-La Cinémathèque Française-
51 RUE DE BERCY 75012 

今、映画センターでティム バートン展をやっています。
去年の3月ごろブログでご紹介した、映画専門のセンターです。
 
 
 
くだらん、嘆かわしい!もう終わりだね!昔のフランス映画の面影も無い!とかなんだかんだ言われても、フランスは映画の国です。今だに映画の勉強の為にフランスに留学する人は多いです。
映画館もちゃんと繁盛しています。
このセンターも充実しています。映画に関する調べ物がある方はきっと満足される事でしょう。
ティム バートンの映画は昔は新鮮で面白く思いましたが、もう私も散々大きくなったのであの世界はタイプではなくなりました。
お金払ってまで映画館へ見に行かないし、テレヴィでやっていても見ないほうが大方です。
      
ところが展覧会に行って、デッサンや模型などを見てみれば、あらまー、ティム バートンのセンスは好きだわ!と楽しく見学できました。
この時ばかりは、あまり文句も言わず付いて来た息子と、『こんなんうちにもあるねー』とか『これ、あーたがブルデル美術館のアトリエで作ってきたのとそっくりだね』とか私達にとって大変身近で親しみ深い世界でした。
 映画センターはベルシーの広ーい公園の中にあって、公園の向こう側には小洒落たキャフェ、ブティック街になっています。
パリの真ん中で人酔いしたら、ベルシーに来たら息ができると思います。
ティム バートン展は8月5日まで