3-B.パリのステンドグラス 4時間

世界に類を見ない見事なステンドグラスを持っているシテ島のスポットを見逃す手はありません。華奢でエレガント、パリ最古のステンドグラスのサント・シャペル。世界一の「薔薇窓」のノートルダム。そしてクリュニー美術館ではそのオリジナルを間近で見られるステンドグラスのコーナーにご案内いたします。

所要時間:4時間
料金:¥20,000+ご参加人数分の入場料
催行日:火曜休み
ご宿泊ホテルにお迎えにあがり、ご希望の時間からスタートいたします。
お客様の飲食代は料金に含まれません。

パリ市内、お客様の宿泊ホテルまでお迎えにあがりスタート。

ノートルダム大聖堂
その優美さで「白い貴婦人」とよばれ、世界遺産にも登録されたフランスゴシック建築の最高傑作。バラ窓といえばこのノートルダム大聖堂の代名詞とも言えるほど有名なステンドグラスです。
1210年作の正面(西)の窓が一番古く預言者達が描かれています。南窓にはキリストと天使、北窓には聖母子が描かれています。当時は単なる装飾ではなく、宗教感を信者達に伝えるための重要なアイテムでした。

サント・シャペル
一方「ゴシックの宝石」と称えられるサント・シャペルのステンドグラスは、王家や貴族だけが入ることを許されていた上階の礼拝堂にありパリ最古のステンドグラスです。
礼拝堂の周りを取り囲む15の大窓は、創世記からキリスト復活までを再現しています。ほとんどの壁がステンドグラスで覆われているのですが、その繊細さのためか圧迫感はなく身体ごと光に包まれる感覚はここだけの体験です。

クリュニー美術館
一角獣のタペストリーで有名なクリュニー美術館ですが、ノートルダム大聖堂、サント・シャペル、サン・ドニ聖堂、サン・ジェルマン・デ・プレ教会のステンドグラスの一部が保管され、間近で見ることができるステンドグラスの部屋があります。
普段は高い位置にあって詳しく見ることができませんが、ここでは12世紀から13世紀、ステンドグラスの最盛期といわれる時代のオリジナルを間近で鑑賞することができます。800年の時を経てなお鮮やかな輝きを確認できます。

ホテルまでの帰り道や次のポイントへの移動方法などを相談して、地下鉄の入口までお連れしてご案内終了です。
サント・シャペルで不定期に催されるコンサートもお薦めです。ご希望があればチケットご用意いたします。