パリにはルーヴルやオルセーなど世界的な美術館だけでなく、そりゃ色々あるんです。つい先日クローズしてしまったのですが、エロティスム ミュージアムというのもありました。行った事は無いのですが、イヤ本当に、中々の評判の大人のミュージアムでした。さすがアムールの国です。
そんな、個性的なミュージアムの1つに、フリーメンソリーミュージアムと言うのがあります。良く耳にする『フリーメイソン』というのは会員の事、『フリーメイソンリー』というのは団体名です。
秘密結社なんて呼ばれて、怪しげで危険な感じの印象を皆に植え付けていますが、フリーメイソンリーミュージアムで会う、フリーメイソン達は普通のおいちゃん、おばちゃんです。
そして、結構素直に質問に答えてくれます。
16世紀頃、スコットランド、イングランドで石工達の共同組合のような形で発生したそうです。助け合うのはもちろん、秘密の職人技を伝承する閉鎖的なクラブのようでした。
なので、シンボルマークは石工職人の商売道具のコンパスと直角定規で、制服に昔の喫茶店の女給みたいな小さなエプロンを付けます。
ロンドン大火災の際、フランス人石工達も借り出されました。そこで彼らはフリーメイソンに出会い、フランスに持ち帰ったということです。
franc-massonier-004テンプル騎士団が発祥の元という話もあるので、てっきりキリスト教と深く結びついているのかと思いきや、フリーメイソンになる為には、宗教は問わないそうです。但し無宗教はペケ、受け入れて貰えません。身体障害者、無職もペケ。
 
 
 
知らなかったのは、フランス革命の当事者の多くがフリーメイソンで、クーデターを起こすような危険な集団=ユダヤ教関係の団体に違いないと見られていたそうです。
第2次世界大戦時、ユダヤ人は黄色い星マークを付けさせられましたが、フリーメイソンは赤い逆三角のマークを付けさせられたそうです。そして、ユダヤ人は選んでなった訳ではないが、フリーメイソンには自分の意思でなったのだから、よりたちが悪いということで、ユダヤ人より先に捕らえられたそうです。
franc-massonier-011もうパリの何処の美術館も行きました、という方いかがですか?
庶民的な商店街の中にドデンと在ります。
Musée de la Franc-maçonnerie
16 rue Cadet 75009 Paris