帰国 高松編

”帰国”と言っても、私の母が待ちに待ってる永遠の帰国ではなく、ほんの一瞬の帰国でした。
御用があって高松へパリから先ず到着しました。初めての地です。
どんなところか調べて初めて、香川県、瀬戸内海、うどん、瀬戸大橋、金毘羅山、そして直島というキーワードを見つけ本当にびっくりしました。直島のエクスポジションを何年か前にボン マルシェで見てどげなところだろう?随分と遠い、ちょっとやそっとでは行かれない所と思っていました。なのに、ホテルの直ぐ横の波止場から1時間フェリーに乗ったらそこは直島。ホテルの部屋からも真っすぐに向こうに直島が見えるじゃないですか!
俄然元気が出て船の時間、島での移動手段など調べ始めたのですが、午前中しか時間が無く、車も無い私にはちと無理かしらと諦めました。あ~あ!もう2度とここに来ることはないだろうに、直島さんさようなら。

とっても静かな高松の夜は仕事関係の知り合いと居酒屋に居座っていました。暇そうなお店の兄さんに、直島ってどーよ?やっぱり良いとこ?午前中しか時間が無くても行ける?など未練たらしく直島にこだわって質問すると、あちらの方はガイドさんだから聞いてみたら、とカウンターの反対側に座っていた兄さんを紹介してくれたというか、強引にちょっとこっち来てよと呼び込みました。でかいビールジョッキーを抱えて素直にこっちに移ってきてくれたガイドさん。

物を口に入れる暇も無く質問攻めにされて参ったのか、”あのぉ~、僕明日休みなので、もし良かったら車出しましょうか?” とんでもない、そんな折角のお休みの日に、申し訳ないです。と一応大人っぽくご辞退申し上げたのですが、顔は正直にうんうん嬉し~ぃと出ていたようです。皆かなり飲んでいたので、翌朝覚えているのかなと不安になりながら約束の場所に行くと、すっきり爽やかな装いでガイドさんは待っていてくれました。

草間彌生のドット柄の直島行きフェリーは時間ピッタリに出航し時間ピッタリに直島に着きました。先ず直ぐ目に付くのが草間彌生の赤いカボチャ。う~んんんん。
車でクルリと島全体を回りました。風呂屋や家プロジェクトや黄色いカボチャなどのインスタレーションなども見たんですけれどもね。なんか違うんだな。
ずっと、う~んんんん~んと唸っている私の様子にタジタジしちゃってるガイドさん。

2時間の直島滞在中、唸ってばかりの私。

 

 

何があんなに世界中の人を引き付けているのか分からない私はあんぽんたん?
ともかくガイドさんのお陰で行けたことに最大の感謝をしています。

結局、地元の方達のお陰でキーワード全てを制覇しました。うどんなど、グイグイ山の中の竹林の中にある、かぐや姫の家みたいな小汚い素敵なうどん屋で、1杯200円と言われても、はっ?2000円?なんだって?いくらだって?と頭が混乱する値段にこれまた感動しました。
それにしても地元民のうどんの食べるのの早い事早い事。私なんかがあのぶっとい讃岐うどんを3本食べているうちにもう食べ終わっているんですから。

全てが上手く行き、皆が幸せになって、思い出が一杯出来た高松。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

パリの弁当スタイル

以前もブログに書きましたが、パリでは弁当持参が増えています。経済的にも時間的にもランチを食べに行く余裕がない人が多くなったようです。サンドイッチやリンゴやバナナなんかを歩きながら食べているのはよく見かけますが、最近はフォークや箸を使って食べるような物まで、歩きながら食べている人も増えました。

先日見かけたショック。地下鉄の斜め前に座っていた30歳前後の白人青年。1リットルは入る様なタッパーを抱えて、もそもそ手づかみで食べています。サングラスをしているのを良い事に、顔は真っすぐ、目玉は目いっぱい横にして観察してみますと、手づかみで食べているのは鶏肉のささみそのまんまの大きさを茹でたか、蒸したかした物2つ。後はポロポロしたライスです。このライスをどうやって食べるのかを見たくて横目していたのです。だってどう見てもインド人じゃありませんもの。ところが1つ目の鳥のささみに集中していてなかなかライスを食べません。あ~もう降りる駅が近づいちゃう。一層見届ける迄このまま乗ってよかと本気になった頃、やおら2つ目のささみを手に取り、一口齧っていい塩梅にしたのか、そのささみをスプーンの様に使ってライスをすくって食べるじゃありませんか。ライスと共にささみも食べたりと誠にうまい具合にやっていました。
かなりの量のライス、それも味も素っ気もないような見た目です。だんだんお腹も膨らみ、飽きも来たのか、頭を掻いたり、ため息ついたりしながらも黙々と食べ続ける青年。一人暮らしの学生や貧乏な働く青少年達のランチなんてこんなもんなんだなぁと、家の息子に見せてやりたいと思いました。

超簡単な数秒でできるようなサンドイッチはやっぱり好きではなかったようで、パスタかなんかはあるかな?なんてある日聞かれてから、私の弁当作りも二手間位増えました。まぁ、出来る時だけですけれども。

先日は若い友達が遊びに来てきくれて、そのまま泊まっていきました。翌日仕事に行く日本食が大好きな彼女に、日本のお弁当を作ってあげるなんて何かの勢いで言ってしまったものの、彼女がヴェジェタリアンになったことをすっかり忘れてました。肉無しでどうしたもんか?我が家には誰も使う人がいない可愛い日本の弁当箱に入れて、見掛け倒しで何とか詰め込んだニッポン風弁当を作って思ったのは、日本の弁当は何種類もの物を彩りよろしく入れなくてはいけなくて、毎日なんて作ってられないわ。日本の母さんは偉い!もちろんその日は息子は弁当無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

パリのプチパレ、若冲展

昨日、バスで帰ろうとプチパレの前を通ったら誰も人が居なくて、もしや若冲を独り占めできるのかしらと、ふらりと階段を登って行きました。チケット売り場には、行列用に七曲りにロープが張ってあるところを見ると、やはり若冲は話題沸騰になったようです。

初日に見た私は、フランス人の友達に会えば、”JAKUCHU 見た?”と話題にしていました。皆、”話は聞いたけど。。。。”と乗り気薄し。”見てみ、東京やワシントンじゃ大行列で、入場するのに最大の忍耐と体力を要したモナリザ級の展覧会だったんだから” と言うと、ぐっと乗り出してきて”そうなの?” そして皆 ”今、見てきた、マニフィック!” とプチパレを出たその足で、興奮したメッセージを送ってきます。

東大、多摩美の名誉教授である、辻惟雄先生の講演会でのお話がもう爆笑もんでした。先ず出で立ちからして、もう私の笑いのツボに嵌りこんで大変でした。
日本語、フランス語の同時通訳のヘッドフォンが用意されています。辻先生は一度頭に付けたそのヘッドフォンを自分が話す時も放さず、そうすれば口から日本語、耳からフランス語という難儀な状況に陥ります。さすがに近くの方に、先生お取りになってください、と言われても、そんな物がわが頭に乗っかっていることも気が付かなかったというお顔をされていました。
「老松白鳳図」の真っ白なフェニックスの羽に描かれている真っ赤なハート柄の事がとっても気になるようで、”このハートが何処から来たのかを考えます事に、多分トランプの、あや、今トランプと言えばあのアメリカの方と直ぐ思われてしまいますが、そうではなく英語で言えば、「ぷれいんぐ かーど」の事です。そこから来てるんじゃないかなぁ、とも思うのですが、はてその時代、日本に「ぷれいんぐ かーど」なるものが果たして輸入されていたのかも疑問なのですが。。。” 
「貝甲図」にお化けがいるとか、とても辻先生の楽しい会話術を文章にすることができないのがいかにも残念です。

周りはフランス人ばかりだったので皆同時通訳を聞いています。いくら同時と言っても、タイムラグはあるわけで、その中で私一人がゲラゲラ笑いの先頭に立つのですが、辻先生の話すリズムや言葉選びは日本語で聞いてこそ爆笑もんなので、続くフランス人の笑いはハハハ程度で、身を捩って笑っている私を見て笑っているフランス人がいたほどです。横目で一足早い私の反応を見て、おー可笑しなこと言ってるんだな、と笑う用意をしている隣人もいました。

次の方の順番になり、一旦下がった先生は、その方が終わるや、今度は顎の下にヘッドフォンをぶら下げて再び登場。打ち合わせと違うので、周りはあたふた。
”えー、先ほどの「ぷれいんぐ かーど」ですが、現代見られるハートやスペードやダイヤやクローヴァーという図柄にしたのはフランスでして、白鳳のこの赤いハートは要は”あむーる”(ここで、いひゃひゃひゃ~ぁと心から嬉し気に笑われる先生)と私は思っております。”
もう、涙が止まりません。
こんなお父さんとか旦那さんが家に居たら素敵だろうな。

空いていると思って中に入ってみると、初日に比べたら随分多くの人で、熱心にメモを取っている若者が多く目に付きました。名前だけ聞いて、ジャック チュという中国人かと思ったというタワケもいましたが、展覧会が終わる頃にはパリ中の人に知れ渡る名前でしょう。