アメリカのどっかのなんとかという機関の調査結果では、世界221都市中で一番住みやすいのはオーストリアのウイーンだそうです。
ケッ!それも去年に引き続き2回目の1等賞だそうです。ゲー!
審査の対象は、政治、経済、文化、保健衛生、教育、公共サービス、住宅、安定性などです。
2等賞はスイスのチューリッヒ、3等賞はニュージーランドのオークランド。
誰が調査したんだ?
チューリッヒに住んでいても、『まー素敵な所に住んでいらっしゃるのね。』なんて誰も言わないと思います。
オークランドに住んでいて羨ましがるのは、羊ぐらいじゃないでしょうか。
『ナイスな所に住んでるね』ってフランスのド田舎に住んでいる羊は言うと思います。
それにしてもウイーンとは!
外国人でわざわざウイーンに住みに行くのは、大志を抱いた音楽学生ぐらいではないでしょうか。
私が気に食わないのは、このどの国も女の人がチャーミングじゃない事です。
そういう国はつまらん。
つまらん=住みやすく無い!  楽しい=住みやすい!と思いますんで。
フランスの王様でスカートを見たらじっとしていられないフランソワ1世は、『女のいない宮廷なんて、花の咲かない春のようだ』と言っています。
そんな考えの人達が創り上げてきたフランスを選んだ私には理解できない選択です。
綺麗な完璧な金髪で、わーと思うような真ブルーな目を持って、背もすらりと高くと好条件なのに、リックサックかなんか背負ったもっさりしたドイツの女の人とかよくいますよね。
女がそうなら男だって、ビールで作られているようなどっすりした人達です。
平均がそんな様子の人達の国のどこが楽しくて暮らしていけるのか?
いたるところにスリがいて、ストライキも頻繁で、衛生観念は日本人には耐えられない状態で、日本からいらした方の質問に『んーんまぁ運が良ければ。。。。。』というより答えようがない事が多いカラクリのフランス。
住みやすいです。
それは『あら素敵ーーーーイ』ってことがそこらじゅうに転がっているからだと思います。
素敵=心喜ぶ=楽しい=住みやすい!という単純経路の私です。
最下位はバグダッドだそうです。
行ってみたいわ。『バグダッド』という名前がよろしい。アラジンが魔法のランプをぶら下げて歩いている所ですよね。
もうひとつの調査、住民の安全度ナンバーワンの都市は、ルクセンブルグ、第2位はヘルシンキ。
大体人なんかろくに住んでいないでしょうに。
特に外国人がいなくて地元民だけでちんまり住んでいたら悪さなんかしようと思わないでしょう。
車で、ルクセンブルグに入ったわねと思って、ちょっとよそ見している間にもうルクセンブルグは終わっちゃうような国だし。
安全度最下位はやはりバグダッド! 名前はロマッンチックなんだけどな。
とよその国の悪口ばかり言っていますが、3年間だけだったら私は、何処でも喜んで住みます。
バグダッドでも北朝鮮でも住んでみたい!