8-C ジャン・コクトーとレオナール・フジタ

コクトーの文章にフジタが挿絵を描いた「海龍」「四十雀」といった挿絵本も残されている、エコール・ド・パリの代表的作家であるこの二人。
ともに晩年はパリ郊外の小さな村で過ごしています。両方とも少し交通が不便なので専用車を用意し、1日で回れるようにアレンジしました。
それぞれの美学をもっとも端的に表現する最後の住みかを訪れて、その暮らしをのぞいてみませんか?

所要時間:6時間
料金:780€(参加人数にかかわらず1組6名様までの料金です)
催行日:土・日

冬場長期にわたって休館する場合がございますので、お問い合わせください。
シーズンによっては水・木・金も催行できる場合がございますので、お問い合わせください。
ご宿泊ホテルにお迎えにあがり、ご希望の時間からスタートいたします。
お客様の飲食代は料金に含まれません。

09:30   宿泊ホテルにお出迎え

10:30   ヴィリエ・ル・バークル Villiers-Le-Bâcle 到着

フジタの家メゾン・アトリエ・フジタ
1960年から81歳で亡くなるまで、その後君代夫人が一人で21年間住んだ家。
家中藤田自身が自分好みで改造した家。ドアはスペイン旅行中に見つけた物とか、自作のコート架けとか、藤田のこだわりが見られる。アトリエは当時のまま保存されている。
ルノワールの家の庭の石やユトリロの遺品のパステルなども興味深い。


11:00   ヴィリエ・ル・バークル出発

12:00   ミイ・ラ・フォレ Milly-La-Foret 到着


Chapelle_Saint_Blaiseサン・ブレーズ・デ・サンプル礼拝堂(Chapelle Saint Blaise des Simples)
コクトーが埋葬されている教会であり、内部の壁画も彼の作品

ランチ 地元民に人気の気さくなレストランで昼食

SONY DSCジャン・コクトー美術館
1947年から1963年亡くなるまで住んだ家。
ルイ13世スタイルのファッサードは歴史的建造物に指定されている。
アンディー・ウォーホール、モディリアーニ、ピカソ、ブッフェなどが描いたコクトーの肖像画など500点近くの興味深い作品が展示されている


14:30   ミイ・ラ・フォレ出発

15:30   パリ市内お好きな場所へ帰着
コクトーだけ、フジタだけのアレンジも承ります。