1-C ギマールとアール・ヌーボー建築

アール・ヌーボー建築の代表であるヴィクトール・ギマールの建築群と、「悪趣味」という批判もあるけれど忘れてはいけないジュール・ラヴィロット、アール・デコの名手ロベール・マレ=ステヴァンの建築をめぐるプランです。
ギマールの代表作カステル・ベランジェをはじめ、そこかしこに当時のまま残っているアール・ヌーボー建築は、イメージの中のパリの街並みそのものではないでしょうか?
ラヴィロットの代表作ラップ通りとラップ広場の集合住宅のあるパリ7区、そしてマレ=ステヴァンとギマール作品が集中している16区を徒歩で見て廻ります。

所要時間:3時間
料金:120€(参加人数にかかわらず1組様の料金です)
催行日:毎日
ご宿泊ホテルにお迎えにあがり、ご希望の時間からスタートいたします。
お客様の飲食代は料金に含まれません。