私の教会

ヨーロッパでは、何にも無い地味な街でも取りあえず教会は街の見るべき物として存在します。なのでヨーロッパでの生活が長いと相当数の教会を見ることになります。私は教会大好きなので近くを通れば必ず中に入ります。パリの街中の教会はノートルダム寺院やサン ジェルマン デ プレ教会、サクレクール寺院などの観光スポットの教会以外は殆ど人がいません。静かで薄ら暗い教会の中に少し座っているだけでいいのです。よっぽど立派な教会にひょっこり出くわすと、日本からのお客様にご案内したいなと熱心な商売心が動きます。

多分教会の中にいると心を開いた様子でいるんだか、神父さんに話しかけられ、言葉を交わすことがあります。その中でも良くおしゃべりするのが、ノートルダム寺院の神父さん。彼の経歴が面白くて、東京大学で20世紀のフランス文学を教えていたんですって!へっ、宗教学とかラテン語とかでなく、フランス文学、それも20世紀の?彼の見かけや職業と全くかけ離れています。”またなんだって東大で?”と聞くと、”僕は教会の人間だからソルボンヌで教えることができないんだよ”と痛憤いうより悲しげでした。

フランスはフランス革命以来、宗教と政治、教育は切り離されています。ですので公立の学校は宗教色を出してはいけません。市役所などにも一切十字架などありませんし、クリスマスの伝統的な飾りのクレッシュもありません。という訳で神父さんが公立の学校で教鞭を取ることはできないのです。

彼とはとても楽しい会話が続くのですが、難はそれが途切れることなく永遠のごとく続くのです。お客様と一緒の時は、彼に会いませんようにと神様に祈りながらご案内します。

奇跡のメダル教会のシスターとも仲良しです。クリスマスには、あなたの為に祈りましたよ、と書いたカードを送ってくださいます。ありがたや、ありがたや。

教会にぼんやり座っているだけでなく、ちゃんとお勉強にも行きます。多くの教会が定期的にガイドツアーをオーガナイズしています。参加者は基本爺さん婆さんです。毎回感心するのですが、彼らの物知り具合は素晴らしいです。聖書の出来事やフランスの歴史、画家や彫刻家、建築家などの事をまぁよく知っています。教会のそこら中に書いてあるラテン語まで読んでくれちゃったりします。この人がガイドすればいいのにと思うような爺さんもいて、そんな人達といるとこちらまでほんのちょびっとだけ教養ってものにあやかれる気がします。

観光中でも通りかかった教会に足を休める為ででも入ってみてください。練習しているパイプオルガンを聞けたり、嬉しい発見があるかもしれません。

 

 

 

 

 

ミッション インポッシブル 6 イン パリ

FBにもアップしましたが、今、ミッション インポッシブルの撮影がパリの街中あちらこちらで行われています。写りの良い、絵になるパリはいつもどこかしらで何らかしらの撮影をしています。
なんでも、平均1日10本の撮影、映画だけでも年900本撮影、5000か所ものお勧め撮影場所があるそうです。

 

 

 

撮影にあたり、警察とパリ市に撮影許可を申請します。これは私も慣れています。キフキフパリは、毎年6月21日の音楽の日ことフェット ドゥ ラ ミュージックをオーガナイズしていますので、その手続きで警察、パリ市、フェット ドゥ ラ ミュージックのオーガナイザーに申請します。

びっくりしたのは、室内や公園などは有料ですが、道を塞いで、混乱極めるパリ市内の道での撮影は無料だそうです。太っ腹なパリ市だなと思ったのですが、海外や地方からの撮影の場合、4分の3のスタッフ、俳優、技術者、エキストラなどはパリ現地調達になり、彼らの仕事が出来るので、パリ市としてはウエルカムだそうです。

こんな訳で、何かの撮影をしていても、人はちょっと足を止めても見学などしないので、何事?という様子にはなりません。しかし、さすがハリウッド映画、先ずはトラックの数が違います。道2本分位ずらずら大型のトラックが連なって止まっています。結構撮影現場から離れている所でも、コーヒー豆を挽いてから煎れる本格的なスタンドを構えたコーヒーボーイがスタンバイしています。私はてっきりコーヒーのプロモーションで試飲させてくれるのかと手を伸ばしたほどです。

トム クルーズの名前なのか、ミッション インポッシブルという映画の名前なのか分かりませんが、パリでは珍しく撮影現場は人だかりがしています。
後で考えて笑ったのですが、野次馬に混ざって見ていた時、「あれ、トム クルーズ?」「そうよ」「本物かしら?」「ねえねえ、あれ本物のトム クルーズ?」「そうですよ、写真やヴィデオを撮らないでください!」隣に居た人と私とスタッフの3人の会話。3人ともなぜが英語で話しているんす。私以外2人共フランス人です。いくらトム クルーズを見ながらと言っても英語で話すこともなかろうに、全く自然に英語会話でした。

遠くからでもトム クルーズのアメリカンなピカピカさが見て取れました。ヘルメットを取った時の頭の振り加減で前髪がふわりする具合など、シャンプーのコマーシャルです。

フランス人俳優の撮影の場合、どれが俳優でどれがスタッフか分からないぐらいです。道やレストランなどで見かける彼らは一般人の中に溶け込み過ぎて気が付きません。先日キャフェで隣に、嫌だ浮浪者かしらと思った男性が座ったのですが、ギャルソンとの会話と独特の声でかの有名な俳優だと分かり、よく見ればなるほど彼です。
へそ曲がりフランス人特有の美意識である、綿密な計算の上での無頓着なお洒落です。上から下までぴっちり決めるのは野暮の骨頂、センスという物が欠如している人間のやること、と決めています。浮浪者と見がまった彼もふんわり良い香りがしていました。
この野放図さ加減、頓着しない加減が室内装飾でもお洒落でもほとほと上手なフランス人の真似は、生真面目な我々日本人には中々できるのもではありません。

ここの所パリは寒くて、未だコートとブーツ姿で、雨の毎日。気の毒なトム,今週もパリジャンの心のような不安定なお天気が続きそうですがしっかりお気張り下さい。