幸せになろう

幸せさん世界一は相変わらず北欧の国が占めているのは一体何故?と常々思います。
2019年はフィンランドが一番幸せさん。森があって、サウナがあって、家族が一緒に過ごす時間が沢山あって、ってことが人間に幸せを感じさせるのでしょうか。それともあまり欲がないという事か?

日本は58番目、フランスは35番目にランキングされています。フランス人の半分は幸せだわ、と感じているそうです。
フランス人というかパリジャンが、あ~幸せ!と感じる時と私も同感な点は、
ホームに着くと同時に地下鉄が来た時
早朝清々しいパリを歩く時
真新しいシーツに寝る時
本の香りを嗅いだ時
朝目が覚めて、今日は何も用がないと分かった時
テラスで一杯飲んでいる時に太陽が顔に当たる時
パン屋の前を通って焼きたてのパンの香りを嗅いだ時
やるべきリストに線を引いていく時
雨の日、暖かい家の中に居られる時
等々、こんな些細な事で一々幸せを感じて行かなければやっていけない世の中です。

アメリカでは、クァドゥル パーティーなるものがあって、参加者達が合意の下で抱きしめ合う会があるそうです。1時間70€也。抱きしめ合う事で幸せホルモンがジョワジョワ出るそうです。私は70€貰ってもノー サンキューだわ。

ヴァカンスに出れば、たとえ海辺で大雨に降られようが、スキー場でカンカン天気になろうが超ご機嫌になるフランス人。このイースターのお休みは、3人に1人と例年以上に出かけるフランス人が多く、国内だけでなく、太陽を求めてリスボン、マドリッド、ローマ辺りが人気だそうです。
近所のパン屋も1週間休んでいたと思ったら、こんがり日に焼けて戻ってきました。

10日間ぽっちの休みをどう過ごしていいか分からないなんて言わず、何にもしないという事にも幸せを感じるアンテナが58番目の日本人には必要なのではないでしょうかね。
ヴァカンスとは空白とか無為ということなんですから。

フレンチ ニュー ウェーヴ

3月29日に亡くなった、アニエス ヴェルダの映画、エイズで亡くなった夫である “ジャック ドゥミの少年期” がテレヴィで放送されました。ジャック ドゥミと言えば、下手なんじゃないの?と思うようなカトリーヌ ドゥヌ―ヴが歌うミュージカル映画、シェルブールの雨傘等の監督として有名です。その古いフランス映画を見ていて思い出したのが、肉まん。

昔々、よく姉と今は無き京橋フイルムセンターにフランス映画を見に行っていました。それこそヌーヴェル ヴァーグのヴェルダ、ゴダール、トリフォーなどの映画です。脳みそも何もかもが幼かった私は、さっぱり分からないと首を振り振り家路につくのがいつもでした。
姉妹が揃って映画に行くとなると、当時肉まん作りに凝っていた母は、当然おやつとしてホカホカ肉まんを持たせます。な訳で、ヌーヴェル ヴァ―グ=肉まんは私にとって切っても切れない関係なのです。

アニエス ヴェルダは時々見かけました。と言うのも、写真の発明家ダゲールの名を取ったパリ14区のダゲール通りに住んでいたヴェルダの家の直ぐそばのキャフェが、やはり同じ通りに住んでいた友達とのいつもの待ち合わせ場所だったからです。
ずっと変わらないざるを被せてカットしたようなヘアースタイルとピンクや赤の独特なファッションで、言われなくとも直ぐ彼女と分かります。
いつぞやジム モリソンがそのダゲール通りを歩いているヴィデオを見て、何故あんな所を歩いていたんだろう?と不思議だったのですが、アニエス ヴェルダとジム モリソンは仲良しだったと言うのを最近聞いて、あれはヴェルダの家に遊びに行くところだったんだ、と何十年も経ってから謎が解けました。

以前パリ9区の昔の娼婦の館を探しながらフラフラしていたら、トリフォーがこの家に生まれる、という看板が付いたアパートを見つけました。

まさか、京橋フイルムセンター時代の私が、その後ヴェルダを見かけたり、トリフォ―の家の前を通ったりすると知ったら。。。。
万感こもごも胸に迫ります。

ノートルダム寺院の惨事

本当に世界中に大きなショックを与えたノートルダム寺院の火災。たまたま近くで、アぺリチフを楽しんでいた私達は、何あの煙?と行ってみればぼうぼう炎を上げているノートルダム寺院。嘘でしょ、嘘でしょと百万回繰り返すばかりで呆然です。涙も止まりません。
家に帰って、食事もせず実況中継のテレヴィにかじりついていました。

教会の天井と屋根の間の空間は”森”と呼ばれる通り樫の木組みで成り立っています。何百年、イヤ樹齢千年なんてあり得る木々です。人間も果物もそうですが年を取ればかっさかさに乾燥します。なのであんなに早く広範囲に火が回ったんだと思います。
何時までも屋根が燃ているのを見ていて、何で山火事の時に出動するエアーカナディアンを使わないのかね、と独り言を言ったら、あんなの使ったら建物を壊しちゃうよ。と息子に軽蔑の眼差しを送られました。そうなのかしら?

鎮火した後でもノートルダム寺院は、さすが石造り、威風堂々としっかり立っています。
内部の祭壇の十字架も何事もなかったように金色に輝き、心配した約8千本のパイプがあるオルガンも無事。熱で溶けたりひん曲がったりもせず、分解して掃除をすれば大丈夫との事です。

マクロン大統領は、ここぞとばかりに、我らのノートルダム寺院を再建しよう!とフランス人の一致団結を呼びかけています。すっかり人気が落ちて、やいのやいの言われているマクロンは、そんなせせこましい事言ってる場合じゃないでしょう、ここはひとつ皆心を合わせてフランスの魂、ノートルダム寺院を救おうではないか!てな感じです。5年で再建させるぞ!の意気込みです。
それにしても、欧米の政治家は演説が上手いです。声の強弱、表情、間の使い方、凄い演技力です。そこへ行くと、日本の政治家、しゃべることが商売の弁護士まで、滑舌悪く、”えー”とか”あのー”とかばかりで何言ってんだか分からないのは何故でしょう。

フランスのお金持ち会社も太っ腹を見せて、どしどし寄付金が集まっています。何しろ60%の免税になるそうなので、きっと修復完成後には寺院内のどこかに名前が刻まれることでしょうし、寄付しない手はありません。

素敵なメールを受け取りました。鎮火に携わった400人の消防士達にお礼のメッセージを送りましょう、というサイトです。
現場でも消防士が通ると皆拍手していました。

あまり話題になっていないようですが、1か月ほど前、ダビンチコードの舞台になって、ローズラインがあるサン・シュルピス教会も小火で一部焼けたのです。
カトリック教徒にとって一番大切な復活祭が始まる週にこんなことになって!
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。