが亡くなって、計画も頓挫し、お陰をもって今現在も堂々とセーヌ川の横に立ちはだかっているグランパレ。
 

 

予約の日、職業柄時間より早めに着いたのですが、とってもフレンドリーな係りの可愛い子ちゃんに、こちらにお座りになってお待ちくださいね、と案内された木陰の椅子で本を読み始めたら、すっかり何しに此処に居るのか忘れて、あらあら、早く早くと可愛い子ちゃんに急き立てられました。

15人位のグループでいよいよグランパレの秘密の地下へ向かいます。案内の兄さんは、僕はアルピニストで、夏の間ここで井戸掘りのバイトをしています、とスペイン語圏の人らしく、ざ、じ、ず、ぜ、ぞ、が言えないフランス語が不自由らしい人。修復工事をしていて建設当時の地下700メートルの井戸を発見したとかぺらぺらぺらのお話をヴィデオなども見せながら説明。
エレヴェーターで地下に降りて行くにあたって、普段工事人の為のエレヴェーターなので、早い速度で降りて行くので、途中気持ちが悪くなるかも知れません。
下の方にはガスが発生してますが、体に影響はないガスです。しかし鼻の下にこれを塗っておいてください、とヴィックスのミントのポマードを皆に回します。
臭い匂いはかなわないわ、と大量にポマードを付けて白い髭の様になっている人を皆で笑ったりしながら、期待に鳩の様に胸を膨らませてエレヴェータに向かう一団。
エレヴェーターの入り口には、発掘していて見つかった、缶だとか皿だとかヨーグルトの瓶などが展示してあり、皆19世紀の終わりの品々にノスタルジックになりました。

四方真っ黒な正方形のエレヴェーターの真ん中にテーブルがあり、その上に何やら詩のような物が書いてある紙が数枚、建設当時の設計図など置いてあります。テーブルの周りに皆が立って、ガタガタゴトゴト、せこい遊園地の乗り物の様に揺れながらエレヴェーターは下降し始めました。途中、兄さんは紐を引っ張ってエレヴェーターの小窓を開けて下降している事を見せてくれました。
エレヴェーターが止まると、兄さんはテーブルの上の一枚の紙の ”このエレヴェーターに乗った我ら皆兄弟、一致団結” 的な文章を読み上げ、皆拍手。”はい、では上に上がります” ”へっ” ”降りないの” ”出られないの” ”?????”。の皆の問いかけに、”とても危険ですから出るなんて不可能です” キツネに抓まれた私達。そこに、兄さんの携帯が鳴り響きました。
 

 

 
 
眉間に目一杯の皺を寄せて対応している兄さん。”すみません、具合が悪くなった者がいるようなので彼をこのエレヴェーターに乗せてもいいでしょうか?”
皆大喜び!何と、真ん中にあるテーブルの上板を外すと奈落の底の様な地下が見えました。ヘルメットをかぶった3人の人が宙づりになって壁にへばり付いています。
”どーした?” ”気分が悪い、病気だ!” ”ご案内しているお客様が居るけど、このエレヴェーターに乗って来い、皆んさんOKだ” ”そうだそうだ、早く乗りなさ~い” と叫ぶ私ら。彼ら同士のこの会話はフィンランド語?見たいな聞いた事も無いような言葉にフランス語が混ざっています。それにしても妙に暑い、汗だらだら。のそのそしている3人。バカなのか1人が逆方向に降りて行きます。私ら唖然。”あの人何しているの????” そのバカはぐっと下まで下がって、何やら蓋を開けると、地獄の窯の様にゴーゴーと真っ赤な炎が燃え上がりました。”何やってんだっ、早く閉めろー” と大あせりで叫ぶ我らの案内人の兄さん。このあたりで、ゲラゲラ笑いが起こりました。全くもってしてやられました。
最初っから最後まで、完全なるお芝居。最後まで真剣眼で、大丈夫でしたか?と演技をし続ける兄さん。結局あの暑さから考えて、私達は2メートル位しか降りてないんではないかしら。
出口で、よくぞ無事に戻って来られましたね、ご苦労様でした、とお水なんか振る舞われました。最後のダメ押しが、ボランティアで井戸掘りを手伝ってくれる人を募っています。ご興味のある方はここに記入してください。結構な人が名前、電話番号、メールアドレスを記入していました。
スタッフ全員、役に徹して全く素晴らしいすっとぼけっぷり。

有料だけど、この大掛かりないたずらには誰も文句は言わないと思います。
それにしてもあの穴は本当だったのでしょうか?あの穴の底のゴーゴー怒ったような炎は何だったんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

綺麗な足が勢ぞろいな夏

世界中が”こんなの初めてだ!”と言う気候を体験した2018年。フランスも洪水やら酷暑やらで散々な目にあっています。パリも溶け落ちるかと思うような暑さが長々続いていました。1日に軽く5リットルは(ワイン含む)の水分をお腹が壊れる勢いで取っていました。行かなければいけない所も、行きたい所も、まぁいいかと後回しになり、仕事以外の用はなるべく外に出ず、暗くした快適な家の中でひっそりしている毎日を送っていました。

35度、37度が続いていた日々は、老いも若きも女性はヒラヒラ風通しのよさそうなワンピース姿でした。最近売っているワンピースはどれも膝上10セッンチ以上の短めなので、前も後ろも横も生足だらけ。そこでつくづく発見したのですが、最近のフランス人は皆綺麗な足をしているな。細く長く、何処までも真っすぐな足がとっても多くなりました。前は真っすぐだけど、ムッチムチの足が一杯あったのに。どうしたことでしょう?

アメリカ人だったら足元はビーサンだろうけど、パリジェンヌは素敵なサンダルをきちんと履いています。足をむき出しにするからか冬よりヒール姿が多いです。

長い足というのは、異性を強く引き付ける要素だそうです。私でも女性の綺麗な足には怪しまれる程うっとり見惚れますもの。あ~、我々呪われた日本人はどうしたらいいのか?

今、スポーツのヨーロッパチャンピオン大会をやっていて、たまに息子が家に居るとテレヴィはその番組がつけっぱなしになっています。何気なく見ていて気が付いたのですが、カエルみたいな3段跳びの選手達は、皆足が長いと見て取りました。足の長さが物を言う競技なんでしょうか?

そんな暑々の日々が続いたある日、いきなり最高気温20度を割るという突飛な気温になり、皆さっとジャケットを羽織るという、いつもながら感心するフランス人の洋服のスタンバイぶりです。これも衣替えと言うシステムがないからできる技です。私も、12度という気温の朝から出かけた時は長袖に大判のスカーフにブーツという出で立ちで、前日の風通しの良いビラビラした服装から一転しました。

翌日も誠に素敵なお天気の最低気温12度、最高気温24度。翌々日は最高気温26度、これは8月のパリの平均気温です。湿気が無いので、木陰でぼんやりしてたらブルリとしてしまいます。

これで、猛暑、酷暑も一段落して、本来の素敵なパリの8月が続くことを切に願っております。もうおばさんは暑さに耐えられない体になりました。