Tシャツでもシャンプーでもアイスクリームでも鉛筆でも何でもかんでもがオーガニックが今の流行です。
それから流行ってるのが無駄を無くそ~ぅ!
hotel de ville5月3日パリ市庁舎広場で行なわれた『GLOBAL PARTAGE』のキャンペーンも、経済の狂ったシステム、枯渇しつつある地球の資源をどうにかしよう!それには今までの生き方を変えなければ!というのがスローガンです。今回はキャナルプリュスというテレヴィ局がバックについて大々的です。
 
 
参加した団体は。。。
食べ物の無駄を無くそう~!のディスコ スープ
世界では3分の1の食料品が捨てられています。そんなアホな事は放っておけないと、市場やスーパーで売れ残って捨てられる野菜やフルーツでサラダやスープをフェイスブックで集まってきた同志達が作って配っています。知らなくてたまたま通りかかった人でも手袋を渡されてぶきちょうに野菜を切ったりしています。
 
soupe通りかかって、ぼ~と次に行く所の行き方を思案中だった私は、ちょっとコレお願い、と配るスープのコップ係をさせれたというほど、自然に皆でやろうや。という雰囲気です。楽しそうにサラダやスープを作っている人達は若い子たちが殆どです。
 
 
読んだ本を他の人にあげるという素敵なアイディアの『リプレイリーヴル』も参加しました。
お金が全くありませんが、アイディアや才能は豊富にあるのよ、という人達の募金集めの場が『キスキスバンクバンク』。ネット上で自分のプランを発表し、それを見て気に入った人達が募金してくれるというシステム。ミュージシャンが録音するお金が足りない!とかアイディアマンがこんな便利な物考えたけど誰か商品化して!とか夢を叶えてもらえる可能性があるチャンスの場です。
キスキスバンクバンクはステージを構え、参加者がデモンストレーションをしました。当日は採用されなくてもその様子はキャナルプリュスで放送されるので、チャンスは終わっていません。
もともとけちなフランス人は今のブームの無駄遣いをしないと言う大義名分でより節約技に長けてきているようです。
かなりの若者が利用している、『ブラ ブラ カー』はカーシェアーです。例えば、週末パリさ行きてーども、電車賃高ぐてなー。という人が日にちや時間帯が合う、車でパリに行く人に乗せてもらうシステム。乗せてあげる人もガソリン代を分かち合えるし、乗せてもらう人も安く移動できるという皆が幸せなシステム。乗せてあげる人はある程度の年齢の人が多く、乗せてもらう人は若者が多いように見受けられます。聞いた時はなんと恐ろしい、知らん人の車に乗るなんて、と思いましたが、サイトを見るとアラこれは便利だわと思いました。
古着屋も益々増え、無駄を無くそう!という姿勢は強くなる一方です。いいこととは思いますが、なんか貧乏臭いばっかりの人、特に堅実過ぎる若者が増えてもつまらないなと、不埒な思いも浮かびます。