フランスの徴兵制度

今のところフランスは、徴兵制度の名残で16歳から18歳の男女ともに、ある日突然招集令状が来て、フランス国民としてフランスを守る心構えを学ぶ1日講習会に行く義務があります。
高校卒業試験のバカロレアの試験の時に講習会を受けましたという証明書の提出を求められます。

家の息子は移民の子なので、ずっと日本国籍でした。18歳になってからフランス国籍を取得したから忘れられたのか、その1日講習会の招集令状を受け取らないまま今になっていました。

数カ月前、”招集に応えたという証明書がないと大学卒業証明書を出してくれないって!!!”と真っ青なSMSが息子から送られてきました。
だから?あたしにど-しろっての?とピッとスマートフォンを切ってバッグに放り込んだのですが、ってことは次の学校へは行かれなくなるのか?今行っている学校は私立なので、そんなめんどくさいこと言われなかったけど。。。
と、子を思いやる母の気持ち。
結局翌日私が、朝から雨の中区役所へ問い合わせに行きました。区役所の人達は皆優しい人が多いのにはいつも驚くのですが、今回も優しいおばちゃんが、心配ないわよ、この書類を提出すればバッチリよ。と手際よく整えてくれました。直ぐに息子にメールで送ってあげました。ありがとうございます、母さん!の返事で一件落着。

数日後、”ちゃんと招集令状じゃなきゃダメだって!!!”とまたもや真っ青な息子からのSMS。あーこれは意地悪根性に当たったな。”もう直接軍の管轄に電話して、早う呼んでくれと頼みなさい” メールと電話でほとんどハラスメント的にせがんで、やっと3月21日に招集されます、というメールを受け取ったようです。

ナポレオンの時代は6年間の徴兵でした。時代と共にどんどん短くなって1日講習会までになったのに、マクロン大統領は16歳の男女共、1か月泊まり込みの徴兵制度にしようとしています。
先ずこの6月から試験的に2000~3000人の16歳の男女の有志をフランス13県の中から募るそうです。もちろんその13県にパリを含む県は入っていません。
関係者の頭を痛めているのは、アホな16歳の大集団を一体どうしたもんか?何処に寝かせるんか?一体全体幾らかかるんだ?
若者からは、その”義務”っていうのが気に食わない、とフランス人らしいご意見。
30代の若い友達が1日講習会に行った時は、退屈で最悪な1日に備えて皆マリファナ吸ってた、と言っていました。
もう1人の同世代の若者は、え~心臓マッサージとか人工呼吸のやり方とか教えてもらったし、帰りにボールペンもくれたし構面白かったよ。と相反する見解。
はて、あの子は????

 

 

 

 

 

 

テレヴィが見られなくなると。。。。

フランスの家庭ではどこもそうだと思うのですが、インターネット、テレヴィ、電話がパッケージになっています。なのでテレヴィをつけるのには、テレヴィ本体のリモコンとネットのボックスのリモコンの2つを必要とします。そのネットのボックスのリモコンがえらい我が儘になって、反応したりしなかったりの状態が続いていました。テレヴィが無くとも平気な私はあまり気にせず、その問題を解決しようとはつゆとも思いませんでした。

朝方帰って来たばかりの息子が目覚まし掛けて土曜日の朝から起きてきました。てっきり学校に行くのかと思っていたら、テレヴィの前で前のめりに構えています。一向に反応しないテレヴィに頭から湯気を立てています。その様子を見て、幼き頃の私の父の事を思い出しました。

父が夜家に帰ってきて、テレヴィが壊れていると、雷ゴロゴロ、雨ザーザ、風ブワンブワン大嵐になります。

特に野球中継があった日にやぁ、オズの魔法使い並の竜巻まで加わります。

なので、夕方私がアホ面さげて見ていたテレヴィがいきなり消えようものなら、真っ青になって母はいつもの電気屋に電話します。我家の事情を良く知っている電気屋も、すわと緊急出動してくれます。父の帰宅前に無事テレヴィが直り、皆やっと呼吸ができるようになって、全員で大きく息を吐いてニッコリ、というのが良くあったんです。何故たかが野球位で????といつも思っていました。

さすが今時の若者、直ぐに自分で対応策が出てきます。スマートフォンからアプリでテレヴィの操作をしてすんなりと大切な大切なオーストラリアオープンを見ることが出来ました。

大阪ナオミが優勝したおかげですっかりご機嫌の息子は、優しく、リモコンの故障のクレームを出しておいた方がいいんじゃないかな、僕は時間がないんだけど。。。。。。暗に、おかんやっといて、と言いました。

あ~、なるほど、クレームね、と思いもしなかったアイディアにその場で電話をしました。

家はフリーというプロバイダーと契約しているのですが、前もここの電話対応のフランスらしからぬ素晴らしさを書いたと思うのですが、今回も素晴らしかった!

名前を言うと、”あら日本人?” ”はい” ”オハヨウゴザイマス、アー イマワ コンニチワ デスネ”

”日本語勉強しているの?” ”スコシ” 漫画ではなく日本のドラマが好き、とマニアな女の子。日本語は発音はとても易しいけど、読み書きは地獄のよう、韓国語は読み書きは簡単ね。などと話しは切りが無いほど続きそう。それでね、私が電話したのはね、とやっと用件を伝えると、ろくに調べもせず”今直ぐ新しいリモコン送ってあげます”といとも簡単に解決。テクニシャンとの会話の後に、アンケートがあるのですが、当然全て大満足。

アッと言うまに届いたリモコンに気が付かづ、相変わらずスマートフォンでテレヴィを操作している息子。

しばらく放っておこう。

 

 

 

 

パリが好きな訳

”パリのどこが好きなんですか~ぁ?”とよく聞かれます。”便利さと美しさという相反する2つの事の、美しさを選んでいるところが好きなんです”なんてアホみたいに、気取り風吹かしてお答えすることもあるのですが。。。

先日まで手首を痛める程ぶ厚いマン レイの伝記を読んでいました。マン レイと言えば、パリを愛したアメリカ人の”写真家”、という認識だったのですが、本人は写真家であることに大層嫌悪し、あくまでも油絵の”絵描き”でありたいと切望していたなんて知りませんでした。マルセル デュシャンとそんなに親しかったというのも知らなかった。等々伝記を読むのは楽しい発見があります。第一次世界大戦と第二次世界大という2つの大戦の間の平和な時期。世界中のアーティストがパリのモンパルナスに集まっていたベル エポックにマン レイもパリにいました。住んでいた所も遊んでいた所もモンパルナスの周り。本を読んでいても、あ~、あそこね、と直ぐ頭に浮かびます。

マン レイのアトリエ兼住居

 

 

 

 

 

 

晩年のアトリエ

 

 

 

 

 

 

いつもお昼を食べに行っていたレストラン

 

 

 

 

 

 

モンパルナス墓地のマン レイ と妻ジュリエットのお墓

 

 

 

 

 

 

映画 ミッド ナイト イン パリでも出てきた、パリに集まった世界中のアーティスト達の溜まり場、ガートルード スタインのアパート。

 

 

 

 

 

散歩がてらこんな風に、過去の事が確認できるパリが好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の病、あ~シュシュポス

どなたもそうだと思うのですが、寝る時と起きた時、はたまたお風呂に入る時って、全く同じ手順で、儀式の様に行動していると思うのです。まるで夢遊病者のように無意識に。

朝起きると、先ずスリッパを探すのですが、いつも無い。毎朝どういう訳かとんでもない所に散らばっているんです。きっと座敷童が夜中に遊んでいるんだと思うのですが。昨日もその前も明日も明後日もこうやってスリッパを探すのかとため息をつきながらやっと見つけたスリッパを履いて、毎朝思うのがギリシャ神話のシュシュポスの罪。
したたかに嘘をついて神様に怒られたシュシュポスは、大きな岩を山の頂上まで押し運ぶという刑を言い渡されました。やっと頂上まで運んだと思った矢先に岩は転げ落ちます。そして又やり直し。永遠に繰り返しても何の実も結ばない、不条理の世界。

スリッパを履いて、ガウンを引っ掛けて行動し始めれば、シュシュポスの事は消えるのですが、この一瞬の憂鬱はやはり冬独特の症状なんだと思います。
フランスでは、10月~3月の間に冬の憂鬱症が起こるそうです。人口の13%弱、圧倒的に女性に多いそうです。
ヴィタミンDを取れ、ナッツ類を毎日食べろ、ブラックチョコレートも良し。家に籠っていないで外で運動しろ、など鼻で笑うようなアドヴァイスが雑誌やテレヴィで言っています。
一番効果があるのが光療養と聞いて、そやそやと思い出したのが、北極圏での光景。診療所に光療養の機械が備えてあったわな。それに肝油のシロップがスーパーにずらずら並んでいたな。
今頃、あの辺りは1日1,2時間薄らぼんやり明るくなるだけで、永遠夜だろうから生きる為の絶対必需品ということで、説得力があります。

パリもかなり薄ら暗い毎日で,空はグレー色でありながらも日1日と1分から2分、日が伸びているという希望があります。今日の日の出は8時40分、日没が17時19分。明日は、日の出が8時38分、日没が17時20分。

なので、今の季節、でれんとやる気が無くて機嫌が悪いパリジャンにあたっても勘弁してください。彼らが悪いんじゃないんです。太陽がないからなんです。

さっき行ったブティックの姉さんは、”あ~もうやってられない、ケーキ買ってくる!2つ食べちゃうから”と財布を握りしめて出て行きました。

私だったら、”あ~やってられない、2杯引っ掛けてくる!”となることでしょう。

 

 

 

 

 

 

世界一の観光地!

2018年、ルーヴル美術館は1千万人以上の入場者を記録しました。2017年から25%アップというびっくり結果です。

ドラクロワ特別展の大成功、そしてなんといってもビヨンセとジェイZのヴィデオクリップがアメリカ人の憧れのパリ心に火をつけたようです。

入場者の4分の3は外国人。その中でもアメリカ人がトップ、2番は負けていない中国人。

アブダビルーヴルでたんまり潤ったお陰で、リニューアル工事も出来たし、毎月第一土曜日の18h~21h45まで無料という素敵なサーヴィスも昨日1月5日から始まりました。

いつまでも納得しない黄色いベスト達の要求に随分と譲歩した政府に、せやかてそのお金は何処から出てくるの?左のポッケから入って、右のポッケから出ていくんじゃないでしょうね、と皆横目で睨んでいる感じです。

先日、見てねと念を押された、知り合いのジャーナリストが作成したヴェニスのルポルタ―ジュをテレヴィで見ていて、あの海に浮かぶ街を維持するのにどんだけの費用が掛かるかをじっくり納得した矢先、この7月から訪問税なるものを徴収するというニュースを聞きました。ヴェニスに上陸するや否や否応なく税金が取られるわけです。既にヴェニスは観光税、宿泊税を設けています。

この訪問税は街の衛生を保つ為に使われるそうです。

人のかたまりでいつ落ちるんじゃないかとひやひやするリアルト橋を見ていると

この人たちが1人、コーヒー又はワイン一杯分程を払ってくれればごっつい収益になるだろうなと計算するのは正しい事だと思います。

観光客来ないでください、と言っているバルセロナやそこまで大きい声では言えないけど、いささか観光客にうんざりしているパリジャンだって、この方々が我々の税金の一部を負担して下さっていると分かれば、納得して、観光客ウエルカムと、もう少し愛想良くなるのではないでしょうか。訪問税、良いアイディアだと思います。賛成!!!

田舎の暮らし

この所ブルゴーニュの田舎に通う羽目になっていました。どうしても泊まらなければならない時は天使のような知り合いの家に泊めてもらっています。

どこのお宅も食事やアペリチフをひっかけにと何度もお邪魔はしていた家ですが、泊まるのは初めてです。

で、気づくのですが、どこの家もバスルームが異常に広い。なのにシャワーだけ。又は家族全員一度に浸かれるんじゃないかと思われるほど大きなバスタブがあるにはあるけど、作ったばかりの時に2~3度入ったといった形跡で、今では中にタオルが積まれていたりしています。

広い納戸を改造して作ったような我が家のバスルームに親しんでいる私には、歯磨きをしていてもなんだか落ち着かない空間です。

食事を作っていて、野菜くずなどを捨てるゴミ箱が無い。しょうがないからビニール袋にその他のゴミと一緒に入れたら、あ~ダメダメ!のダメ出し。

食べる物のゴミは鶏が食べるから捨てちゃダメ!

その鶏が生んだゆで卵を見てびっくり。普通の卵が発する濡れた犬の匂いがしない。豊かな穀物のような香りがするんです。

農家でなくとも、裏に鶏やカモやウサギがいて残飯整理の役をしています。

朝靄の中、パンを買いに行くのもいつもの事。以前はパン屋の車が回ってきてくれていたのにそれも無くなったそうです。

そのパンが不味いのなんの。チョイスがないから、パン屋もいい加減なパンを焼いて平気でいます。それでも、庭で採れた果物で作ったジャムを付ければ、ん~んと一口食べる都度唸っています。それぞれに家の味があって楽しい。今回はイチジクのジャムをお土産に頂きました。

パンを買いに行くから始まって、1日に何度も車で出たり入ったりしています。

車無しでは、生きていけない田舎暮らしを目の当たりにすると、黄色いヴェスト達の気持ちも分からなくもありません。

村に漂う暖炉の薪の香り、大好きな馬の香り、日暮れの空の色、全部体に詰めて帰りたいと思いながら、パリに戻る嬉しさ。

もう今日は2018年最後の日!と慌ててすっかりさぼっているブログを開きました。年々より面倒な出来事が次々起きて、余計時間が経つているのに気が付かづにいます。

神様お願い、2019年はもっと楽しい年にしてください!皆さんの分もお願いしときましたので、大丈夫、良い年になりますよ。

2019年も宜しくお願い致します。

黄色いヴェスト 当日

今日、デモの日は結局パリの右岸がざわざわしていましたが、左岸はいつもより静かな感じでした。先週の様な暴力的な破壊行為も少なく、テレヴィでは治安部隊、警察の戦略がばっちり上手く行ったと褒め合っていました。そりゃそうでしょう、もう一度先週のような大惨事になってでもしたら、救われないほどの能無し警察です。3度目なんだから被害が少なくなるのが当たり前です。

電車でパリに着いた乗客の荷物検査、車でパリに着いた人の車のトランク検査、シャンゼリゼに行こうと歩いている人の荷物検査と徹底的な予防を張りました。テレヴィで、女の子がもう11回荷持つ検査されたと言っていました。まだ午前中です。

人間だけでなく、警察犬まで出っ張って、悪い奴に早く噛みつきたくてうずうずした様子で待機していました。騎馬警察の馬は催眠ガスなどから守る為皆お揃いのメガネをかけてデモ隊を追い返していました。偉いもんです。

そんな騒ぎも川向うの出来事といった塩梅に夜はモンパルナス界隈のシアターなどは満席、レストランもいつもの土曜日の様に繁盛しています。

デモにパリに来た黄色いヴェストの人達がそんな光景を見たら、益々脳天に来ることでしょう。

来週もデモをやるなどとなれば、警察だってもう一度今日の様にパリだけでも8000人の治安部隊を集合させるなんてできないでしょうし、増してやよりもっと厳戒になんて無理な事でしょう。彼等も相当くたくたです。

さ~さ~、マクロンがどのような手を打ってくるか????

 

 

 

 

黄色いヴェスト

カルロス ゴーンの件も話題にのぼらないほど、フランスはここ数週間”黄色いヴェスト”一色です。最初はガソリン税の値上げ反対で、車無しでは生活できない田舎在住の人達が車に携帯義務のある、黄色い蛍光塗料のヴェストを着て国道や村の辻に集まって値上げ反対を訴えていました。退職者や無職の人達が多いので、こりゃ長引くなと思っていたのですが、それが、だんだんと極右翼、極左翼達が便乗し暴力的になり、そこに、人生ろくでもないと夢も希望もない郊外の不良たちが、ここぞとばかりに合流し商店を破壊し商品を略奪するという愚の骨頂をしでかしました。石畳をはがしたり、車を燃やしたり、ウインドーを叩き割っている彼らの姿は、ど頭にきて暴れているゴリラのほうがよっぽど品があるわと言った有様でした。つくづく思うに、そういうことをするのは100%男なんだなぁ。

デモ熱はどんどん広がって、高校生や大学生、救急隊、反ラシズム、エコロジストと本来の黄色いヴェストのスローガンと違う団体までが乗り出してきています。
今朝、明日に予定されている4回目のデモに備えてパリ市からメールが届きました。エッフェル塔を始め、ほとんどの美術館やモニュメントはクローズします。デパートは今現在は迷っているようです。そりゃそうです、クリスマス前の週末に閉めるのは大変な損害です。イヴェント、コンサートも中止又は延期となったところも出ました。これは万が一の場合の保険の問題なのでしょうかね。

テレヴィは黄色いヴェストの事ばかり、コメンテーターを迎えての討論会など、全員が一斉にしゃべくりまくり、司会者も負けじと声も高々に抑えようとするので、なんだかさっぱり分からない混沌の極みです。ワオー肉食人種!と痛感します。

確かにフランスは世界でも最も税金の高い国の一つです。それでも、公立の幼稚園から大学まで授業料は無料です。癌、膠原病など長引く病の治療は無料です。世界中から人が集まる様な市立や国立の美術館がこんなに充実しているんです。国籍に関係なく学生は住宅手当がもらえます。これで留学生達がどんだけ助かっていることか。子供が出来れば自動的に援助が出ます。フランスでは何かあってもなんとか生きていけると私は信じています。

明日に備え、パリだけで先週の約2倍の8000人の治安部隊がパリを守ります。特別装甲車も出陣の用意がされました。
と、書いた所でアラいけないと,空の冷蔵庫を見て慌てて買い物に出ましたところ、家の隣のホテルも近くの保険会社も銀行も板を張ってがっちり防御万端です。
かと思えば、パリ市の忠告も屁の河童で、来るなら来い、受けて立ってやる!といつも通りの営業を通すという構えのお店やレストランも多くあります。絶対的に狙われる場所の絶対的に狙われる物を売ってるブティックが、”店は閉ません、我々が守ります!”と断固屈しないという、右に倣えができない正しくフランス人気質があちらこちらに現れて面白い。

 

あまりにも速いテクノロジーの進歩に追いつくことが経済的にも能力的にもできないと、どんどんおいてかれて貧富の差が益々大きくなるのでしょうね。その置いてけぼりにされた人達の鬱憤があっちこっちから噴火したということでしょう。
あ~電気も車もご法度なアーミッシュになりたい!と願う人はきっと私だけではないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

イラつかせるパリジャン

パリの地下鉄に乗っててチッとするのは、

まだ人が降りていないのに我先に乗り込んでくる奴等。

又はドアが閉まりそうになるまでのったりのったり降りてくる奴等。

3人席の所に広がって座って、前に人が立っても詰めようとしない奴等。

イヤホーンから大音響を漏らしている奴等。

スマートフォンで永遠のおしゃべりをしている奴等。

臭い奴等。

混んでいるのに、折り畳み椅子に座っている奴等。

エスカレーターで左に立って、行くてを塞いでいる奴等。

昼食後の腹ごなしの散歩をしているような速度で歩いている奴等。

こんな場面で一々毎日キッとしているのですが、パリジャンをイラつかせるリストという記事を読んだらこの殆どが載っていました。

日本では、ホームにきれ~に列を作って、降りる人、乗る人の美しいハーモニーがあります。

車内どころか道ででもスマートフォンで話している人は見かけません。

日本で臭い人はいないのですが、皆同じ匂いというのはどういった訳なんでしょう。

日本で電車に乗ってへッと思ったのは、若い人が率先して席に座る事。パリでは高校生位迄殆ど席に座ることはなく、座ってても直ぐに私の様なおばちゃんに譲ります。日本の子供達はそんなに疲れているのでしょうか?

こういう両国の違いが面白い。

 

 

 

 

 

 

 

帰国 高松編

”帰国”と言っても、私の母が待ちに待ってる永遠の帰国ではなく、ほんの一瞬の帰国でした。
御用があって高松へパリから先ず到着しました。初めての地です。
どんなところか調べて初めて、香川県、瀬戸内海、うどん、瀬戸大橋、金毘羅山、そして直島というキーワードを見つけ本当にびっくりしました。直島のエクスポジションを何年か前にボン マルシェで見てどげなところだろう?随分と遠い、ちょっとやそっとでは行かれない所と思っていました。なのに、ホテルの直ぐ横の波止場から1時間フェリーに乗ったらそこは直島。ホテルの部屋からも真っすぐに向こうに直島が見えるじゃないですか!
俄然元気が出て船の時間、島での移動手段など調べ始めたのですが、午前中しか時間が無く、車も無い私にはちと無理かしらと諦めました。あ~あ!もう2度とここに来ることはないだろうに、直島さんさようなら。

とっても静かな高松の夜は仕事関係の知り合いと居酒屋に居座っていました。暇そうなお店の兄さんに、直島ってどーよ?やっぱり良いとこ?午前中しか時間が無くても行ける?など未練たらしく直島にこだわって質問すると、あちらの方はガイドさんだから聞いてみたら、とカウンターの反対側に座っていた兄さんを紹介してくれたというか、強引にちょっとこっち来てよと呼び込みました。でかいビールジョッキーを抱えて素直にこっちに移ってきてくれたガイドさん。

物を口に入れる暇も無く質問攻めにされて参ったのか、”あのぉ~、僕明日休みなので、もし良かったら車出しましょうか?” とんでもない、そんな折角のお休みの日に、申し訳ないです。と一応大人っぽくご辞退申し上げたのですが、顔は正直にうんうん嬉し~ぃと出ていたようです。皆かなり飲んでいたので、翌朝覚えているのかなと不安になりながら約束の場所に行くと、すっきり爽やかな装いでガイドさんは待っていてくれました。

草間彌生のドット柄の直島行きフェリーは時間ピッタリに出航し時間ピッタリに直島に着きました。先ず直ぐ目に付くのが草間彌生の赤いカボチャ。う~んんんん。
車でクルリと島全体を回りました。風呂屋や家プロジェクトや黄色いカボチャなどのインスタレーションなども見たんですけれどもね。なんか違うんだな。
ずっと、う~んんんん~んと唸っている私の様子にタジタジしちゃってるガイドさん。

2時間の直島滞在中、唸ってばかりの私。

 

 

何があんなに世界中の人を引き付けているのか分からない私はあんぽんたん?
ともかくガイドさんのお陰で行けたことに最大の感謝をしています。

結局、地元の方達のお陰でキーワード全てを制覇しました。うどんなど、グイグイ山の中の竹林の中にある、かぐや姫の家みたいな小汚い素敵なうどん屋で、1杯200円と言われても、はっ?2000円?なんだって?いくらだって?と頭が混乱する値段にこれまた感動しました。
それにしても地元民のうどんの食べるのの早い事早い事。私なんかがあのぶっとい讃岐うどんを3本食べているうちにもう食べ終わっているんですから。

全てが上手く行き、皆が幸せになって、思い出が一杯出来た高松。ありがとうございました。