冬の病、あ~シュシュポス

どなたもそうだと思うのですが、寝る時と起きた時、はたまたお風呂に入る時って、全く同じ手順で、儀式の様に行動していると思うのです。まるで夢遊病者のように無意識に。

朝起きると、先ずスリッパを探すのですが、いつも無い。毎朝どういう訳かとんでもない所に散らばっているんです。きっと座敷童が夜中に遊んでいるんだと思うのですが。昨日もその前も明日も明後日もこうやってスリッパを探すのかとため息をつきながらやっと見つけたスリッパを履いて、毎朝思うのがギリシャ神話のシュシュポスの罪。
したたかに嘘をついて神様に怒られたシュシュポスは、大きな岩を山の頂上まで押し運ぶという刑を言い渡されました。やっと頂上まで運んだと思った矢先に岩は転げ落ちます。そして又やり直し。永遠に繰り返しても何の実も結ばない、不条理の世界。

スリッパを履いて、ガウンを引っ掛けて行動し始めれば、シュシュポスの事は消えるのですが、この一瞬の憂鬱はやはり冬独特の症状なんだと思います。
フランスでは、10月~3月の間に冬の憂鬱症が起こるそうです。人口の13%弱、圧倒的に女性に多いそうです。
ヴィタミンDを取れ、ナッツ類を毎日食べろ、ブラックチョコレートも良し。家に籠っていないで外で運動しろ、など鼻で笑うようなアドヴァイスが雑誌やテレヴィで言っています。
一番効果があるのが光療養と聞いて、そやそやと思い出したのが、北極圏での光景。診療所に光療養の機械が備えてあったわな。それに肝油のシロップがスーパーにずらずら並んでいたな。
今頃、あの辺りは1日1,2時間薄らぼんやり明るくなるだけで、永遠夜だろうから生きる為の絶対必需品ということで、説得力があります。

パリもかなり薄ら暗い毎日で,空はグレー色でありながらも日1日と1分から2分、日が伸びているという希望があります。今日の日の出は8時40分、日没が17時19分。明日は、日の出が8時38分、日没が17時20分。

なので、今の季節、でれんとやる気が無くて機嫌が悪いパリジャンにあたっても勘弁してください。彼らが悪いんじゃないんです。太陽がないからなんです。

さっき行ったブティックの姉さんは、”あ~もうやってられない、ケーキ買ってくる!2つ食べちゃうから”と財布を握りしめて出て行きました。

私だったら、”あ~やってられない、2杯引っ掛けてくる!”となることでしょう。

 

 

 

 

 

 

世界一の観光地!

2018年、ルーヴル美術館は1千万人以上の入場者を記録しました。2017年から25%アップというびっくり結果です。

ドラクロワ特別展の大成功、そしてなんといってもビヨンセとジェイZのヴィデオクリップがアメリカ人の憧れのパリ心に火をつけたようです。

入場者の4分の3は外国人。その中でもアメリカ人がトップ、2番は負けていない中国人。

アブダビルーヴルでたんまり潤ったお陰で、リニューアル工事も出来たし、毎月第一土曜日の18h~21h45まで無料という素敵なサーヴィスも昨日1月5日から始まりました。

いつまでも納得しない黄色いベスト達の要求に随分と譲歩した政府に、せやかてそのお金は何処から出てくるの?左のポッケから入って、右のポッケから出ていくんじゃないでしょうね、と皆横目で睨んでいる感じです。

先日、見てねと念を押された、知り合いのジャーナリストが作成したヴェニスのルポルタ―ジュをテレヴィで見ていて、あの海に浮かぶ街を維持するのにどんだけの費用が掛かるかをじっくり納得した矢先、この7月から訪問税なるものを徴収するというニュースを聞きました。ヴェニスに上陸するや否や否応なく税金が取られるわけです。既にヴェニスは観光税、宿泊税を設けています。

この訪問税は街の衛生を保つ為に使われるそうです。

人のかたまりでいつ落ちるんじゃないかとひやひやするリアルト橋を見ていると

この人たちが1人、コーヒー又はワイン一杯分程を払ってくれればごっつい収益になるだろうなと計算するのは正しい事だと思います。

観光客来ないでください、と言っているバルセロナやそこまで大きい声では言えないけど、いささか観光客にうんざりしているパリジャンだって、この方々が我々の税金の一部を負担して下さっていると分かれば、納得して、観光客ウエルカムと、もう少し愛想良くなるのではないでしょうか。訪問税、良いアイディアだと思います。賛成!!!

田舎の暮らし

この所ブルゴーニュの田舎に通う羽目になっていました。どうしても泊まらなければならない時は天使のような知り合いの家に泊めてもらっています。

どこのお宅も食事やアペリチフをひっかけにと何度もお邪魔はしていた家ですが、泊まるのは初めてです。

で、気づくのですが、どこの家もバスルームが異常に広い。なのにシャワーだけ。又は家族全員一度に浸かれるんじゃないかと思われるほど大きなバスタブがあるにはあるけど、作ったばかりの時に2~3度入ったといった形跡で、今では中にタオルが積まれていたりしています。

広い納戸を改造して作ったような我が家のバスルームに親しんでいる私には、歯磨きをしていてもなんだか落ち着かない空間です。

食事を作っていて、野菜くずなどを捨てるゴミ箱が無い。しょうがないからビニール袋にその他のゴミと一緒に入れたら、あ~ダメダメ!のダメ出し。

食べる物のゴミは鶏が食べるから捨てちゃダメ!

その鶏が生んだゆで卵を見てびっくり。普通の卵が発する濡れた犬の匂いがしない。豊かな穀物のような香りがするんです。

農家でなくとも、裏に鶏やカモやウサギがいて残飯整理の役をしています。

朝靄の中、パンを買いに行くのもいつもの事。以前はパン屋の車が回ってきてくれていたのにそれも無くなったそうです。

そのパンが不味いのなんの。チョイスがないから、パン屋もいい加減なパンを焼いて平気でいます。それでも、庭で採れた果物で作ったジャムを付ければ、ん~んと一口食べる都度唸っています。それぞれに家の味があって楽しい。今回はイチジクのジャムをお土産に頂きました。

パンを買いに行くから始まって、1日に何度も車で出たり入ったりしています。

車無しでは、生きていけない田舎暮らしを目の当たりにすると、黄色いヴェスト達の気持ちも分からなくもありません。

村に漂う暖炉の薪の香り、大好きな馬の香り、日暮れの空の色、全部体に詰めて帰りたいと思いながら、パリに戻る嬉しさ。

もう今日は2018年最後の日!と慌ててすっかりさぼっているブログを開きました。年々より面倒な出来事が次々起きて、余計時間が経つているのに気が付かづにいます。

神様お願い、2019年はもっと楽しい年にしてください!皆さんの分もお願いしときましたので、大丈夫、良い年になりますよ。

2019年も宜しくお願い致します。