フランスだっても5月は連休が多くゴールデンウイークってな感じです。5月1日はメーデーで祝日、5月8日は第2次世界大戦戦勝記念日で祝日、29日が昇天祭で祝日、復活祭で生き返ったお祝いを盛大にしてもらったイエスさんが今度はきっちり天に昇った日です。今年は木曜日にあたったので、木、金、土、日と自動的に4連休する人が多くいます。なので今電話しても、メール送っても事は運びません。
notre dame de paris世界一観光客が集まるパリはイースターの休み頃から混み始めます。フランス人もパリ観光にやってきます。先日ノートルダム寺院のガイドツアーに参加してみたら、パリ在住は私だけ,『はずめてパリさ来たんだも』のフランス人が殆どでした。小雨が降ってきたので軒下に移ろうとしたのはガイドの兄さんと私だけ、他の人達は雨が降っているのも気が付かない様子。
隣にいた人が、『あたしらリールから来たからへっちゃらさね。』と呟いていました。そういやぁ、太陽アレルギーの知り合いが引っ越した先がリールだったなと思い出しました。
最近とみに聞こえてくるのは変なスペイン語、貧乏スペイン人でなく、ニューリッチの南米からの観光客です。冬でもサンダルはいているインド人も大家族で観光に来ています。ガチョウの群れみたいは音を発しているのは中国人の団体。
観光地のブティックで店員とよくする会話、『日本人のお客さんが世界で一番マナーがいいわ、別にあなたが日本人だから言うのじゃないのよ』
『やっぱり中国人が一番イヤ?』
『もっと酷いのがいるわよ、イタリア人なんて最低、ロシア人も最悪、もうサルよ、知性もなにもあったもんじゃない』
ちょっと前に日本人が言われていたことだなと、我々の進化ぶりに感心します。
うちの隣はちっこいホテルです。3つ星の大手チャーンホテルです。いつも大型バスが横付けされているし、空港の送迎リムジンもひっきりなしに来ます。ケッこんな所と思うのですが、混んでいるようです。
パリのホテルの平均部屋使用率は85%、夏や見本市の季節などは99%だそうです。見本市の時の部屋の料金は詐欺のようです。2倍3倍は軽く吹っかけてきます。それでも足りないのです。
皆の話題がそろそろ今年のバカンスはどうするの?になってきました。なんでも外国人ツーリストに一番優しい国はアイスランドとニュージーランドですって。そそられない。最低はボリビア、我がニッポンは140ヶ国中74位。つまらない順位です。
フランスは旅行者からの不評がナンバー1という噂もあります。常にスリに気をつけなきゃならないし、銃を構えて歩いて警備している軍隊も怖いという声があるそうです。相変らずフランス人の態度も悪いし。。。
eiffelそれでも皆フランス、パリにやって来ます。フランス人さえいなければ最高な国なのにと思いながら。